!adidas(アディダス)レギンスのサイズ感とは?おすすめコーデもご紹介

世界的に有名なスポーツウェアブランドであるadidas(アディダス)。シューズやジャージなどが有名ですが、今回はあえて「レギンス」をクローズアップ!adidas(アディダス)レギンスのサイズ感とおすすめコーデをご紹介!

adidas(アディダス)とは

今や世界的なスポーツウェアブランドであるadidas(アディダス)。年間売上高は119億円超えとされていて、まさに世界有数の企業と言えるでしょう!

1920年のドイツ、「それぞれのスポーツにあった専用のスニーカーが必要だ」というコンセプトを基にダスラー兄弟「ダスラー商会」というスポーツシューズメーカーを創立。これが、今や世界的なスポーツウェアブランドであるadidas(アディダス)の走りとされている企業なのです。

それぞれのスポーツにあった、というのはつまりは競技の特性やプレイ環境に適応しているということです。

バスケットシューズやテニスシューズ、スパイクなど様々な種類の専用シューズがある現代においては、当たり前のことのように感じますが、その当時はそこまで精密に作られた専用シューズは多くありませんでした。

そんな中で、あらゆるスポーツに対応したダスラー商会の生み出すシューズは、当時のアスリート達からすれば画期的な発明だったのです!

今回は、そんなadidas(アディダス)のアイテムの中から「レギンス」をクローズアップ!

本格的なスポーツシーンからタウンユースやデイリーユースなど、様々なシーンで活躍するアンダーウェアですよね。

adidas(アディダス)は本格スポーツメーカーなので、レギンスの機能性が良いのは言うまでもありません。さらに、コーデに華を添えるような柄入りのものなど、ファッション性の高いアイテムも数多く排出しています!

adidas(アディダス)のサイズ感は?サイズの詳細をもとに選び方を解説

まずは、adidas(アディダス)が公開しているサイズ表を見ていきましょう。

サイズ 身長(cm) 胸囲(cm) ウエスト(cm)
S 152-158 78-82 59-63
M 157-163 81-85 62-66
L 162-168 84-88 65-69
OT 167-173 87-91 68-72

このようにadidas(アディダス)は、トップス・ボトムス問わず上記のサイズで統一されていて、シンプルなので悩むこともないと思います。

サイズ感はというと、日本規格と同一で考えていただいて問題ありません。普段がSサイズの方はSサイズのものをチョイスしましょう。

レギンスにおいては、ダボっとしてしまってはみっともないので、ジャストサイズ一択です。特に丈感は大事なので、上記表の「身長」の項目を念入りに確認しておくことをおすすめします。

adidas(アディダス)ステラマッカートニーのレギンス人気コーデ

続いては、adidas(アディダス)のレギンスを利用した人気コーデをご紹介いたします。

まずは、ラグジュアリーブランドであるステラマッカートニーとのコラボシリーズのレギンスからです!

https://wear.jp/ladolcevitabella83/9167262/

大胆かつゴージャスなコーデで、本来ならラグジュアリーなボトムスをチョイスしそうなところですが、ここではadidas(アディダス)のレギンスをチョイス。

ヴィトンのバッグとの相性も抜群なのは、ステラマッカートニーの要素が入っているからでしょう。スポーティーなテイストが加わることにより、華美なアイテムを程よくカジュアルダウンさせています。定番とは違ったレギンスコーデを試したい方におすすめ!

https://wear.jp/chihirok1215/14017543/

こちらはスポーツジムなようで、本格ワークアウト用のコーデです。いかにラグジュアリーブランドとのコラボとはいえ、本質はあくまでもスポーツウェア、激しいワークアウトにも対応してくれます!

よくみるとおそらくヒョウ柄であろう、総柄仕様のレギンスで、シンプルで機能的なスタイルに華を与えています!本格的なスポーツシーン以外でも、例えばワンピースなどと合わせてもお洒落に決まりそうですね!このアンダーウェアの枠を超えたデザイン性が魅力です。

https://wear.jp/cheri33/11227315/

続いてはシンプルデザインのレギンスをチョイスしています。実はレギンスだけでなく、アウターもステラマッカートニーとadidas(アディダス)のコラボモデルです。

スポーツウェアの上下であるにも関わらず、不思議なほどスタイリッシュな仕上がりになっているのがポイント!ステラマッカートニーのエキセントリックな要素が際立っているからでしょう!オーバーサイズをざっくりと羽織るような着こなしテクニック

もポイント。

https://wear.jp/clarachan123/12777597/

こちらはハイキングでしょうか、軽めのアウトドアシーンなようです。レギンスコーデが相応しいのは言うまでもありません。全体的に機能的でシンプルな仕上がりです。

レギンスはさり気なく柄がワンポイントで入っていて、アクセントになっています。スポーティーながらも女性らしい華を添えているあたりが、ステラマッカートニーのエッセンスを感じますね!このようなアウトドアにも使い勝手が良いのが、adidas(アディダス)レギンスの良いところです。

https://wear.jp/cheri33/11296808/

とにかく「カッコイイ」という言葉がぴったりなコーデ。レギンスは総柄仕様の主張が強めなアイテムをチョイス。アンダーウェアの枠を飛び越えた存在感が魅力です。

スポーティーなボトムスですが、アウターはショート丈のダウンコート、光沢のあるラグジュアリーなデザインとなっています。スポーティーなスタイルにざっくり羽織るだけで、スタイリッシュな大人カジュアルに様変わりしている点に注目!

adidas(アディダス)3ストライプレギンスの人気コーデ

続いては、adidas(アディダス)の代名詞とも呼べる3ストライプをあしらったレギンスコーデです!

https://wear.jp/yaamin0808/13301912/

オーソドックスな黒の3ストライプですが、フィット感の強いレギンスというだけでスタイリッシュな雰囲気に仕上がります。野暮ったさとは無縁のシンプルコーデと言えるでしょう!

トップスは茶系のスウェットという控えめなアイテムをチョイス。普通のジャージだと部屋着のようになってしまいますが、レギンスだと好バランスなお洒落コーデとなります!オーバーサイズのトップスをラフにロールアップさせている小技にも注目。

https://wear.jp/maki727/14852478/

adidas(アディダス)といえば縦のストライプが定番ですが、こちらは横のストライプがあしらってあります。さりげないワンポイントになっていて、主張も少なめな点が魅力!

どうしてもスポーツテイストが強まる縦ストライプと違い、これならあらゆるコーデに合わせやすそうですね。写真では、adidas(アディダス)のロゴがあしらったTシャツでカジュアルな装いに仕上げています。ゴールドスニーカーも意外と馴染んでいるのがお洒落です!

https://wear.jp/yaamin0808/14487798/

こちらも定番の黒の3ストライプレギンスをチョイス。デイリー・タウンユースに馴染みやすそうな、シンプルで気構えのないスタイルに仕上がっています!

アウトドアブランドであるノースフェイスのTシャツも、モノトーンでコーデすることでスタイリッシュな雰囲気に!オーバーサイズのボンバージャケットをざっくり羽織ることで、こなれ感も演出しています。ややメンズライクな組み合わせも、レギンスなら野暮ったく感じさせません。

https://wear.jp/shizuka0825/12417184/

こちらの女性は、レギンスだけでなくTシャツからシューズまで全身をadidas(アディダス)で統一したこだわりコーデ。アスレジャースタイルですが、しっかりとタウンユース仕様になっています!

ポイントはやはりTシャツのサイズ感、オーバーサイズTシャツをワンピース風に着こなすことにより、スポーツテイストを抑えています。キャップもつばが大きめのストリート系のものをチョイスし、さらにカジュアルダウン。シンプルながらも細かな点を配慮しているのがわかりますね!

adidas originals(アディダスオリジナルス)のおしゃれレギンスはカジュアルコーデに落とし込むのが正解。

【adidas originals(アディダスオリジナルス)】黒ライン入りレギンス×チャンピオン白Tシャツコーデ

https://wear.jp/yaamin0808/14397297/

トレンドのオーバーサイズの白Tシャツはチャンピオンがおススメです!ボトムスにはアディダスオリジナルスのライン入りレギンスがよく合うんです!オーバーサイズトップスにはスキニーパンツやレギンスが合うのは有名な話ですが、ほんとに合うんです。逆にオーバーサイズにワイドパンツなどを合わせるとかなりやぼったくなってしまうので注意が必要です。おしゃれコーデに落とし込むのに一番重要なのはメリハリを持たせるということ!

【adidas originals(アディダスオリジナルス)】黒ライン入りレギンス×ベージュブルゾンコーデ

https://wear.jp/yaamin0808/14078188/

こちらのコーデも人る前のもの同様アディダスオリジナルスのレギンスを使用したおしゃれコーデ。トップスインナーにはグレーのカットソーをチョイス。アウターにはやはりオーバーサイズのアウターを合わせるのですが、トレンドのボアブルゾンがよく合います。ショルダー部分をやや外し気味に着こなせばこなれ感や抜け感もプラスできちゃうんです!