リーバイスに関する記事

Levi's(リーバイス)501などのサイズ表,サイズ表記を徹底解剖!着こなしコーデも紹介します

デニムと言ったらLevi's(リーバイス) といった印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。特にバックスタイルが唯一無二のLevi's(リーバイス)。デニムは、そのシルエットが命。せっかくなら自分にぴったりの一本に巡り会いたいものですよね。そこで、今回はLevi's(リーバイス)のデニムのサイズ感についてお伝えしていきます。31インチ.28インチはセンチでいうと何センチ?人気の501,710.711,701などのウエストヌード寸をサイズ表記から解説します。サイズ表の見方がわからない方や、自分に合うサイズがわからない方はぜひこちらを参考にして自分だけの一本をぜひ見つけてくださいね。

ボトムス

LEVI'S(リーバイス)501シリーズと着こなしコーデを徹底調査。

長年世界中の人に愛されている、LEVI'S(リーバイス)501を大特集しました!LEVI'S(リーバイス)501は様々なシリーズがありますが、その中でもおすすめシリーズとコーデを紹介します!LEVI'S(リーバイス)501のスキニーやアメリカ製の501、501xxや501CTなどの特徴や気になる疑問を解決!おすすめコーデも男女ともに参考になること間違いなしですLEVI'S(リーバイス)501が気になっていた方は是非チェックしてください!

コーデ

【リーバイス 511】levi's(リーバイス)の新定番!511™を徹底解剖しました!人気コーデやcommuter 511などの特徴などもご紹介します。

levi's(リーバイス)の新定番 511™を徹底的に調査しました。今っぽいスリムなスタイルがじわじわ人気になっているんです。スリムでキレイめなシルエットなので、大人っぽいコーディネートにもしっくりくるんです。人気のメンズ、レディースコーデをまとめました。また、commuter 511やskateboarding511™って普通のとはどう違うの?2000年代に入ってから誕生した511™。いつも501しか履かないという人にもみてほしい。最近の流行を取り入れているので、いつものデニムと取り替えるだけでスタイルよく、最近のトレンドっぽいコーディネートになりますよ!今回はその511™の魅力に迫りました!!

ボトムス

デニム好きが必ず手にとるLevi's (リーバイス)501の スキニーが販売されて早くも評判になってるとか⁈ 501スキニーをチェックしていきましょう

言わずと知れずLevi's(リーバイス)の501は、誰もが知ってるデニム、ジーンズと言えるのではないでしょうか?世界初のブルージーンズとして誕生した501ジーンズの伝統的なデニム本来のクラシックなディテールは残りつつ、今の気分に合った細身のスキニースタイル。「501のSKINNY」シルエットの美しさはもちろん、穿き心地にもこだわっているので日々の着こなしも楽しみになるようなジーンズ。そんなLevi's(リーバイス)501スキニーを徹底解剖していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

コーデ

Levi's(リーバイス)に大き目サイズはある?サイズ表は?

世界を代表するジーンズブランド、Levi's(リーバイス)。そんなLevi's(リーバイス)のサイズ展開が気になる!というそこのあなたのために、本記事ではLevi's(リーバイス)のサイズ表を徹底調査しました。大きめサイズの展開はあるの?サイズ選びのコツが知りたい!というあなたの気になる情報をお届け♪

コーデ

ダメージジーンズ コーデ特集!【メンズ、レディース】今の気分にぴったりくるダメージジーンズ のコーデはどんなの?

ダメージジーンズの魅力は、少しセクシーでジーンズのラフさが存分に反映されるところ。でも、どんな風にコーディーネートしたらいいか悩む方も。 そんな方にお手本のようにカッコよく来こなすメンズ、レディースのダメージジーンズコーデをご紹介します。

コーデ

501だけじゃない!LEVI'S(リーバイス)で作る2020春夏メンズコーデ12選!!

昔からの定番アメカジブランドであるLEVI'S(リーバイス)は、501を筆頭にジーンズが定番アイテムで、知名度が高いです。しかし、実はジーンズ以外のトップスも春夏に活躍するアイテムがたくさんあるのです。今回は、LEVI'S(リーバイス)スウェット、デニムジャケット、パーカーで作る2019年におすすめの春夏コーデをご紹介します!

コーデ

Reebok(リーボック)のPUNP FURY(ポンプフューリー)のウルトラニットやメンズ・レディースごとのサイズ感、コーデまで解説!

多くのモダンでハイテクノロジーなシューズを輩出してきたReebok(リーボック)。そんなReebok(リーボック)のPUNP FURY(ポンプフューリー)は、Reebok(リーボック)のシューズの中でも突出した人気を誇るアイテムです!そんなPUNP FURY(ポンプフューリー)のサイズ感やおススメのコーデについて調査しました!PUNP FURY(ポンプフューリー)のアッパー部分にウルトラニットが使われているバージョンやメンズのサイズ感についても解説します!さらには、PUNP FURY(ポンプフューリー)を用いたおすすめコーデもメンズ・レディースともにご紹介!人気カラーシトロンから、ネイビー、ホワイト、ブラック、レッドなどのPUNP FURY(ポンプフューリー)を用いたコーデも必見です!

サイズ感

(メンズ/レディース)リーバイスのTシャツコーデまとめ

夏に大活躍のTシャツ。今注目しているのはワンポイントがおしゃれに決まる、ロゴTシャツ。今回はなんと、デニム&ジーンズが人気のlevi's(リーバイス)のTシャツをご紹介。メンズ&レディースの人気Tシャツのスヌーピーからコーデまで、徹底解剖♪

コーデ

リーバイスをかっこよく着こなしたい!いまさら聞けないデニム501って?ブランドの魅力徹底解剖!

サンフランシスコ発のアメリカを代表するジーンズブランド、リーバイス!赤字に白いロゴがかっこいい、ジーンズや洋服のほかにも雑貨も数多く展開する、世界にファンの多い老舗メーカーです。今回はそんなリーバイスの魅力やコーデ術を大特集!

ボトムス

デニムの定番Levi’s(リーバイス)をサイズ展開と共に紹介します!

Levi’s(リーバイス)の起源は、1850年代にさかのぼる。1853年にリーバイスの生みの親、リーバイ・ストラウス(Levi Strauss)が自身の名を冠した会社「リーバイ・ストラウス」社をサンフランシスコに設立。当初、雑貨店を経営、彼はモノ売りでその一つとして他人が作った衣服を販売していた。彼はその後、20年間で事業を拡大し、生地、衣料、靴などを扱う、今で言う商社のような事業へと発展させた。

ボトムス