GAP(ギャップ)のパーカー・フーディーのサイズ感をチェックしてオシャレにコーディネート!

大好きなアメリカブランドのGAP(ギャップ)のパーカーは、メンズ、レディース、キッズと大人気です。デザインだけでなく、サイズも多く揃うので色んな方がパーカースタイルを楽しむことができます。少し大きめのサイズ感が好きな方も、ピッタリサイズを選ぶこともお気に入りが必ず見つかるのが嬉しいGAP(ギャップ)のパーカー・フーディー。購入を決めても、GAP(ギャップ)はアメリカブランドのため、日本サイズと海外サイズで、サイズ感に悩む方も多いとか。そんなサイズを徹底解剖します!そして、GAP(ギャップ)のパーカー・フーディーを使ったワンランク上のオシャレコーディネートをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

GAP(ギャップ)メンズ、レディース、キッズのサイズ表で自分サイズを確認してみよう!

サイズが豊富に揃うのが嬉しいGAP(ギャップ)のパーカー、フーディー。お気に入りを見つけてもサイズ感に悩む方も多いとか。「メンズ」「レディース」「キッズ」と今回は、全てのサイズ表をご紹介します。自分サイズを見つけてみてくださいね。

【メンズ サイズ】XXS〜XL

GAPサイズ  身長  首回り  胸囲  裄丈
XXS  155〜163   33   80  81
XS  160〜168   33 1/2   85  82
S  165〜173   36   90  83
M  170〜180   39   95  84
L  176〜185   41   100  85
XL  183〜190   44   105  86

GAP(ギャップ)のパーカー・フーディーのメンズサイズは、身長だけでなく胸囲を参考にすると良さそうです。裄丈(袖)はXXSとXLの差は5センチあります。着こなしたいイメージも意識して選ぶと良い。メンズのXXSは、女性でも十分楽しめるサイズになります。選択肢の1つに入れても良いかも⁉︎

【レディース サイズ】XXS〜L

GAPサイズ  日本サイズ  バスト  ウェスト  ヒップ
XXS  5〜7  79.5      63      87
XS  9〜11     83      66      90.5
S   13     88      71      95.5
M   15     93       76      100
L   17    100     83.5      108

いつも日本サイズで「M」を着ている人は、GAP(ギャップ)のパーカー・フーディーをジャストサイズで選ぶ時は「XS」で良さそうです。少し余裕のあるスタイルが好みであれば「S」を選んでみてください。日本ブランドと同じサイズ感を選ぶと大きめになってしまうので注意が必要です。

【キッズ サイズ】

 GAPサイズ  参考年齢  身長
 XS ・5   5  110
 S  ・6・120   6〜7  120
 M  ・8・130   8〜9  130
  L  ・10・140   10〜11  140
 X L  ・12〜14・150〜155   12〜13  150〜155
 XXL・14〜16・155〜160   13  155〜160

キッズサイズのXLやXXLは、大人の女性でも小柄な方であれば着られます。デザインも子供だけでなく、大人でも十分に着こなすことができるものも多く揃います。子供と一緒に「おそろいコーデ」を楽しんでみては?

?GAPのサイズ全体に関しては、詳しくは以下をのぞいてみてください。

https://unisize.makip.co.jp/fashionize/article?ai=8102

【メンズ】GAP(ギャップ)パーカー× デニム コーディネート

カジュアルの定番のGAP(ギャップ)パーカーは、やっぱりデニムコーディネートがしっくりくる。「デニム」と一言で言っても、色々なデザインがあります。デニムも「スキニータイプ」や「ワイドタイプ」を選ぶことでイメージする雰囲気によって選んでみてくださいね。パーカーのサイズもワンサイズアップで着るとよりカジュアルに、キレイ目に見せるのであれば、ジャストサイズを選んでみてくださいね。

パッチワークが個性的なパーカーもGAP(ギャップ)のもの!一見、派手になりがちなパーカーだけども、パンツだけでなく足元のスニーカーまでのデニムブルーで統一されセンスよくまとまっています。ワンカラーコーディネートは、レディースファッションでも注目です。特に、デニムカラーであれば、重くなることなく爽やかにまとまります。

https://wear.jp/whitetea1213/13446875/

胸元にGAP(ギャップ)のロゴがカッコいい白の定番パーカー。爽やかに少しウォッシュされたストレートデニムにコーディネート。足元は、白のナイキのスニーカーととことん爽やかに。ブラウンのジャケットを羽織ることでグッと全体が締まります。

https://wear.jp/pond1206/14222428/

ふんわりとしたシルエットが「かわいい」ワイドパンツにエメラルドグリーンのGAP(ギャップ)のロゴパーカー。とことんかわいく、フードの紐はリボン結びに。パーカーのインナーには、ギンガムチェックシャツをボタンを上までしっかり閉めるのもポイント。足元は、パーカーとリンクしたVANSオールドスクールのエメラルドグリーン。ワイルドだけじゃないコーディネートも参考にしてみてくださいね。

https://wear.jp/yusei1383/14115216/

【レディース】GAP(ギャップ)パーカー・フーディー × スカート コーディネート

「パーカー×パンツ」コーディネートは、もちろんかわいいけれども女子ならスカート合わせも楽しんでみては?スカートの甘さをパーカー・フーディーをコーディネートするだけで甘×辛スタイルに。オンの日に着ているスカートをカジュアルダウンしてくれるGAP(ギャップ)のパーカーは1枚持っていると大活躍です。

今年、トレンドのプリーツスカートにコーディネートしたグレーのパーカー。ジャストサイズを選んでキレイ目にコーディネートすると大人カジュアルとしてピッタリ。あえて、手元にはレザーバックに足元もペタンコパンプスを。もちろん、スニーカー合わせもかわいいけど大人の女性ならば、ペタンコのパンプスを選ぶとバランスがよくまとまります。

https://wear.jp/toto03/14361260/

黒のタイトロングスカートに、オーバーサイズのパーカーをコーディネートが今年らしいシルエットに。足元は、アディダスのスニーカーを選んで抜け感をプラス。とことんカジュアルにまとめます。手元には、ワッペンがかっこいいカーキのクラッチバックがポイントになります。

https://wear.jp/mimimilove0220/8474618/

甘コーディネート主役のチュールスカートにGAP(ギャップ)のパーカーでカジュアルダウン。ヘアスタイルは、フードのボリュームに負けないようお団子ヘアに。リュックもスニーカーもコーディネートにピッタリ。

https://wear.jp/pyon94/8196409/

【キッズ】GAP(ギャップ)パーカー × 大人顔負けオシャレコーデ

とにかく「オシャレキッズ」がたくさん。もちろん、GAP(ギャップ)のパーカーをコーディネートした大人顔負けなスタイルも披露してくれています。そんなオシャレコーデ自慢のキッズもご紹介します。大人のファッションの参考になるかも⁉︎

花柄のロングスカートに少し大きめのビックシルエットのパーカーをコーディネート。足元は、レザーブーツを合わせて大人顔負けコーディーネート。ブーツからチラ見えするソックスは、GAP(ギャップ)のアップリケとリンクした水色!

https://wear.jp/ken711438/14440188/

パーカー×デニムジャケットの王道スタイルは、やっぱりキッズだって着こなせます。スキニーパンツをコーディネートすることで、小さな子供でもバランス良くまとまります。足元は、アディダスのベルクロで!

https://wear.jp/mminim1210/13464373/

元気いっぱいでかわいい!ビタミンカラーのパーカーとリンクしたニット帽で元気スタイル。黒のスキニーパンツで全体を引き締めています。足元は、派手な柄のスリッポンを合わせても負けないのは、子供のエネルギーもあるかも。

https://wear.jp/dpj010gt/14458544/

GAP(ギャップ)のスウェットパーカの値段は?気になる価格帯を調査してみました!

【GAP(ギャップ)パーカー レディース】

レディースのスウェットパーカーはメンズに比べるとアイテム数がやや少ないように感じられました。そして価格帯はおおむねどれも似たような価格帯が多いようです。基本的には¥5000-以上のアイテムが多く、フルジップのパーカーになると約¥1000-程値段が上がる仕組みのようです。ただギャップの場合は店舗でのセールや割引券などをかない頻繁に配ているので間違いなくそれを利用したほうがよさそうです。

【GAP(ギャップ)パーカー メンズ】

メンズのパーカーはレディースよりも種類が豊富に感じました。ただ現在オーバーサイズブームが引き続き人気を博しているので、メンズの小さ目サイズを女の子がコーデするのもありでしょう◎価格帯はレディースと同じような感じでした。基本的には¥5000-以上のものが多く、フルジップになると1000円の値上がり。またフロント部分にGAP(ギャップ)の代名詞でもあるロゴをプリントしてあるものでもあまり価格に差は感じられませんでした。ただ、プレミアムのパーカーになると一気に値段が跳ね上がり¥10000-知覚するアイテムもちらほら。セールや割引をうまく利用して購入することをお勧めします。