パタゴニア(Patagonia) フーディニのサイズ選びを徹底指南!人気コーデもご紹介!

アメリカ発祥のアウトドアウェアブランドとして有名なパタゴニア(Patagonia)。日本ではアウトドアシーンだけでなく、街中でもよく見かけ、タウンユースブランドとしてもすっかりと定着しています!今回は、そんなパタゴニア(Patagonia)の中から、ライトジャケットである「フーディニ」をクローズアップ!サイズを徹底的に解説し、さらに人気コーデもご紹介いたします!

パタゴニア(Patagonia)とは

パタゴニア(Patagonia)とは、アメリカ発祥の「アウトドアブランド」です。

様々な種類のメーカーがあるアウトド系の中でも、パタゴニア(Patagonia)独自の特徴は、テントやライトなどのアウトドア用具を扱わず「ウェアのみを展開」しているという点です。

そのためか、パタゴニア(Patagonia)は本格的なアウトドアブランドでありながら、ファッションアイテムとしての地位も築いていて、今やタウンユースとしても定番化しているのです!

そんなパタゴニア(Patagonia)ですが、実は初めからウェアを展開していたわけではありません。

パタゴニア(Patagonia)の創業者である「イヴォン・シュイナード氏」は、ロッククライミングを趣味としていたのですが、そののめり込みっぷりは凄まじく、仕事もせずにクライミングしていたほどでした。

そんな中、節約のため「ピトン」というクライミング用の釘を自分で作って開発し、販売するようになったのがパタゴニア(Patagonia)の始まりとされているのです。

その商売は成功を収め、今度はクライマー向けの衣料品を売り出そうと考え、アパレル産業に参入していったのです。

そして、当時はまだ珍しかった「ポリエステル製」の衣類にいち早く目をつけたということでも有名です。

今でこそ当然のように衣類に使用されているポリエステルですが、当時としては革新的でその扱いやすさと機能性を生かしたウェアは瞬く間にブームとなったのです!

そして、現代のようなアウトドアウェア専門のブランドが形成されていきました。

今回はそんなパタゴニア(Patagonia)の「フーディニ」をクローズアップ!

フードがついたナイロンジャケットで、シンプルなデザインでり軽量かつ機能性抜群なライトアウターです。本格的なアウトドアにも対応しています。

さらに、カラーや柄のバリエーションが豊富で、おしゃれ着としても使いやすいのが大きな特徴。

以降でフーディニのサイズ感やおすすめコーデをご紹介していきます!

パタゴニア(Patagonia)のフーディニサイズ感とは?サイズ詳細と選び方を解説

まずは、パタゴニア(Patagonia)の公式サイトで公開しているサイズ表をご覧下さい。

メンズ

メンズXSSMLXLXXL
胸囲86-8991-9799-104107-112114-119122-127
首回り36-3738-3939-4142-4343-4444-46
裄丈818486899194
ウエスト7174-7679-8486-9197102-107

レディース

レディースXSSMLXL
サイズ0-14-68-1012-1416
胸囲81-8486-8991-9498-102107
ウエスト61-6466-6971-7477-8186

パタゴニア(Patagonia)はアメリカブランドであるため、基本的には大きめのサイズ展開となっています。

そのため、ワンサイズ下での購入をお勧めします。

しかし、ご注意いただきたいのは、商品名に「AF」と書いてあるものです。これはアジアンフィットの略称でやや小さめな仕様となっています。

AFと書いてあるものは、日本の規格で考えた方が良いでしょう。

パタゴニア(Patagonia)フーディニのレディース人気コーデ

続いては、パタゴニア(Patagonia)フーディニを利用した人気コーデをご紹介。まずは、レディースからです。

パタゴニアフーディニ×ボーダーT

https://wear.jp/crouka/13532451/

明るく目の覚めるようなレッドのパタゴニア(Patagonia)フーディニをチョイスしたコーデ。全体的にシンプルで、非常にリラックスした雰囲気です。ちょっとそこのスーパーまで、図書館まで、といったデイリーユースとしても使えるコーデと言えるでしょう。同系統のボーダーをチラリと見せてカジュアルさと軽さを出しているのがポイント。パンツもニット帽も明るめのグレーとベージュなので、落ち着きと爽やかさを併せ持った雰囲気となっています。

パタゴニアフーディニ×ワイドパンツ

https://wear.jp/kadota/14392574/

蛍光グリーンのパタゴニア(Patagonia)フーディニは、普通のアウターなら変わり種のカラーですが、マウンテンパーカーとしては定番カラーです。アウトドアテイストの強いタイプではありますが、それをあえて綺麗めな白パンと合わせています。本来ならミスマッチになりそうですが、ワイドタイプのパンツであるためカジュアルな雰囲気がプラスされ存在感ある個性派コーデに仕上げているのがポイント!

パタゴニアフーディニ×腰巻

https://wear.jp/20000314/10740673/

基本的には春や秋に活躍するパタゴニア(Patagonia)フーディニですが、それを夏場でも使えるコーデに仕上げているのがユニークな発想です。見ての通り、Tシャツコーデにパタゴニア(Patagonia)フーディニを腰巻しています。明るめカラーのパタゴニア(Patagonia)フーディニはこのような使い方もできるのですね!気温が不安定な時期でも、変化に合わせて腰に巻いたりそのまま羽織ったりを使い分けられそうです。

パタゴニアフーディニ×ジーンズ

https://wear.jp/sandy0105/11956404/

シンプルなコーデで、パタゴニア(Patagonia)フーディニとブルージーンズを合わせています。定番であるがゆえに野暮ったくなってしまいやすい合わせですが、ちょっとした工夫でお洒落に仕上げているのがポイント!やや短めの丈で靴下をチラ見せ、シューズも柄の入ったスリッポンと小技を聞かせていますね!ジェットキャップを合わせることで、メンズライクなストリートスタイルに仕上がっているため、野暮ったい印象にはなりません。

パタゴニア(Patagonia)フーディニのメンズ人気コーデ

続いてはパタゴニア(Patagonia)フーディニのメンズ人気コーデのご紹介です!

パタゴニアフーディニ×ワイドパンツ

https://wear.jp/09020705/14268499/

明るめカラーのパタゴニア(Patagonia)フーディニはアウトドアのテイストが強いものですが、それをあえてタウンユース仕様のタウンユース仕様の個性派コーデに仕上がっています。アウターは黒でも良さそうですが、明るめカラーだと独自の存在感が演出できるようです!やや短めの丈のパンツで靴下をチラ見せすることで、差し色をアクセントにするなど、細部まで計算された抜かりのないコーデと言えるでしょう!

パタゴニアフーディニ×ハーフパンツ

https://wear.jp/28starship/14916886/

ランニングやワークアウトなど、パタゴニア(Patagonia)フーディニはスポーツシーンなどにも使いやすいのが特徴。そんな中でもそれなりにお洒落を楽しみたい方におすすめなコーデです!ハーフパンツとパタゴニア(Patagonia)フーディニを組み合わせているのですが、インナーやシューズまで含めてモノトーンで統一しているのがポイント。スタイリッシュでクールな印象に仕上がります!

パタゴニアフーディニ×黒スキニー

https://wear.jp/19880804/11065330/

釣り竿をを持っていますが、釣り仕様とは思えないほど気構えのないシンプルコーデに仕上がっています。タウンユースとしても何の問題もなく馴染んでくれるでしょう。やや暗めのグリーンはミリタリーテイストが強まるので、ブラック系のアイテムとの相性が抜群です。黒スキニーと合わせることでスッキリとした印象に!

パタゴニアフーディニ×スウェット

https://wear.jp/kenpon1207/11214336/

黒のパタゴニア(Patagonia)フーディニと、グレーのスウェットパンツを合わせたコーデです。一歩間違うと野暮ったい手抜きコーデとなってしまいそうですが、その辺りを小物でカバーしているのがポイント!BBキャップやサングラスなどのアイテムを合わせることでストリート風な仕上がりに、ラフさもクールな印象になりますね!シューズも柄物を取り入れることで手抜き感を払拭しています。

パタゴニアフーディニ×カーゴパンツ

https://wear.jp/oy65/13989182/

ブラックの定番カラーのパタゴニア(Patagonia)フーディニを利用し、シンプルながらも小技を効かせた上級者コーデに仕上げています!カーゴパンツとの相性の良さは言うまでもありませんが、ロールアップして靴下をチラ見せ、アクセントが効いています。上だけホックでとめることでインナーのカラーもしっかりと主張させるというテクニックで、明るさを出している点にも注目!