GAP(ギャップ)コートのサイズ感を徹底調査。レディース&メンズコートが超優秀!キッズもそろうマルチなブランドGAP(ギャップ)に迫る!おしゃれアイテムのサイズ感やコーデもご紹介♪

ベイビー、キッズ、レディース、メンズすべてがそろう超使えるファッションブランドといえばGAP(ギャップ)。日本に上陸した当初からアメリカのおしゃれカジュアルブランドとして大人気に。あちこちでGAP(ギャップ)のパーカーをきる人たちが見られる時期もありました。GAP(ギャップ)ではトップスやボトムス、ワンピースやスカート派もちろんのこと、コートやジャケットなどのアウター類も多くそろえるマルチなファッションブランドなんです。今回はそんなおしゃれブランドのGAP(ギャップ)について調査!秋冬に欠かせないコートを中心に調べていきたいと思います。おしゃれアイテムのサイズ感や、まねしたくなるオシャレコーデもご紹介しちゃいます!

アメリカ発信のカジュアルファッションブランドGAP(ギャップ)の人気の秘密を深掘り!

【GAP(ギャップ)とは?】

https://www.bloomberg.com/opinion/articles/2018-01-04/what-gap-j-crew-can-learn-from-the-grocery-aisle

GAP(ギャップ)とは言わずと知れたカジュアルファッションブランド。アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を構え、レディース、メンズ、キッズ、ベイビーまでをトータルにそろえる日本でも人気のカジュアルブランド。日本、カナダ、ヨーロッパに支社を持ち、親会社であるギャップ株式会社はオールドネイビーやバナナリパブリックなどの人気ファッションブランドも傘下。

GAP(ギャップ)の始まりは1969年。東欧から移民したユダヤ系アメリカ人のドナルド・フィッシャーとドリス・フィッシャー夫婦によって創業されたGAP(ギャップ)。というのも当時彼らが求め、探していたジーンズを見つけ出すことができず、それなら自分たちでお店を始めよう、と。オープン後はヒッピーブームも後押しして、ティーン世代をターゲットとした洋服を展開。それが大当たりし大成功をおさめます。1990年までは、リーバイストラウスのジーンズを店舗で販売していましたが、それ以降は自社ブランドのみの販売を行っています。

GAP(ギャップ)のコンセプトは、"クリーン、オールアメリカン、シンプル、グッドデザイン"で基本的にはトレンドに左右されないベーシックなおしゃれデザインにあります。しかし時代の流れや季節によりトレンドも取り入れつつデザイン性の高いものの開発を行っています。

https://www.elmundo.es/economia/2017/03/19/58ca89eee5fdea012e8b469f.html

GAP(ギャップ)では、日本の超有名企業、ユニクロやGU、スペインの大人気ブランドZARA(ザラ)が採用するSPAという、商品の企画、製造、販売までを自分たちの会社で行うという画期的なシステムをいち早く採用した、いわばSPAのパイオニア企業なのです。GAP(ギャップ)が1980年代後半に自社の製造システムを説明するために使用した"スペシャリティー(S)・ストア・リテーラー・オブ・プライベート(P)・レーベル・アパレル(A)”の頭文字SPAをとってつくられた言葉。この生産システムは日本のアパレル業界に大きな影響を及ぼしたとされ、日本では90年代にオゾックを発売したワールド、コムサデモードを中心に展開するファイブフォックスなどが先頭に立ちスタートしました。このSPA型の手法を取り入れた企業は順調に企業成績を伸ばし、SPAはさらに注目されるようになりました。いまやアパレルブランドの生き残り競争で、SPAを採用していないところは生き残れないといわれるほどです。

【GAP(ギャップ)の業績悪化】

アパレル企業の大手として一時代を築いた、GAP(ギャップ)ですが、近年、ZARAやH&Mといったさまざまなプチプラファストファッションブランドの参入の影響もあり苦しい状況を迎えているのも事実です。2017年、GAP(ギャップ)は今後3年間の傘下のGAP(ギャップ)とバナナリパブリックの約200店舗を閉鎖すると発表。一方傘下のオールドネイビー、スポーツウェアーのアスリータについては同期間に270店舗を開くとの発表を行いました。(2017年1月までに日本のオールドネイビーは撤退しています。)カジュアル衣料が主力のGAP(ギャップ)やバナナリパブリックは苦戦が続き、ファストファッションと呼ばれるファッション性が高いブランドが増える中、ベーシックウェアーが多いGAP(ギャップ)ではほかのブランドに顧客が流失してしまっている状況は否定できそうにありません。さらにユニクロやGUなどのプチプラブランドと比べ価格も高いことから業績が悪化しているといわれています。

日本初のブランドも増えている中GAP(ギャップ)も何か打開策が必要そうですね。

ギャップの使えるおしゃれコートのご紹介♪気になるサイズも調査!

【レディース ユーティリティパーカー】

https://www.gap.co.jp/browse/product.do?cid=1119634&pcid=5736&vid=1&pid=473496006

伸縮性のいい滑らかな着心地のいいコート。袖の薄手のリサイクルポリフィルが暖かさと着心地をアップ♪袖口にはスナップボタン付き。フードがついていて首周りには調整可能なバンジードローストリング付き。フロントはオールジップ。切込みの入ったフィッシュテール編みの裾にドローコード付き。ロング丈のカーキーコートはストレートデザインできれいなシルエットを見せてくれるうれしい一着。シンプルなデザインなので、アイテムを選ばずコーデができるので一枚持っているととっても便利!サイズはXXS~Lサイズまでの5サイズ展開。アメリカンサイズなので、通常の日本サイズよりは大き目の造りになっていますのでご注意を。普段Sサイズを選んでいてもそのままSサイズを選ばないよう注意が必要です!GAP(ギャップ)独自のサイズ寸法があります。そちらのサイズ表を目安に自分のサイズを導き出すことができるという便利なサイズ表なのでぜひ参考にしてみてください!以下GAP(ギャップ)レディースのヌード寸です。あくまでも目安のサイズなので、参考程度に見てみてくださいね。

GAP ウィメンズ ヌード寸 XXS XS S
ウェスト 63 66 71
ヒップ 87 90.5 95.5
バスト 79.5 83 88
GAP ウィメンズ ヌード寸 M L
ウェスト 76 83.5
ヒップ 100 108
バスト 93 100

GAP(ギャップ)のおしゃれコートを使ったおしゃれコーデ♪~レディース編~

【GAP(ギャップ)】黒 ボア風コート×黒スキニーパンツコーデ

https://wear.jp/yfa09722/11548611/

ボア風のあったかコートは冬に大活躍間違いなしの一着!ボトムスもアウターと同色の黒をチョイス♪インナーは白のニットを合わせてモノトーンコーデに!足元はシューズで合わせていますが、ブーツを合わせてもかわいくきこなせちゃいますよ。

GAP(ギャップ)のおしゃれコートを使ったおしゃれコーデ♪~メンズ編~

【GAP(ギャップ)】ベージュコート×デニムパンツコーデ

https://wear.jp/akira0328/13882531/

シンプルなベージュのコートに合わせるのはデニムパンツ!オフィスカジュアルにもデイリーユーズにも使えるベージュコートはマストバイアイテム!あしもとはスニーカーで合わせてもおしゃれカジュアルコーデに。デニムの裾をロールアップしても◎

GAP(ギャップ)のおしゃれコートを使ったおしゃれコーデ♪~キッズ編~

【GAP(ギャップ)】グレーロングダッフルコート×柄ニットセーターコーデ

https://wear.jp/ugn59042/13910965/

身体全体を包んでくれる大き目のダッフルコートは寒い冬に大活躍!インナーにはブラウンの柄セーターを合わせて足元も同系色のシューズをチョイス♪ポイントはボア風の帽子。頭まですっぽり覆ったかわいいコーデはおすすめです!