Danner(ダナー)のサイズ感について大調査!ライトやマウンテンライトのサイズ感は?Danner(ダナー)のサイズ表もご紹介!

アウトドアブーツの定番ブランドとして愛されるDanner(ダナー)。今回はそんなDanner(ダナー)のサイズについて大調査してきました!Danner(ダナー)のブーツの一つであるライトやマウンテンライトのサイズ感は?また、Danner(ダナー)のサイズ表とともに、Danner(ダナー)のブーツを用いたおすすめコーデをご紹介します!

Danner(ダナー)はアウトドアブーツの定番ブランド!

Danner(ダナー)はアウトドアブーツの定番ブランドとして知られる、靴を作成し販売しているブランドです。

1932年にDanner(ダナー)が創業された当初は、チペワフォールズでチャールズダナーが安い仕事用ブーツを5人の労働者と一緒に作っていました。

1979年には、靴企業では初めて"ゴアテックス"と呼ばれる、防水・透湿・防風性が抜群な素材を使用したシューズを展開し、ブーツのブランドとしての地位を確立させました。

軽量で快適を必須条件として、厳選された素材を使い、その高い技術力と時間をかけつつ丹念に手作業でシューズを作り上げるため、Danner(ダナー)のブーツはどんな時代にも通じるブーツとなっています

 

 

今回はそんなDanner(ダナー)の靴のサイズについて調査しました!Danner(ダナー)の商品の一つであるライトやマウンテンライトのサイズ感や、Danner(ダナー)のサイズ表、また、Danner(ダナー)のアイテムを用いたおすすめコーデをご紹介します!

Danner(ダナー)のブーツのサイズ表とサイズ感!

Danner(ダナー)のブーツのサイズ表

こちらが、Danner(ダナー)のブーツのサイズ表となります!

多くの場合は日本サイズに変換されていますが、Danner(ダナー)独特のサイズ表記で書かれている可能性があるのでこちらを確認してください!

JP(女性サイズ) Dannerサイズ表記(女性サイズ) JP(男性サイズ) Dannerサイズ表記(男性サイズ)
    24 6
    24.5 6.5
22 5 25 7
22.5 5.5 25.5 7.5
23 6 26 8
23.5 6.5 26.5 8.5
24 7 27 9
24.5 7.5 27.5 9.5
25 8 28 10
    28.5 10.5
    29 11

また、Danner(ダナー)のブーツは型番によって幅が違います。全てのモデルに全ての幅の展開があるわけではありません。

幅は順番にD、EE、W、EEE、EEEEがあり、Dに近づくなるほど細く、EEEEに近づくなるほど太くなります。

日本人の足は欧米人に比べて広く薄い人が多いと言われているので、Danner(ダナー)のブーツの幅はEEまたはWをおすすめします!

Danner(ダナー)のライトのサイズ感

はじめてDanner(ダナー)のブーツにゴアテックスが使用されたのがDanner Light(ダナーライト)です。そのため、防水・透湿・防風性が高いです!

誕生から30年たった現在でもDanner(ダナー)の象徴的存在となっています。

そして、現在もなおポーランドの工場でハンドメイドにこだわり、ステッチダウン製法と呼ばれる、軽くて屈曲性が良くなる製法で作られています!

Danner Light(ダナーライト)の幅はほとんどがEEという、広めのサイズ展開となっているため、時々選ぶシューズが細くて少し大きめにサイズを選んでいる方も、気にせずに普段のサイズを選ばれると良いと思います!

Danner Light(ダナーライト)自体クッション性が高いですが、インソールを加えてクッション性を高めたい方や厚手の靴下を履きたい方は、普段より0.5cm大きめでも大丈夫かと思いわれます!

しかし、Danner Light(ダナーライト)の種類によっては幅がEEでない可能性があるのでご注意ください!

また、Danner Light(ダナーライト)のレディース版は幅がMと呼ばれる、Dより細い作りとなっています。女性の方は男性の方より幅に注意してください!

Danner(ダナー)のマウンテンライトのサイズ感

Danner MOUNTAIN LIGHT(ダナー マウンテンライト)は1982年に発売されたマウンテンブーツです!

1960年代に発売されたDanner(ダナー)のマウンテントレイルと呼ばれるマウンテンブーツを系譜を受け継ぎつつ、Danner Light(ダナーライト)と同様にゴアテックスを採用してあり、こちらも高い防水・透湿・防風性を備えています!

その機能性や昔ながらのマウンテンブーツらしいデザインが、日本でも多くのファンを獲得しています!

こちらもメンズ用でしたら幅が大体EEですので、足の幅が広い方も気にせず履くことが出来ると思います!また、少しきつくても皮の部分が伸びれば履きやすくなるでしょう。

厚手の靴下を履く方やインソールを入れる方は少し大きめが良いと考えられます。

なお、こちらもDanner MOUNTAIN LIGHT(ダナー マウンテンライト)の種類によっては幅がEEでない可能性があるのでご注意ください!

また、Danner MOUNTAIN LIGHT(ダナー マウンテンライト)のレディース版は幅がMと呼ばれる、Dより細い作りとなっています。女性の方は男性の方より幅に注意してください!

Danner(ダナー)のブーツを用いたおすすめコーデをご紹介!

こちらでは、Danner(ダナー)のブーツを用いたおすすめコーデをご紹介します!

Danner(ダナー)のブーツ×迷彩柄カーキコーデ

https://wear.jp/redhorse009/13038065/

Danner(ダナー)のブラウンのブーツを使用したコーデです!

Danner(ダナー)のブーツのごつごつした雰囲気が、迷彩柄のアウターと合っているコーデですね!

同じブラウンでも、Danner(ダナー)のブーツとボトムスはそれぞれ違ったブラウンですので、統一感がありつつも色が被っている感じはありませんね!

Danner(ダナー)のブラックシューズ×七分丈ボトムスコーデ

https://wear.jp/sasatoshi/12776118/

Danner(ダナー)のブラックのシューズを使用したコーデです!

ブーツでなく足首が見えるシューズを選べば、先程のコーデとは違いスッキリとしたコーデに仕上げることができます!

Danner(ダナー)のブラウンのチロリアンシューズ×サスペンダーコーデ

https://wear.jp/figaro/11268050/

Danner(ダナー)のブラウンのチロリアンのシューズを使用したコーデです!

全体的にブルー系のアイテムが多いですが、Danner(ダナー)のシューズとサスペンダーのブラウンがいいアクセントとなっています。

Danner(ダナー)のブラウンブーツ×カーキジャケットコーデ

https://wear.jp/nakapka/13974239/

Danner(ダナー)のブラウンのブーツを使用したコーデです!

全体を落ち着いた色合いで抑えた分、Danner(ダナー)のシューズの明るいブラウンが映えて明るく見えますね!

Danner(ダナー)のブラックブーツ×サロペットコーデ

https://wear.jp/makaradakara/14373037/

Danner(ダナー)のブラックのブーツを使用したコーデです!

トップスとDanner(ダナー)のブラックのブーツで統一感を持たせつつ、大振りなサロペットがキュートなコーデとなっています。

Danner(ダナー)のオンラインショップで購入オンラインショップで購入した際に返品できるの?

靴をオンラインショップで購入する際は返品や交換ができるか、が気になる部分ですよね…

Danner(ダナー)のオンラインショップでは、未使用の状態において商品の品質上の問題(破損、汚れ)があった場合は、オンラインショップ側が送料を負担し返品や交換をすることができます!

しかし、交換商品がない場合は、返品になる場合があります。

また、購入者の都合による返品は送料、手数料等は購入者負担となります。

返品・交換は商品が到着してから8日以内に連絡する必要があります!

詳しい返品・交換方法は以下のサイトで確認してください!

https://store.stumptownjapan.com/shop/pages/scommerce.aspx