かっこよすぎる!日本が誇る高級シューズブランドSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のシューズを大調査!気になるサイズやサイズ感はどんな感じ?サイズ調整はできるの?他社ブランドとの比較も実行。

日本を代表するシューズブランドREGAL(リーガル)とに大巨頭と呼ばれる日本のシューズーメーカーといえば、"SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)"。妥協を許さない職人が作り出すシューズは洗練された美しい履き心地を実現。表面に細かいエンボス加工を施した皮のせいほう"SCOTCH GRAIN LEATHER"(スコッチグレインレザー)にちなんで名づけられたブランド名は川へのこだわりが感じられます。日本のヒロカワ製靴が1978年にオリジナルブランドとしてリリース。その抜群の履き心地とコストパフォーマンスの高さで一躍メンズシューズ界で話題のブランドへ。東京の墨田区にある工場で職人たちによる生産がおこなわれており、私たち日本人の足によりフィットするように毎日切磋琢磨しながらつくられているメードインジャパン製品です。23.5cmという小さなサイズから取り扱いがある商品も多く、小さいものから大きなものまで幅広く揃うのも魅力の一つ!そんな素敵なシューズのサイズやサイズ感を調査しました。店頭でサイズ調整はしてくれるのか?などなどほかのブランドとの比較もしてみたいと思います!

東京都、墨田区の向上で職人の手によって生み出されるシューズ"SCOTCH GRAIN"(スコッチグレイン)の大調査!特徴や人気の秘密に迫ります!

【SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)の人気の秘密】

http://www.scotchgrain.co.jp/classic/

SCOTH GRAIN(スコッチグレイン)とは、ヒロカワ製靴が展開する日本のシューズブランド。1964年にヒロカワ悟朗氏によって東京都の台東区にて創業。1978年にはスコッチグレインを自社のオリジナルブランドとしてスタートさせました。ブランド名のSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)とは、初めて聞いた人は、あれ?ウィスキーの名前?などと勘違いする人もいますが、実はこれ、"SCOTCH GRAIN LEATHER"(スコッチグレインレザー)と呼ばれる革の加工方法の一つなのです。革の表面に細かい粒状のエンボス加工が施す製法で、スコットランドでたまたま麦(GRAIN)の模様が革についたことが始まりとされています。そんな革の加工方法をブランド名に掲げるSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)はレザーの素材はもちろんのこと、妥協のないシューズづくりを職人たちが丁寧に行っているのが特徴です。THE メイドインジャパンのシューズメーカーなのです!

【他社とは違うサイズ展開】

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のもう一つの特徴としてその豊富なサイズ展開にあります。足のサイズは23,5cm~27cm。0.5cm刻みで選ぶことができるので全部で8種類。ここまで入ってみれば普通かもしれませんがすごいのはここから。なんとSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)ではウィズと呼ばれる足の足囲も選択可能。ということは計32通りのサイズ展開があるのです。(サイズが選べないものもあります。)足囲が欧米諸国の人たちと比べると大きいといわれている日本人に合った靴選びを心がけているんですね。さすがメイドインジャパン! 基本的に日本のシューズのウィズの大きさはEE(2E)が多いです。ちなみにEの数が多ければ多いほどウィズのサイズが大きいということになります。普段あまり気にしないウィズですがこれからシューズを選ぶ際はぜひ気を付けてみてみてください!

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)の譲れない3つのこだわり!

http://www.scotchgrain.co.jp/classic/

【1,素材】

これは絶対譲れません。社長自ら買い付ける極上の革を世界一のタンナーと会い自ら交渉し買い付け。革だけでなく縫い糸に至るまでを世界中から素晴らしい品質のものを買い付けています。主にドイツイタリア、フランス、イギリスの革を使用。もちろん国産の姫路や栃木などの革も使用しています。

http://www.scotchgrain.co.jp/attraction/index.html

【2,木型】

スコッチグレインで使用される木型は、職人たちの経験をもとに、コンマ一ミリ単位から調整できるものを使用しています。優れた木型からしか生み出すことができない素晴らしい履き心地を実現!たとえヨーロッパの素晴らしい素材を使ったとしても私たち日本人の足に合わなければ意味がない!まず第一は私たちの足を考えることという信念をもって靴づくりを行っています。

http://www.scotchgrain.co.jp/classic/

【3,製法】

創業当初からこだわりを持って続けているのが、"グッドイヤーウェルテッド"と呼ばれる靴づくりの製法。"甲革"と呼ばれる靴の上部と縫い代の役目をする"ウェルト"、足裏が接する"中底"の3パーツを一本の糸で救い縫いするという製法です。この製法で造られた靴は、靴底の張替えが可能で、お気に入りの靴を修理しながら長期にわたり履き続けることができるのです!

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のこだわりの革靴のサイズ感を調査!

【4010BL ワイズEEEE】

https://www.scotchgrain-shop.com/category-260/black/4010bl-4e.html

ストレートチップにメダリオンをあしらったデザインは、どしっとした重厚感と落ち着いた大人の男性の雰囲気。ウィズサイズは4Eと一番大きいサイズ。日本の靴の企画は男性が2Eのことが多く。こちらのシューズは足囲が大き目の方にお勧めです♪4Eという大きいサイズながら見た目はスリムに洗練されたデザイン。良質なヨーロッパ原皮を使用しイタリアにて鞣された革底です。底部分の3か所をゴム打ちし、滑りにくい安定感のあるインソールに。

4010BL        
EEEE 23.5 24.0 24.5 25.0
4010BL        
EEEE 25.5 26.0 26.5 27.0

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のサイズ調整はどうする?

日本人の足に合わせて作られているスコッチグレイン。

でも微妙に自分の足に合わない…そんな時のサイズ調整方法をご紹介します。

【かかとが緩いケース】

スコッチグレインの靴は幅広甲高の日本人の足に合わせてつくられています。それが逆に、かかとが緩くなってしまう原因になることも。

かかとが緩いと歩きにくく疲れやすくなってしまいます。靴紐で調節できればよいですが、甲が余っている場合は、靴紐をきつく締めるのにも限界がありますよね。

そんな時は【中敷きを追加】してみてください。

今は様々な厚みや種類の中敷きがあるので自分に合うものを探して追加してみましょう。

【すこしきついケース】

確かに自分の足に合うサイズを選んだはずなのに、なぜかきつい…。試着の時よりも靴下が厚めだったり、体形の変化なので足の大きさも変化していきます。

せっかく買ったのに足が痛くなるようだと、履く機会が少なくなってしまいますよね。

そんな時は【シューストレッチャー】を試してみてください。

革は伸びる性質があります。シューストレッチャーを使う場合、伸ばすのに数日かかりますが、自分の足に合うように伸ばすことで、快適に履くことができるようになるはずです。

履いてるだけでかっこいい大人男子!SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のおしゃれ革靴の使えるコーデ♪

【SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)】革靴×青ニットセーターコーデ

革靴が活躍するシーンは冠婚葬祭や、オフィスや仕事のシーンだけではありません!ぜひ普段使いでも使ってほしいのです!さわやかな青のニットセーターにシャツを合わせたキレイ目のコーデに合わせるボトムスはカジュアルなデニム。足元は革靴で合わせます。実は革靴デニムとの相性が抜群なのです!デニムは少しロールアップして革靴をチラ見セ♪イケてる大人男子のおススメデートコーデ!

【SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)】革靴×ベージュスーツセットアップコーデ

おしゃれなベージュのセットアップスーツに合わせるのはやっぱりスコッチグレインの革靴♪ソックスはアーガイルのものを合わせると革靴と相性抜群◎イギリスのジェントルマンのような紳士的なオシャレコーデ!

女子だって使える!SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)の使えるシューズコーデ♪

【SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)】ドレススシューズ×ボーダータイトスカートコーデ

https://wear.jp/jurigaz/5174200/

ピシッとしたシーンで履くことの多い革靴ですが、こんなカジュアルなシーンでも本領発揮できるのです!白と黒の牛模様がポップでかわいらしいこちらのシューズはスニーカーのように履いて◎ソックスと組み合わせれば、一気にカジュアルコーデに!トップスはフードパーカー、ボトムスはラフなボーダースカートで合わせて、スコッチグレインのヘルシーコーデの出来上がり!