ササゲに関する記事

新サービス「SASAGE.AI」は アパレルEC運営者にとっての救世主となるのか

 オンラインで買い物することが当たり前になった現在、EC(Eコマース)が登場した90年代後半と比較すると、消費者が求めるものは大きく変化した。多くの企業がECに参入し競争が激化する中、サービスの充実とともにECの欠点を補う細やかなフォローができているかが、売り上げを伸ばす鍵になっている。 アパレルECを運営するにあたり、欠かすことができないのが「ささげ業務」である。ささげとは、「撮影(さつえい)」「採寸(さいすん)」「原稿作成(げんこうさくせい)」の頭文字をとったもの。 現状のささげの現場では、カメラマンが一点一点商品を撮影し、運営スタッフがメジャーで採寸を行い、ライターが商品を見ながら原稿を執筆するというのが一般的な流れだ。加えて着用カットを撮影する場合は、モデルの手配からスタジオの確保も必要になる。  これらの商品写真・原稿・採寸データが、消費者の購買動向に大きな影響を与える重要な要素であることは明白だが、掲載点数が増えれば増えるほど膨大な時間とコストがかかり運営側の負担が増えることになる。いかにクオリティを保ちながら効率化していくかが、多くの担当者の長年の課題になっていた。 こうした状況の中で注目されているのが、株式会社メイキップが2018年12月にローンチした「SASAGE.AI(ササゲAI)」だ。人工知能(AI)を活用し、ささげ業務を効率化するサービスで、撮影された商品画像をクラウドにアップすることで、①モデル着用画像、②洋服各部位の寸法、③商品概要の作成の自動化が可能となるという。

ササゲ