パタゴニア(Patagonia)ナノパフのサイズ感とは?ベスト・フーディ・プルオーバーの違いも解説

アメリカ発祥のアウトドアウェアブランドとして有名なパタゴニア(Patagonia)。日本ではアウトドアシーンだけでなく、街中でもよく見かけ、タウンユースブランドとしてもすっかりと定着しています!今回は、そんなパタゴニア(Patagonia)の中から、「ナノパフ」をクローズアップ!サイズを徹底的に解説し、さらに人気コーデもご紹介いたします!ベスト・フーディ・プルオーバーの違いもわかりますよ!

パタゴニア(Patagonia)ナノパフとは

パタゴニア(Patagonia)とは、アメリカ発祥の「アウトドアブランド」です。

他のアウトドアブランドとは大きく違う点があり、テントやライトなどのアウトドア用品を作らずに、アウトドアウェアのみを展開しいてるのが特徴。

ウェアのみというとお手軽な感じがするかもしれませんが、その品質は紛れもなく本格仕様です。山などの本気のアウトドアシーンにも対応できるようなウェアもあり、また街中で使えるお洒落なデザイン性のものまで幅広く展開しています。

創業者であるイヴォン・シュイナード氏は、仕事そっちのけでロッククライミングに興じて「生粋のアウトドアマニア」であり、その時の経験を踏まえた商品を作って成功しました。

そんなパタゴニア(Patagonia)のルーツはしっかりと現代でも生きています!

今回はそんなパタゴニア(Patagonia)の数ある製品の中から、「ナノパフ」をクローズアップいたします!

ナノパフはポリエステルの生地にキルティングが施されたアウターのことで、一見するとダウンジャケットのように見えますが、ポリエステルを詰めたキルティングジャケットです。

ダウンとの大きな違いは、まず「軽量であること」と「ボリュームが少ないスッキリとしたデザイン」の2点が挙げられます。

タウンユースでは常に使い勝手が良く、アウターとしてはもちろんですが、カーディガンやパーカーのようにアウターとインナーの間に挟む中間着としても使いやすいのが特徴。

形状も数種類あり、通常の「ジャケット」、フードの付いた「フーディ」、ハーフジップで上から被って着用する「プルオーバー」、そして袖のない「ベスト」などがあります。

今回はそんなパタゴニア(Patagonia)ナノパフのサイズ感や人気コーデなど、その魅力を徹底解剖いたします!

パタゴニア(Patagonia)のサイズ感とは?サイズ詳細をもとに選び方を解説

まずは、パタゴニア(Patagonia)の公式サイトで公開しているサイズ表をご覧下さい。

メンズ

メンズ XS S M L XL XXL
胸囲 86-89 91-97 99-104 107-112 114-119 122-127
首回り 36-37 38-39 39-41 42-43 43-44 44-46
裄丈 81 84 86 89 91 94
ウエスト 71 74-76 79-84 86-91 97 102-107

レディース

レディース XS S M L XL
サイズ 0-1 4-6 8-10 12-14 16
胸囲 81-84 86-89 91-94 98-102 107
ウエスト 61-64 66-69 71-74 77-81 86

上記がパタゴニア(Patagonia)のサイズ表。

注意が必要なのはこれらはUS表記あるという点で、日本の規格よりも大きめの作りといなっています。

普段がMサイズならパタゴニア(Patagonia)ではS、LサイズならMといった具合に普段よりもワンサイズダウンで購入することをおすすめです。

パタゴニア(Patagonia)ナノパフの場合は、製品の性質上、体にフィットするようになっています。そのため、やや細身と言えるでしょう。

もしもゆったりとしたサイズ感で着たいのなら、普段通りのサイズで購入してみるのもありです!

パタゴニア(Patagonia)ナノパフ&ダウンジャケットのメンズ人気コーデ

続いては、パタゴニア(Patagonia)ナノパフを利用した人気コーデのご紹介です。ナノパフを実際に使っているか、ナノパフでも代用できるようなダウンジャケットコーデを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

ナノパフ×ブーツ

https://wear.jp/sinchankudo/8682363/

まずは、オーソドックスなアウトドアテイストのコーデから!オレンジ系のバイカラーという存在感抜群のパタゴニア(Patagonia)ナノパフを利用しています。パンツも撥水性のありそうなポリエステル地で、ちょっとしたトレッキング程度なら対応できそうです。そんなコーデに、あえてアメカジテイストのブーツを合わせているのがポイント!これにより、タウンユースでも馴染みやすくなっています。

ナノパフ×フリース

https://wear.jp/mrxgriffon/8630466/

こちらもかなり主張の強いオレンジのナノパフのベストタイプをチョイス。インナーに着ているのはフリースのようですね。ベストは気温が低くなると使いにくくなり、意外と利用シーンが短いものですが、しっかり厚手のフリースと合わせれば冬でも使えますよ!それ以外はシンプルにジーンズやスニーカーと合わせて、タウン・デイリーに馴染むように調整しましょう。

ナノパフ×オールブラック

https://wear.jp/asayakimijima/11848875/

アウトドア色の強いパタゴニア(Patagonia)のダウンとは思えないほどスタイリッシュなタウンコーデとなっています。ナノパフでも応用できるでしょう!オールブラックで統一して、よくみるとショートパンツ×レギンスの攻めた組み合わせをしています!ここまで行くのはやや上級者ですが、ネックウォーマーの合わせ方など、真似できるポイントはたくさんありますね!

ナノパフ×黒パン

https://wear.jp/super87810/14173601/

こちらもオールブラックコーデですが、グッとシンプルな仕上がりに!細めのダウンをチョイスしているようですが、ナノパフでも応用できるでしょう!黒のチノパンでややテイパード気味のラインが特徴、足首周りがスッキリとするので写真のようなスポーツ系のスニーカーとも相性が良くなりますね!ストールの巻き方もとてもお洒落です。

ナノパフ×コート

https://wear.jp/kabu0806/13906211/

こちらもかなり個性が強い攻めのコーデです!注目ポイントは大きめのコートの下にダウンを仕込む、いわゆるインナーダウンを利用しているところです!こちらもベーシックな薄めのダウンをチョイスしているようですが、ナノパフでも良さそうですね。閉めるのではなくあえてチラッと見せるという着こなし方もこだわりを感じます。インナーと靴下の色を合わせていたりと、細かな点も計算して居るようです!

パタゴニア(Patagonia)ナノパフ&ダウンジャケットのレディース人気コーデ

続いては、レディースの人気コーデです!

ナノパフ×ロングスカート

https://wear.jp/samysamy/8553393/

細身のダウンとロングスカートを合わせたシンプルコーデ。ナノパフもこれに負けず劣らずボリュームが薄いので代替できそうです!通常のダウンではダボっとしたシルエットになり、野暮ったく見えてしましそうですが、ボリュームの無いダウンならこのようにスッキリと着こなせます。色味もブルー系で統一してシックな雰囲気に!

ナノパフ×パーカ

https://wear.jp/naoyuta703/3067382/

フーディ×フーディと、珍しい組み合わせですが意外と自然に仕上がっているのがポイント!ナノパフに代用すれば、さらにスッキリとしたフォルムとなるでしょう!ダウンとグレーパーカーというかなりカジュアルで定番な組み合わせですが、ブラックのスカートとタイツ、渋めカラーのブーツで引き締めています。

ナノパフ×チェックシャツ

https://wear.jp/asayu/6084359/

ダウンジャケット×チェックシャツという定番中の定番で、さらにジーンズにスニーカーという気構えのないシンプルな仕上がり!ちょっとそこのスーパーまで、図書館まで、といいたデイリーユースにも使いやすそうです。こういった組み合わせなのに野暮ったさがないのは、やはりスキニーによってスタイリッシュ感をプラスしているからでしょう。脚長効果があるタックインも一役買っています!

ナノパフ×デニムスカート

https://wear.jp/megcoke/6101775/

デニムスカートというカジュアルなボトムスとダウンを合わせていますが、かなり大人っぽい雰囲気です。黒のアダルトな印象のカットソーとブーツといったアイテムがその秘密でしょう。気構えのないリラックスしたコーデではありますが、ラフさや野暮ったさとは無縁なのがポイントですね!タイツもブラックなので、より大人っぽさがプラスされています。

ナノパフ×カーゴパンツ

https://wear.jp/yuki1986104/3599633/

こちらは、かなりメンズライクなコーデとなっています。ダウンにデニムシャツ、さらにミリタリーテイストがかなり強めなカーゴパンツという個性的なアイテムをチョイス!ブーツも無骨な感じがするものを合わせています。好みが別れるかもしれませんが、しっかりとサイズ感を計算したコーデであることは間違いありません。

Patagonia(パタゴニア)名のパフとマイクロパフの違いとは?

【ナノパフとマイクロパフの違い】

前述したとおりナノパフとは一見ダウン生地に見えますがダウン生地よりも軽いポリエステルを使用したキルティングのジャケット。山登りなどするときにインナーなどに着てもよし。通常のストリートコーデに使用してもよし!な便利アイテムなんです。そんなナノパフよりもレベルがアップしたジャケットがマイクロパフ。機能性はナノパフが持つものをベースになんといっても軽いのです!

ナノパフも基本的には薄くて軽くて丈夫、なのですがマイクロパフはさらに上を行く軽さが特徴。山登りをする方にとって100gも違いはかなり大きなものとなります。機能がアップしただけあってお値段もやはり上がってしまいますが、この軽さに加えて保温性、防水性に優れているというから驚きです。

ナノパフ⇒ストリートコーデにおススメ。暖かく軽いので動きやすさ◎

マイクロパフ⇒山登りやキャンプなどのアクティビティーにおススメ。折りたたんで収納可能なのでもしもの時の為にカバンに忍ばせておくといいかも。

どちらもそれぞれいい特徴があるので、使用するシーンによって使い分けるのがいいかもしれませんね。