水沢ダウンアンカー、マウンテニアのサイズ感徹底調査。気になるサイズ表も調査。

日本の大阪発のスポーツブランドDESENTE(デサント)。デサントとか発表される大人気シリーズといえば、"水沢ダウン"です。THE made in Japan といった高品質のダウンは、高い信頼性によって大人気を博しています。岩手県にある旧水沢市(現奥州市)にある水沢工場で生産される、日本製。高い保温性と快適性を備えた水沢ダウンは2018年に10周年を迎えました。この10年の間に様々な高機能性を備えたダウンを発表。アンカーや、シャトル、特に今注目されているのが"マウンテニア"シリーズです。一言では語りつくせない水沢ダウンのすばらしさを徹底追及しちゃいます!気になるレディース&メンズのオシャレコーデやサイズ感も調べてみました♪

DESENTE(デサント)が誇るmade in Japan"水沢ダウン"の高機能性、人気の秘密に迫る!

【水沢ダウンとは?】

https://www.google.com/search?q=%E6%B0%B4%E6%B2%A2%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3&rlz=1C1EJFA_enES774JP848&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjgyPHf_I_jAhUBVbwKHYrmBqAQ_AUIESgC&biw=1504&bih=860#imgrc=8cbUITDNLIw4pM:

水沢ダウンとは日本のスポーツメーカー、デサントのライン"オルテライン"からリリースされている、人気のダウンです。オルテラインとは、

・Scene-less

・Age-less

・Time-less

の3つの事柄をテーマにアイテムづくりをするライン。要約すると特定の年齢層、トレンド、状況に左右されない、安定した"真のモノづくり"とは何かを追求するラインなのです。そんなオルテラインを代表する商品がこの"水沢ダウン"。

水沢ダウンは、ダウンが製造される、岩手県の旧水沢市(現在の奥州市)にある水沢工場からつけられた商品名。工場の名前を商品名に掲げるほど、地震に満ち溢れた商品ということが分かりますね。シンプルなデザインの中に高度な技術が詰まっている高機能ダウンジャケットは、国内でも希少なダウンウェアーの一貫生産体制を持つ、水沢工場の特殊な技術と今までに培ってきた技術によって生まれた唯一無二の存在。2008年の登場以来、ほかのダウンジャケットとは一線を画した機能性を保持し、高く評価され愛され続けています。

水沢ダウンの大人気アイテムMOUNTAINEER(マウンテニアー)について

https://www.roco2web.com/shopdetail/000000004521/

冬場には大活躍をするダウンジャケット。しかしダウンジャケットにも弱点が、それは"水に弱い"ということです。そんな弱点に注目したのが水沢工場の製作チーム。彼らが積み重ねてきた経験をもとに、水沢ダウンは保温性と快適性を保持しつつ、国内の高い技術を駆使。熱圧着を使用しダウンパックにステッチがなく水を通さないので、雨や雪の日の着用を可能に。さしステッチ部分には熱接着加工を施し、縫製が必要な部分にはシームテープ加工を採用。これまでにない耐水性を可能にしたのです!

さらに記事にはTORAY社の4WAYストレッチ素材を使用し"ダーミザックスマイクロストレッチ"を採用し、最高級の伸縮性とともに、高い防水性、防風性、耐久撥水性を備えたまさにいうことなしの素材!

裏地には、光を熱に変換し保温性を保つ"ヒートナビPT2"を採用。本姓に拍車をかけました。

フードにも秘密があります。突然の雨や雪に襲われた時に、フードに雨水や雪がたまらないように、収納が可能な"パラフードシステム"を採用。実際にフードを着用する際は片手での装着が可能なジップ付き。過酷な環境下でも首元を寒さや風から守ってくれるようにハイネックデザインになっており、もちろんダウン生地使用。頭と首をすっぽり包み込んでくれます。

https://www.roco2web.com/shopdetail/000000004521/

水沢ダウンの大人気アイテムMOUNTAINEER(マウンテニアー)のカラーバリエーションやサイズ感を調査♪

【カラーバリエーション】

カラーバリエーションは4種類となっています。

・ブルー

・グレー

・ネイビー

・ブラック

どれも落ち着いた色合いで、シンプルな作りなので、どんなアイテムにも合わせやすき回し力抜群カラー!

【サイズ】

サイズ展開はS,M,Lの3サイズから選べます。以下水沢ダウンMOUNTAINEER(マウンテニアー)サイズ表です。

水沢ダウン マウンテニアーサイズ S M L
肩幅 42 42 43
身幅 53 55 57
袖丈 66 67 68
着丈 64 66 68

サイズ表をご覧になってもわかるように、肩幅に関してはS,M,Lともにそこまでサイズ感の違いはありません。ですが、身幅、着丈に関してはワンサイズ上がるごとに2cmずつ変化があるので気を付けてください。こちらのダウンはジャストサイズで着たほうが保温性が高まるので、自分の寸法をしっかりと確認したうえでサイズ選びを行うことをお勧めします♪

サイズ選びの目安としては

・176cm 男性 60kg やせ型☞ Mサイズ

・175cm 男性   70kg 普通型☞ Lサイズ

とのことです。

水沢ダウン人気おしゃれレディースコーデ♪

【水沢ダウン】グレーフード付きダウン×ロングスカートコーデ

https://wear.jp/okapi5624/10834160/

ヒップ丈のダウンに合わせるのは9分丈のロングIラインスカート。シンプルなカラー選びがかわいいですね♪

【水沢ダウン】マスタードダウンジャケット×ホワイトワイドパンツコーデ

https://wear.jp/jurigaz/14016057/

エレガントな水沢ダウンにあえて、カジュアルなホワイトワイドパンツを合わせるコーデ。秋におすすめのコーデです。

【水沢ダウン】ロングコート×デニムコーデ

https://wear.jp/tanabe0923/4760942/

カジュアルコーデの定番アイテムデニムと黒のロングダウンを合わせたコーデ。ダウンの丈をロングにすることで、少し大人な雰囲気に♪

水沢ダウン人気おしゃれメンズコーデ♪

【水沢ダウン】ネイビーダウンジャケット×パッチワークデニムコーデ

https://wear.jp/haya88to/11623976/

トップスにはグレーのTシャツを、ボトムスにはビンテージ風のパッチワークデニムを合わせたカジュアルコーデ。抜け感のバランスが絶妙なオシャレコーデ♪

【水沢ダウン】白ダウンジャケット×黒ボトムスコーデ

https://wear.jp/syoonoyama/11285985/

白のダウンジャケットに合わせるのは反対色の黒のパンツ。2トーンカラーのメリハリコーデはすっきりとしたシルエットを演出してくれます♪

【水沢ダウン】黒ダウンジャケット×くるぶし丈コーデ

https://wear.jp/fumiaki66/13828434/

デザイン性のある帽子とくるぶし丈のパンツ。足元にはダウンと同じ柄の黒を選ぶと、メリハリのある着こなしになります。

水沢ダウン、MOUNTAINEER(マウンテニア)人気おしゃれコーデ♪

【水沢ダウン MOUNTAINEER(マウンテニア)】ネイビーマウンテニア×ベージュチノパンコーデ

https://wear.jp/haya88to/11794272/

間違いなしのネイビー&ベージュコーデ♪シンプルかつオシャレに決まる、超簡単オシャレコーデです!

【水沢ダウン MOUNTAINEER(マウンテニア)】黒マウンテニア×インナーチラ見セコーデ

https://wear.jp/tohru0328/14008100/

首まですっぽりとダウンで覆っておきながら、インナーをチラ見セする上級者コーデ。これによって抜け感が演出できちゃう計算ずくのコーデ!

【水沢ダウン MOUNTAINEER(マウンテニア)】黒マウンテニア×テーパードボトムス

https://wear.jp/issei1986/14115208/

上下を黒で統一し、インナーの白Tシャツ&白ソックスをチラ見セするレイヤードコーデ♪1色だと重くなり過ぎてしまいますが、反対色の白をチラ見セすることで、バランスを調整◎

水沢ダウン、SHUTTLE(シャトル)の人気おしゃれコーデ♪

【水沢ダウン SHUTTLE(シャトル)】黒シャトル×ネイビーニットセーターコーデ

https://wear.jp/fumiaki66/13989223/

全身をモノトーンで合わせた上級者コーデ。よくよく見るとインナーのセーターに柄が入っており、これがワンポイントに♪

水沢ダウン、ANCHOR(アンカー)の人気おしゃれコーデ♪

【水沢ダウン ANCHOR人(アンカー)】緑アンカー×黒ボトムスコーデ

https://wear.jp/kafka_079/4717095/

ジャケット自体が差し色になっているので、ボトムスはシンプルに黒で合わせると◎

【水沢ダウン ANCHOR人(アンカー)】黒アンカー×カラーTシャツコーデ

ベーシックなデザインでファンの多い水沢ダウンのANCHOR(アンカー)。いつものコーディネートをリッチな雰囲気しアップデートしてくれる水沢ダウンは、他のブランドとは一線を画す万能アイテム。あまりトレンドに左右されないダウンジャケットはベーシックなデザインをセレクトするのが正解◎インナーはシンプルに無地のカラーTシャツを合わせて、すっきりと着こなしたい。保温性は抜群に高いので、インナーは薄手のカットソーやTシャツでも十分に冬を乗り切れそう。水沢ダウンANCHOR(アンカー)はいつかは手に入れたいマストアイテムになりそう。

【水沢ダウン ANCHOR人(アンカー)】赤アンカー×パンツコーデ

http://www.nescacademy.org/shui-ze-daunziyaketuto-anka-mizusawa-down-jacket-anchor-mib6f58rf-menzufu.html

パッと目をひく赤のダウンジャケット。いつかは挑戦したいな〜なんて思っている人も多いと思いますが、なかなか手が出しづらいのが正直なところ。派手すぎて自分には着こなせないって思っている人も多いかもしれませんが、アウターが派手色の時はあえて他はベーシックカラーで揃えればいいだけだから簡単なんです。黒のポロシャツに黒のパンツというワントーンコーデに羽織れば、水沢ダウンANCHOR(アンカー)も着映えますよね♡かっこよくダウンジャケットを着こなしたい時、ぜひ挑戦してみてほしい新鮮なカラーです。

【水沢ダウン ANCHOR人(アンカー)】黒アンカー×カーゴパンツコーデ

http://www.nescacademy.org/shui-ze-daunziyaketuto-anka-mizusawa-down-jacket-anchor-mib6f58rf-menzufu.html

アースカラーでまとめたカジュアルコーデ。アウトドアシーンやキャンプにぴったりなカーゴパンツを使ったおしゃれな着こなしは、水沢ダウンを羽織ってリッチなスタイルに格上げ。軽量でシンプルなデザインがいつものコーディネートにもハマる万能さが嬉しいですよね。適度にボリュームもあるANCHOR(アンカー)は水沢ダウンの中でもとりわけ人気のデザイン。コーデが締まるマストカラーの黒アウターで今年の秋冬コーデを乗り切りましょう!

【水沢ダウン ANCHOR人(アンカー)】ネイビーアンカー×キャップコーデ

https://zozo.jp/shop/descente/goods/46017844/

大人っぽくシックな雰囲気のダウンジャケットをお探しなら、ネイビーカラーが絶対おすすめ!黒だと重すぎるし、カーキだとカジュアルすぎる。そんな時にはネイビーの水沢ダウンANCHOR(アンカー)で、定番コーデをアップデートしたい。シックなブラウンパンツとも好相性だし、キャップを合わせた小物使いもオシャレ度がアップ。

White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)の人気オシャレコーデ!

「服を着る場面は全てアウトドア」というコンセプトをもとに展開するブランドのWhite Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)。そのコンセプトにのっとって、アウターは非常に機能的で暖かく、ダウンも定評があります。

それでいてデザイン性にも非常に優れているため、パリコレなどにも出展しているんです!そんなWhite Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)のアウターコーデをご紹介いたします。

White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)×ニット帽

https://wear.jp/takeuchi/5219700/

こちらはデザイン性があるWhite Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)ダウンをチョイス!かなり大きめなポケットがついているのが、特徴的です。こういうタイプのコートは本来ならポケットを目立たなくするのが定番ですが、逆に主張させることでとても個性的なデザインに仕上がっていますね!

カジュアルに使ってレイヤーコーデと合わせてレイヤーコーデを楽しむのもオススメです!

White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)×スウェット

https://wear.jp/ericlee2300/15975521/

White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)はダウン系アイテムに非常に定評があるので、当然ながらダウンベストも輩出。こちらは黒をチョイスしているようですね表地にキルティングがなく、スッキリとしたフォルムがかっこいいです!

写真ではややオーバーサイズのものを合わせているようで、インナーのロンTもかなり大きめです!パンツはダボっとしたものを選んで全体的にストリート風に仕上げています。

Made in JAPAN対決。水沢ダウンに続け!ユニクロの高機能ダウンのご紹介。

Made in Japanらしさを最大限に追求した水沢ダウン。でもちょっぴりお値段が高くて私には高嶺の花。と、あきらめているあなたにおススメ!ユニクロの高機能ダウンのご紹介!以下の一覧からお気に入りの一枚を見つけて♪