GU(ジーユー)のレディースパーカーが手放せない理由を徹底調査!オシャレコーデ40選 マウンテンパーカー、メンズパーカー、サイズ感までご紹介

GU(ジーユー)のプルパーカーを着こなすおしゃれ女子が増えているのはご存知でしょうか?しっかりした生地感と大きめのフードが可愛いと話題になっていて、色違いで購入する人も続出しています。さらにおしゃれ上級者は、メンズパーカーをおしゃれに着こなしているらしい。そんな大人女子の人気急上昇中のGU(ジーユー)のプルパーカーを徹底調査します!プチプラでデザインがしっかりしているので、オールシーズン着回せるとっても便利なアイテムだし、適度なボリューム感が大人カジュアルコーデにピッタリ。早速GU(ジーユー)のレディース・メンズ「スウェットプルパーカコーデ10選についてご紹介していきましょう。ぜひ、コーデ術を参考にしてみてくださいね。

大人気のプチプラブランドGU(ジーユー)のパーカーの魅力とは?

GU(ジーユー)のパーカーは1人1枚ゲットする価値あり

プチプラなのにトレンドもしっかり押さえた大人気ブランドといえば「GU(ジーユー)」で今は、ワードローブに欠かせないブランドになってる方も多いのでは?ワンピースやTシャツ、スカートやジャケットなど、オンオフ問わず着回せる毎日コーデに欠かせないアイテムがプチプラ価格で手に入るからいつも新作チェックは欠かせない。年齢も若い人のイメージがありますが、オトナ女子にだってぴったりのアイテムもあり、そんなGU(ジーユー)のアイテムで今特に人気なのが"スウェットプルパーカー"。ちょうどいいフードのボリューム感とシルエットが、パーカーの部屋着っぽさを見せず、コーデを今っぽく仕上げてくれる魅力がぎゅっと詰まったアイテムなんです。色違いで買う人も多いとか。そんな魅力をたっぷりとご紹介していきます。

【マキシスカート・ワンピース × パーカー】

https://mataiku.com/articles/NhTlh

ここ最近のトレンドはマキシスカートやワンピースなどのエレガントなボトムスにパーカーを合わせるスタイル甘辛ミックススタイル。2018年の秋冬からこのトレンドが始まって、なかなかちょうどいいパーカーが見つからない!って人が多かったみたい。そんな時におしゃれな人たちがこぞって買い占めていたのがこのGU(ジーユー)のプルパーカー。レディースも可愛いのですが、あえてメンズのSサイズなどをセレクトしておしゃれに着こなす人も多いのが、このGU(ジーユー)のプルパーカーの特徴です。程よく襟がたつボリューム感は小顔効果もありスタイルアップに繋がります。コーディネートのバランスも取りやすいのも人気の秘密です。

【GU(ジーユー)メンズのパーカーだって、オシャレな人はチェックしています】

https://locari.jp/posts/137185

メンズサイズのパーカーは程よいゆったり感と絶妙なシルエットが魅力で、こなれ感を出したい大人女子にはぴったりです。今の気分にぴったりのサイズ感と言えそう。プルパーカーでボリュームを出したら、ボトムスはすっきりスキニーで仕上げるのが好バランス。Aラインスカートやワンピースなどと合わせた上級コーデもトライしたいところ。豊富なカラバリも魅力で、色違いで購入する人が続出中なんです!メンズとレディースでカラーバリエーションも違う場合もあります。サイズ感も含めて、両方チェックしてみてくださいね。

これで、ネットでの購入も安心!GU(ジーユー)パーカーのサイズ感・サイズ詳細・選び方をご紹介します

GU(ジーユー)のパーカー選びで注意したいのがサイズ感。女性の方がメンズパーカーを購入するのはオススメですが、サイズ選びを間違えてしまうと部屋着っぽくだらしない印象になってしまうので、特に気をつけたいところ。程よい大きいビックサイズのパーカーってどれくらいを言うの?あまりジャストサイズで着こなすのは、今の気分だと少し古臭い印象になってしまうので、ボリューム感を残しつつ大きすぎないサイズを選ぶのがポイントになりそうです。

GU(ジーユー)パーカーレディースサイズ表

レディース
サイズ表記
XS S M L
身丈(cm) 56.5 56.5 58 60.5
肩幅(cm) 36 37 38 40
身幅(cm) 44.5 46.5 49 52
袖丈(cm) 58 58 58.5 60
レディース
サイズ表記
XL XXL
身丈(cm) 62 62
肩幅(cm) 41 42
身幅(cm) 55 56.5
袖丈(cm) 60 60

GU(ジーユー)パーカーメンズサイズ表

メンズ
サイズ表記
XS S M L
身丈(cm) 64 66 68 71
肩幅(cm) 42 43.5 45 46.5
身幅(cm) 48 51 54 57
袖丈(cm) 57.5 58.5 60.5 62
メンズ
サイズ表記
XL XXL
身丈(cm) 73 75
肩幅(cm) 48.5 50.5
身幅(cm) 61 65
袖丈(cm) 63.5 64.5

こちらがGU(ジーユー)のレディースとメンズのパーカーのサイズ表です。XS~XXLまでとサイズ展開が豊富なのが嬉しいポイントです。スタイルを選ばず、自分のイメージするサイズを選べれるのではないでしょうか?メンズとレディースのサイズを比較してみても、レディースのXLとメンズのSサイズが同じくらいのサイズのようです。むしろ少しメンズのXSの方が袖丈や肩幅が小さいので、大きすぎずちょうどいいボリューム感で着こなせそうですね。トレンド感を出してオーバーサイズが希望であれば、ワンサイズ、2サイズアップくらいを選ぶようにしみてください。ちなみにGU(ジーユー)のXSサイズとXXLサイズは、オンライン限定のサイズです。店舗では購入できないので試着もできないんですよね。トライしたい方は上記のサイズ表をしっかりチェックして、失敗しないようにしてくださいね。

GU(ジーユー)パーカー×スカートのレディースコーデ 10選 

カジュアルウェアに欠かせないGU(ジーユー)パーカーコーデ

プチプラで揃うGU(ジーユー)のパーカー×スカートの素敵なコーディネートをご紹介します。ロングスカートともミニスカートとも相性がよく今の気分にぴったり。カラーバリエーションも、定番カラーだけでなくトレンドを意識したカラーもあるのでぜひ、気になるカラーがあればチャレンジしてみてくださいね。お手持ちのスカートとも相性の良いお気に入りが見つかるかも!ぜひ、コーディネートを参考にしてみてください。

【オールベージュスタイルは、今期注目のコーディネート】

https://wear.jp/s4688/15431284/

ワンカラーのオシャレコーディネートも、GU(ジーユー)のパーカーが大活躍です。ベージュのリブ編ロングタイトスカートに、スカートと同じカラーの少し大きめのパーカーをコーディネートしています。足元も、ローカットのベージュのコンバースを合わせています。ボリュームのあるパーカーは、タイトスカートの下半身を細く美しいシルエットに見せる効果もあり。スタイルアップに繋がる嬉しいポイントも。「タイトスカート×オーバーサイズパーカー」のバランスは、参考にしてみてくださいね。

【大胆カラーもプチプラだから挑戦できる!】

https://wear.jp/chikayo27/15580159/

ついつい、定番カラーに手を伸ばしてしまいがちですが、ぜひ挑戦したいのがカラーパーカー。プチプラだから、挑戦できるかも。こんなパープルのパーカーにまず、コーディネートするのは、黒のタイトスカート。ソックスとスニーカーも黒でまとめることで全体がまとまります。バックは、今年トレンドのアニマル柄のファーバックをプラス。パープル×ブラックの2色のコーディネートのポイントになり素敵です。

【ブラックパーカ×チノスカートのトレンドコーディネート】

https://wear.jp/keiru2000/14250650/

チノパンと同じ生地の厚手でハリ感があるチノのロングフレアスカート。カジュアルでも、女性らしくコーディネートもしやすい。Tシャツとも相性がよくシーズンレスで使えるアイテムです。そんなスカートには、GU(ジーユー)には、黒のパーカーをコーディネートしています。足元は、パーカーとリンクされた黒のスニーカーを選んでいます。手に持ったデニムジャケットとも相性は抜群です。透明バックもトレンド感ぴったり。他にもリュックやボディーバックをコーディネートすると、さらにカジュアル度アップします。コーディネートの幅が広がります。

【マスタードイエローのトータルコーディネート】

https://wear.jp/mintcatt/15578286/

マスタードイエローのパーカーをコーディネートの中心に、ニット帽は、イエロー×グレーのボーダーをセレクト。ホワイトのスカートに肩から下げたホワイトのショルダーが、ぴったりマッチしています。足元は、ホワイトスニーカーを選んでいますが、コーディネート全体を繋げるようにブラウンのソックスをプラス。全体のトーンや色味を揃えることで、大胆なコーディネートを楽しめます。

【水玉ロングスカートを主役に大人カジュアルスタイル】

https://wear.jp/tomocm/15596406/

フレアに広がったオレンジの水玉がかわいい黒のロングスカートが素敵。スカートを主役に、黒のパーカーをコーディネートしています。デザイン性のあるスカートだからこそ、その他のアイテムをスカート生地のブラックカラーを選ぶことで大人カジュアルが楽しめます。手元に持った赤のフリンジがついた「J&M DAVIDSON J&Mデヴィッドソン」バックもしっかりポイントになっています。女性らしいスカートにぴったりあっいて素敵です。

【パーカースタイルなのに女性らしい!】

https://wear.jp/gran0115/15602358/

淡く女性らしいベージュのロングプリーツスカートにベージュピンクのGU(ジーユー)のパーカーをコーディネートすることで優しい雰囲気に。足元は、今年トレンドのレオパード柄のバレーシューズがポイントになりますが女性らしくかわいい。手持ちのワンハンドルのレザーバックを黒を選んだことでが全体がしまって見えます。優しい色のコーディネートは、どこか引き締めカラーを入れると全体がまとまります。足元を、ダットシューズなどボリュームのあるハイテクスニーカーをコーディネートすると、カジュアルダウンされ、また違う印象に。シンプルなコーディネートなので、小物でアレンジを効かせるのも楽しい。

【GU(ジーユー)パーカーx花柄ワンピースコーデ

https://wear.jp/tomox3922/14217026/

大人っぽい小花柄ワンピースにカジュアルなプルパーカーを合わせたトレンドコーデ。全身を白でまとめればプチプラでも安っぽく見えない着こなしはお手本にしたいトレンドスタイルになります。スニーカーとキャップ、リュックを黒に統一することで全体まとめています。ピクニックデートにぴったりのコーディネートです。これからの時期に、真似っこしてみては?

【チュールスカート×GU(ジーユー)パーカー】

https://wear.jp/ycmam/14311428/

ボリュームたっぷりに広がる女性らしいパープルのチュールスカートにコーディネートしたGU(ジーユー)のブラックパーカー。パーカーのサイズ感は、大きすぎない程よいボリューム感を選ぶのが大人っぽく着こなすポイントです。バックは、A・P・C(アーペーセー)のボディーバックを斜めがけに。足元は、ボリュームのあるハイテクスニーカーをコーディネートすることでカジュアルスタイルの完成です。ヘアは、パーカーのフードのボリュームに負けないようスッキリとしたお団子ヘア。今年らしい、パーカーコーディーネートです。オシャレポイントが沢山!

【GU(ジーユー)のピンクパーカー×ブラウンコーデ】

https://wear.jp/dreamcatcher1018/15590801/

濃いブラウンのプリーツスカートにコーディネートしたGU(ジーユー)のブラウンかかったピンクのパーカー!少し大きめサイズを選んでいます。足元は、ベージューのvans(バンズ)のオールスターを。キャップにモコモコバックもベージュで統一。あったかい色味のブラウンと、ローズピンクのパーカーのコーディネートにぴったりです。

【デニムジャケット×GU(ジーユー)のグレーのパーカーコーデ】

https://wear.jp/poconyanco/9610410/

デニムのジャケットにグレーのGU(ジーユー)のパーカーをコーディネート。GU(ジーユー)のパーカーは、フードの部分の立ち上がりがかっこよくデニムジャケットとの相性は抜群にいい。フードの立ち上がりが良いので、プチプラに見えないポイント。首まわりにボリュームがあるので小顔効果も高いのが嬉しい。ヘアスタイルは、邪魔にならないようスッキリとまとめてくださいね。グレーのニューバランスのスニーカーにカンケンのグレーのリュックで、よりカジュアルコーディネートでの完成です。

GU(ジーユー)パーカーメンズコーデ たっぷり10選

メンズにも大人気のGU(ジーユー)パーカーは、イマドキ男子はどう着こなすのが良い?シンプルなパーカーだからこそ、オシャレの幅を広げて色々と試したくなるのではないでしょうか。オシャレ男子の、GU(ジーユー)パーカーのコーディネートを10選、ご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

GU(ジーユー)パーカーxトレンチコートコーデ

https://wear.jp/hellokeisuk/14292142/

いつものベージュトレンチをカジュアルに着こなす時のマストアイテムが、プルパーカー。GU(ジーユー)のプルパーカーは着心地もよくシルエットが綺麗だからきれいめなコートやジャケットとも相性抜群!コートの下は、黒のスキニーパンツに黒のパーカーに足元はリーボックのパンプでボリュームスニーカーを選んでバランスよく着こなしています。

GU(ジーユー)パーカーxスキニーデニムコーデ

https://wear.jp/nsnsrn/14591089/

グレーパーカーにスキニーデニムという定番のコーデイネート。定番だけどマンネリに見えないのは、GU(ジーユー)の美シルエットのプルパーカーのおかげ。サイズ感は、あまり大きすぎないのを選ぶ方が大人の男性にも着こなせるコーディネートになりそうです。グリーンのニューバランスのスニーカーがポイントになっています。迷彩柄のキャップもかっこいい!

 

オーバーオールにGU(ジーユー)のパーカーでかわいいコーディネート

https://wear.jp/kkggggggg/15577819/

オーバーオール×パーカーのコーディネートは、男性にも人気。グレーのパーカーとデニムの相性も抜群に良い。足元は、水色のワークブーツをコーディネートしてとことん、カジュアルに。ブーツの紐のオレンジが、ポイントになり、よりかわいい印象です!こんな元気スタイルは、一緒にいるとワクワクして回りを明るくしてくれそう。

 

ダメージジーンズとGU(ジーユー)のパーカーのロックスタイル

クールなブラックのダメージスキニージーンズにベージュのGU(ジーユー)パーカーをセレクトしたコーディネートです。ジャケットは黒のブルゾンを選んでいます。全体をスッキリとまとめったロックスタイルは、かっこいい。腰に付けたボールチェーンもポイントになり素敵です。シンプルなコーディネートだからこそ、小物で攻めるのも良い。

ビックシルエットのGU(ジーユー)のパーカー コーディネート

濃いブラウンの足先に向かって少し細身になった大人っぽいシルエットのパンツをグレーのパーカーでカジュアルダウン。パーカーのサイズは少し大き目を選んでいます。光沢感のあるブルゾンもグレーのパーカーにマッチ。手元には、トレンドのレザーの巾着バックを。足元もしっかりしたレザーシューズを選ぶことで全体を秋らしくまとまっています。

人と差を付けるならGU(ジーユー)のパーカーは今年は霜降りグレーを選んでみて

霜降りグレーが新鮮です。いつものグレーよりも霜降りグレーが、プチプラには見えず少し高みえ効果もあります。黒のワイドパンツにグレーのパーカーのシンプルなスタイルですが、トレンド感満載です。ワイドパンツにコーディネートするパーカーのサイズは、ジャストサイズが良さそう。手元に持ったベージュの巾着バックがモノトーンのコーディネートを柔らかな印象にしてくれています。

ボリュームたっぷりダウンにだって負けないGU(ジーユー)のパーカー

https://wear.jp/goldmountain/13998161/

ノースフェイスのボリュームたっぷりのダウンにコーディネートしたGU(ジーユー)のパーカー。GU(ジーユー)のパーカーの立ち上がりも良いのでダウンに負けることなく着こなせます。男性らしいワイルドなスタイルです。パーカーに合わせた白のスニーカーも爽やかな印象でかっこいい。

オールブラックのかっこいいスタイルだってプチプラのGU(ジーユー)パーカーが使える!

https://wear.jp/moyammk/14318376/

黒のスキニーパンツに黒の細身のジャストサイズのGU(ジーユー)パーカーをコーディネート。パーカーの上には、レザージャケットでよりかっこよく着こなしています。パーカーの裾からは、白のTシャツをチラ見せ。ソックスも白を選んでるのがオシャレ上級者のポイント。もっとロックに着こなすならソックスだけ、赤や柄物を選ぶのも面白い。シンプルなスタイルだからこそ、男性らしく少しだけポイントカラーを使うとかっこよく仕上がります。

ビックシルエットを着るならやっぱりスキニーパンツが良い

黒のスキニーパンツにコーディネートしたのは、ローズレッドのビックシルエットのGU(ジーユー)のパーカー。ビックシルエットのパーカーをどうコーディネートするか迷ったら、まずはスキニーパンツをコーディネートするのが良い。バランスが取りやすく、スタイルアップにも繋がります。男性らしく着こなすには、少しボリュームのあるスニーカーや大きいリュックなどを選ぶとかっこいい。ハードなアクセサリーを選んだりと、小物で遊んでみるのも良いかも。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

秋を感じるブラウンコーデもGU(ジーユー)のパーカーでカジュアルダウン

https://wear.jp/takmi1268/15574700/

今年の秋冬は、春夏に続き、女性には爆発的人気のブラウンカラー。男性だって、かっこよく着こなせます。オールブラウンのコーディネートは、中でも地味になってしまう難しいコーディネートです。ブラウンカラーや素材感を少しづつアイテムのよって変えることでかっこよく着こなすことができます。こんな風に、ボトムスは、少し濃い目のブラウンを選んで、トップスは、優しいピンクブラウンをセレクト。ステンカラーのベージュのしっかりした生地のコートをカジュアルに着こなしています。足元は、パンツに合わせた濃いブラウンのスニーカーで。アイテム1つ1つはシンプルだけど、魅力的なコーディネートになっています。

GU(ジーユー)のマウンテンパーカーも超使える!マウンテンパーカーコーデ 10選

GU(ジーユー)スゥエットパーカーだけでなく、シンプルでプチプラ!サラッと羽織るのにもカッコイイ、GU(ジーユー)のマウンテンパーカーも注目です。季節の変わり目には、特に大活躍。アウターなのにプチプラで手に入るのが嬉しい。スポーツタイプだけでなく、無地のコーディネートしやすいタイプとカラーも種類も豊富に揃います。自分にあったお気に入りを見つけてみてくださいね。1枚あると便利なマウンテンパーカー。オシャレコーデ10選、ご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

マウンテンパーカーだけじゃない!ほぼほぼGU(ジーユー)でのコーデ

https://wear.jp/hime0823/9157074/

パンツもバックも、ニットももちろん、マウンテンパーカーもGUを使ったコーディネートです。プチプラには見えないオシャレコーディネートです。カーキのジャケットをポイントに、その他はブラックでコーディネート。パンツ×ヒールで大人っぽく女性らしいスタイルをマウンテンパーカーでカジュアルダウンしています。カジュアルが苦手な方もこんなスタイルならチャレンジしやすいのでは?

ほっこり系にだって、ベストマッチのGU(ジーユー)のマウンテンパーカー

https://wear.jp/yoahiru35/14160082/

トレンドのアイボリーカラーのワッフル素材のワンピースにブラウンのレギンスのレイヤードスタイル。足元は、スリッパ型のサンダルをチョイスが大人っぽい。シンプルだけど、ほっこりとした印象になるコーディネートにマウンテンパーカーをチョイスすることで、グッと引き締まる印象になります。ジャケットを羽織らないと少しぼけっとした印象になります。そんな時に活躍するのがマウンテンパーカーのスポーツ感。雰囲気を変える1枚として活躍しそう。

花柄ロングスカートとマウンテンパーカーのコーディネート

https://wear.jp/tomocm/14322872/

グリーンに大胆な花柄が素敵な女性らしいロングスカートにネイビーのマウンテンパーカーをコーディネートしています。ロングスカートを主役のコーディネートの邪魔をせず、程よくカジュアルダウンしてくれるマウンテンパーカーは優秀な1枚。トップスは、白のカットソーをインなーに加えることで、ネイビーのジャケットの重さもなくかっこよく決まります。足元は、パンプスもかわいいけどカジュアルダウンするならスニーカーをチョイスするのが良さそう。女性らしいスカートだからこそ、その他のアイテムをスポーティーにしても、女性らしさが素敵にまとまります。

GU(ジーユー)マウンテンパーカーx花柄ワンピースコーデ

https://wear.jp/ayalilyflower/14249329/

ガーリーな花柄ワンピースにGU(ジーユー)のスポーツライクなマウンテンパーカーを合わせたおしゃれコーデ。アスレジャーコーデにトライしたいけどハードルが高い!と思っている方、まずはいつものコーデにマウンテンパーカーを羽織るスタイルがオススメです!簡単に印象が変わる上にトレンド感も満載。一見、難しそうに見えますが普段の洋服との相性も良いのがマウンテンパーカーです。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

シャツワンピースのレイヤードスタイルにGU(ジーユー)マウンテンパーカー

https://wear.jp/mayshion/11985917/

大人気のシャツワンピース×デニムのレイヤードスタイルにも、しっくりくるネイビーのマウンテンパーカー。ワンピースとスニーカーは白で統一することで爽やかな印象になります。ネイビー×ホワイトのカラーも素敵。手元に持った巾着バックはレオパード柄をチョイスすることで、シンプルなコーディネートにメリハリがでてきます!小物で雰囲気を変えられるのも楽しいですね。大人のマウンテンパーカーコーディネートです。

GU(ジーユー)マウンテンパーカーxジャージーパンツコーデ

https://wear.jp/yakimaru2323/14594444/

スポーティーなスタイルにピッタリのGU(ジーユー)のマウンテンパーカー。プチプラには見えない高見えアイテムを上手にコーデに取り入れたスタイルは、トレンドですよね!着心地も良いファッションは、お出かけにぴったり。足元は、マウンテンパーカーにリンクしたネイビーをチョイス。マウンテンパーカーのラインやパンツのラインを含めて、白を上手に使うのがポイントです。ソックスも白にすることでグッと爽やかな印象になります。スポーティーなスタイルの際は、白を上手に使うのがポイントです。ぜひ、参考にしてみてください。

カーキのマウンテンパーカー×ボーダーコーデ

https://wear.jp/nojico223/8720652/

縦のラインを意識したスタイリングは、スタイルアップに繋がります。GU(ジーユー)のマウンテンパーカーは、カーキをチョイス。黒の膝丈のタイトスカートに黒のスニーカー、トップスは黒のボーダーTシャツをコーディネートしています。全体をIラインにすること、カラーを抑えることでスタイルが良く見えるコーディネートのポイントになります。そして、カジュアルの中にもこのマウンテンパーカーのハリのある生地が、ラフになりすぎずにまとまっています。

GU(ジーユー)のマウンテンパーカーを使ったトレンドのミルクティコーデ

https://wear.jp/nanavanilla/14212975/

今年は、特にブラウンカラーが気になる方も多いのでは?その中でも、ミルクティカラーコーデは、優しい印象になり注目です。でも、ベージュは顔を地味見せるなどと、苦手意識もあり心配することも多いとか。でも、GU(ジーユー)のマウンテンパーカーは、ハリのある生地で、さらに立体感のあるフード付きは顔まわり華やかにしてくれます。インナーに白を持ってくるとより顔まわりを華やかにしてくれます。ボトムスは、コーディロイの少し濃いめのブラウンをチョイス。足元は、vans(バンズ)のベージュのオールスターをセレクト。バックは、レザー調の巾着バックが今年らしい。全体をブラウンでまとめていますが、素材感を変えることで華やかさを失いません。ぜひ、参考に!

ウォールアートにだって負けないGU(ジーユー)マウンテンパーカーの元気コーディネート

https://wear.jp/megmyon/14439192/

完全に、GU(ジーユー)のマウンテンパーカーを主役にしたコーディネートです。グリーンのパーカーは、黒と白のラインがしっかりと入ったデザイン性がスポーツ感をたっぷり感じるアイテムです。デニム生地のフレアシルエットのロングスカートとコーディネート。デニムパンツよりも、女性らしくかわいい印象になり素敵です。足元は、すっきりとした印象のローカットの黒のスニーカーをチョイス。黒のボディバックがスニーカーとリンクしてより、スポーツ感があるけどかわいい印象です。元気いっぱいのコーディネートは、旅行にもぴったり。

レースのホワイトコーデ×GUマウンテンパーカー

https://wear.jp/32komiku/12083192/

レース素材が女性らしいフレアスカートのワンピースが素敵。足元は、赤のエナメルのバレーシューズ、手元には縦型のかごバックでより可愛らしくコーディネートしています。そんなかわいいコーディネートにGU(ジーユー)のカーキのマウンテンパーカーを羽織ることで、甘辛ミックススタイルに。かわいいアイテムをチョイスした時こそ、あえて反対のアイテムをコーディネートするのが今の気分にぴったりです。

まだまだ、気になるGU(ジーユー)スウェットプルパーカーコーデを更に10選 ご紹介します!

カジュアルアイテムのGU(ジーユー)のスゥエットパーカーのコーディネートは、まだまだ素敵なものがいっぱい。カジュアルなスタイルから、かわいいものまで、もう少しだけご紹介します。1人1枚、ゲットのGU(ジーユー)のパーカーコーデです。

大人っぽいカジュアルスタイルにパーカーは欠かせない

https://wear.jp/0028chi/14053252/

全身、ホワイトコーデのポイントになるのは、ボリュームのあるフードになりそう。大人のカジュアルは、こんなスタイルが良い。カラーはあんまり、使わないのがポイント。アイテムがカジュアルな時は、特に全体のカラーを抑えた方が良い。白のロングスカートは、黒のロングコートの裾から見えバランスもよく素敵。コートとリンクさせたハイカットの黒のコンバースのスニーカーをチョイス。手元には、レオパード柄のファーのバックがかわいい。ファーのバックとシフォン素材のスカートとの素材感の違いもオシャレ上級者の技が光るコーディネートです。

GU(ジーユー)パーカーxデニムスカートコーデ

https://wear.jp/hime0823/9487219/

カジュアルでラフだけど、ガーリーなかわいい雰囲気のコーディネート。デニムスカート×スウェットプルパーカーの定番コーデもアイテム選びでかわいい雰囲気は作れるんですね。パーカーとリュックの相性も抜群に良いカジュアルスタイルです。足元は、ローカットの白のコンバースをセレクト。爽やかで明るいコーディネートになります。

GU(ジーユー)パーカーx小花柄スカートコーデ

https://wear.jp/mre608/14080886/

トレンドのワッシャースタイルのスカートを、黒のプルパーカーできりりと締めたメリハリコーデ。カジュアルとエレガントのバランスがちょうどいいスタイルはデートにもピッタリです◎ 黒のパーカーは全体が引き締まるので、大人のパーカーとしてチョイスすると良いかも。カラーによって印象が変わるので自分のイメージするパーカーのカラーを選んでみてくださいね。

ライダース×パーカーでかっこよくコーディネート

https://wear.jp/sami223/11896832/

黒の水玉のスカートに白のGU(ジーユー)のパーカーをチョイス。アウターとして選んだ、黒のライダースジャケットから、パーカーのフードを出すスタイルは、かっこよく顔まわりを明るく見せてくれる効果も。足元は、あえて白のローカットのスニーカーを選んでパーカーとのリンクを。もちろん、黒のブーツや、スニーカーを選んでもかわいいが、ここではあえて白のローカットで抜け感を出すのが正解!黄色のStella McCartney(ステラマッカートニー)のショルダーバックも甘すぎず、ポイントになりかっこいい。

トレンチコート×パーカーのコーデがかっこいい

https://wear.jp/non07non12/13677023/

GU(ジーユー)には無地だけじゃない、かっこいいロゴパーカーにも注目です。実は、種類も多く、コラボアイテムなどもあり胸元のプリントがかっこいいものが多くあります。1枚だけでポイントになりますが、こんな風に、コートやジャケットのインナーとしてチョイ見せスタイルもかっこいい。グレーのパーカーとベージュのステンカラーのトレンチコートの相性も良い。デニムもウォッシュがないブルーカラーを選んでシンプルなアメリカンスタイルにまとめているのがかっこいい。アイテムのチョイスは、シンプルだからこそ、パーカーのロゴが活きるスタイルです。

パープルカラーのGU(ジーユー)のパーカーでかっこカワイイ!

https://wear.jp/tera1008/13876455/

メンズサイズの少しゆったりとしたシルエットのGU(ジーユー)のパーカーをロングスカートでコーディネートしています。インパクトのあるパープルのため、パーカーを主役にその他のアイテムはモノトーンで統一。スリットの入ったレギンスでレイヤードは抜け感がでて人気です。足元は、トレンドのvans(バンズ)のオールスターでよりカジュアルに。X-girl(エックスガール)の白のロゴがポイントになったボディーバックもカワイイ。

オールブラックが潔くかっこいいスタイルに!

https://wear.jp/madoka112/13988168/

細いスキニーパンツに、ブラックのGU(ジーユー)のビックサイズのパーカーをセレクト。腰回りまでしっかり隠れるサイズを選んでいます。「ビックサイズは、太って見えそう…」と心配する方も多いとか。そんな時は、スキニーパンツをコーディネートして、細い部分をしっかり出すことで、より女子の細さを強調されスタイルアップに繋がります。少し短めの蛍光グリーンのショルダーが目を引きポイントになり、目線も上になることでより、スタイルアップに繋がるテクニックです。

GU(ジーユー)のパーカーで叶う寒い時こそ着たい、オールホワイトコーディネート!

https://wear.jp/norinori27/11781885/

どうしても、寒い時期はアウター含めて、濃い色が増えてしまいます。街中は、男性も女性も黒っぽくなっているのではないでしょうか?そんな時に、オールホワイトのコーディネートは、目をひくスタイルと言えそう。白のワイドパンツに少しゆとりのあるサイズの白のGU(ジーユー)のパーカーをセレクト。パーカーの上には、白のジャケットをレイヤードしています。足元ももちろん、白のローカットのコンバース!バックは、PVCバック(クリアバック)を選んでより、重さを一切感じさせない完璧なオールホワイトコーディネートです。大人女性にとってカジュアルは、難しく抵抗がある方は、こんな風にワンカラーでのコーディネートは大人っぽくトライしやすのでは?

GU(ジーユー)のダブルジャケット×GU(ジーユー)のパーカーで大人のコーディネート

https://wear.jp/reoreo625/14288841/

プチプラのイメージのGU(ジーユー)は大人の女性だって楽しめるアイテムがたくさん揃います。プチプラを使って、大人っぽくコーディネートするのは、大人のオシャレ上級者だからできる技です。こちらの、今年注目のチェックのダブルジャケットもGU(ジーユー)だとか。ダブルジャケットのインナーにGU(ジーユー)のブラックパーカーをコーディネートしています。しっかりとフードが立ち上がるのでジャケットのインナーとしても大活躍します。足元はヒールで大人っぽくまとめて、レザーバックを持ち大人カジュアルの完成です。

ジャストサイズのGU(ジーユー)のパーカーなら、こんなコーディネートはどう?

https://wear.jp/711893/11717826/

秋冬になると心がそそられるチェック。今年は、特にチェックの当たり年!お気に入りが見つかりそうです。フレアーに広がったダークカラーのネイビーのチェックのスカートにネイビーのGU(ジーユー)のジャストサイズのパーカーをセレクト。ボトムスにボリュームがあるので、トップスはすっきりとしたコンパクトサイズにまとめています。もちろん、ビックサイズもトレンド感があって素敵だけど、ジャストサイズもアウターを選ばなかったり、バランスを取りやすかったりと着回しが効きます。好みで、イメージするサイズ感を選ぶのが重要になりそうですね。