ヘインズ(Hanes)Tシャツの魅力を徹底紹介【レディース】

男女共に日本でも絶大な人気を誇るヘインズ(Hanes)のTシャツ。『なんとなく人気だから着てみようかな』と、着てみた筆者はすでに6枚も愛用するほどにヘインズ(Hanes)のTシャツに取り憑かれました。夏の定番アイテム、白Tシャツ。インナーにも1枚でも、またどんなジャンルのどんなコーデにも使える白Tシャツは、誰もが持っている万能アイテム。もちろん夏だけでなく通年着用することが出来る白Tシャツだからこそ、ちょっとこだわってみたいですよね。

ヘインズ(Hanes)ってどんなブランド?

『ヘインズ(Hanes)』というと、日本では断然『赤パックTシャツ』をイメージする人が多いのではないでしょうか?

ヘインズ(Hanes)は、1901年のアメリカに誕生したブランド。

『コンフォート(快適さ)』を最も大切なコンセプトとしており、人気の赤パックTシャツは複数枚を手頃な価格で販売することにより、『毎日使える快適なアンダーウェア』として人気を集めました

他にもプリントTシャツや肉厚なTシャツなどが次々と開発され、アメリカのライフスタイル・ファッションに欠かせない存在です。

日本では、素材の肌触りや着心地の良さ、シルエットや動きやすさなどでファンを集め、Tシャツやアンダーウェアにこだわりを持つ人々を中止にファンが増加中。

一度着てみるとじわじわと病みつきになる…そんなヘインズ(Hanes)のTシャツについて、今回はヘインズ(Hanes)の【レディースウェア】について、その魅力に注目しました。

ヘインズ(Hanes)のTシャツって何がそんなに魅力なの?

Tシャツ、特に無地の白Tシャツともなればほとんどのブランド、どのショップにも置いてあるような定番品。

老若男女問わず、ファッションのジャンルを問わず使うアイテムであるTシャツは、微妙な違いが着心地やコーデの雰囲気を左右します。

そんな通年毎日使うアイテムだからこそ、『もう少しこのへんがこうだったら…』と思うこと、ありませんか?

そう、ヘインズ(Hanes)のTシャツは、そんな『あとちょっと…』をまるで全て叶えてくれるような、こだわりの『快適さ』を追求されているのです。では、具体的にどんなところがスゴイのか、徹底解説していきます!

【1】ちょうど良い厚さの生地

『透けすぎず、厚すぎない』…インナーほど薄くなく、一般的なTシャツほど厚くない。その絶妙な生地の厚さが唯一無二の生地感Tシャツ。冬はインナーに、夏はトップスとして1枚で。そんな多様性があるにも関わらず、どちらの着方をしても『ピタッと』おさまるこの感じ。着心地の良さの理由のひとつです。

【2】丸胴編み

脇に縫い目がない使用になっており、肌触りの良さを実感。そのため型崩れも少なく、ストレスフリーに着られるところがポイント。

https://www.hanesbrandsinc.jp/hanes/g/gHW5310-010-M/

【3】肌馴染み

洗い加工(ガーメントウォッシュ)が施されており、パックを開けて初めて着た時から気持ちの良い着用感。

https://www.hanesbrandsinc.jp/hanes/g/gHW5310-010-M/

ヘインズ(Hanes)で決まる♪万能白Tシャツコーデ

まずはヘインズ(Hanes)のTシャツを使ったおすすめコーデをピックアップ!定番中の定番『白Tシャツコーデ』も、ヘインズ(Hanes)のこだわりが見えるシルエットや素材感が、キマるコーデに♪

【1】ヘインズ(Hanes)Tシャツ×ゆるっとコーデ

https://wear.jp/grammom/14583650/

こちらは定番の赤パックTシャツよりも肉厚生地の、BEEFY(ビーフィー)タイプのTシャツ。わざと大きめサイズでゆるっとラフな感じを出していながら、そのしっかりとした生地感で品のあるまとまりに。

【2】ヘインズ(Hanes)ノースリーブTシャツ×フレアパンツで大人コーデ

https://wear.jp/tomo0000/12221798/ヘインズ(Hanes)のノースリーブシャツは、もちろんこだわりシルエット。肩の絶妙な開き具合が腕をほっそりと見せてくれ、全体の形が品のある雰囲気。大人も着やすいノースリーブです。

【3】ヘインズ(Hanes)黒Tシャツでピリッと締まりのあるコーデ

https://wear.jp/maggi/7282398/白Tシャツに続いて人気は黒Tシャツ。画像のコーデはBEEFY(ビーフィー)です。フィットなサイズ感を選ぶときれいめな雰囲気に♪

肉厚生地のBEEFY(ビーフィー)の黒色は透けることを気にしなくてよいため1枚でさらっと着られる為ところ魅力。

【4】ヘインズ(Hanes)VネックTシャツはスタイルアップコーデにhttps://wear.jp/maggi/7218770/

筆者イチオシ!のお気に入りは、VネックTシャツ。なんんといってもシルエットがたまらなくキレイ!!『V』の開き具合がちょうどよく、肩から胸元をキレイにすっきりと見せてくれるライン。どんなボトムスとも好相性で、毎日着られる定番トップス!

ヘインズ(Hanes)のTシャツには色々種類がある!購入前にチェック

ヘインズ(Hanes)のTシャツといっても種類が様々あるので、ここでは特に人気の商品についてピックアップしました。

より快適な着心地、求めているシルエットなどを叶えるために、購入前にしっかりと把握していきましょう!

【1】ヘインズ(Hanes)ウィメンズ ジャパンフィット クルーネックTシャツ

https://www.hanesbrandsinc.jp/hanes/g/gHW5110-010-M/

出典:hanesbrandsinc.jp

日本人女性に合わせたサイズ感のジャパンフィットタイプ。何にでも使いやすいクルーネックはダントツの人気アイテムです。ソフトで心地よい風合いの100%コットンの天竺素材。1枚でも着ることができますが、インナーやナイトウェアとして着ても心地よいTシャツ。迷う場合にはまずはこちらがおすすめ!!

【2】ヘインズ(Hanes)ウィメンズ ジャパンフィット VネックTシャツ

https://www.hanesbrandsinc.jp/hanes/g/gHW5325-998-M/クルーネックに続いて人気のVネックTシャツ。首回りをキレイに見せてくれる絶妙なライン。こちらも日本人女性に合わせたサイズ感、シルエットの為、ぴったりとマッチするネックラインが人気の理由です。

【3】ヘインズ(Hanes)ウィメンズ ジャパンフィット スリーブレスTシャツ

https://www.hanesbrandsinc.jp/hanes/g/gHW5317-010-M/この夏人気はノースリーブタイプのシャツ。絶妙なスリーブのカットラインが、腕や肩周りをすっきりと見せてくれる為、ノースリーブに抵抗のある人でも着やすい仕様です。カジュアルにもきれいめにも使いやすく、重宝すること間違いナシ。オンラインショップでも売り切れ必至の人気アイテム。

【4】ヘインズ(Hanes)ビーフィーTシャツ(メンズ)

https://www.hanesbrandsinc.jp/hanes/g/gH5180-010-S/

ビーフィーTシャツはメンズ用として展開されていますが、女性にも人気なのです。

『牛のようにたくましい』というコンセプトのビーフィーは、丈夫でしっかりとした厚手の生地。洗えば洗うほど肌に馴染み、独特な風合いは『育てていくTシャツ』のような感覚。

定番Tシャツの次に購入する人が多いですね。

ヘインズ(Hanes)Tシャツ【ジャパンフィット】のサイズ感について

日本人女性の体型に合わせて作られた『ジャパンフィット』は、MとLの2サイズ展開となっています。

サイズについては以下の表を確認してください。

サイズ M L
ネックの深さ 12 12.5
身丈(cm) 62.5 65
身幅(cm) 42 45
肩幅(cm) 36 39

袖丈(cm)

14.5

15

バスト(cm) 79−87 86−94

一般的な体型の場合、Mサイズは、『着用感はちょっとゆとりがあるけど、見た目はキレイにコンパクトにまとまる』感じ。Lサイズでは、『見た目にゆるっと感を出せるラフな雰囲気』といった感じです。コーデや着心地に合わせてM・Lを使い分けしても良いですね。

ヘインズ(Hanes)のTシャツはほとんどが2枚組で約¥3,000程とお手頃価格。病みつきになる着心地の良さと、着てみると実感するさりげなくおしゃれに決まる形。ヘインズ(Hanes)のTシャツを試してみてほしいです。