パラブーツ(Paraboot)のサイズ感徹底調査。コーデ5選&人気モデルのご紹介。購入前にチェックしたいサイズ感もリサーチしてみました!

フランスを代表するシューズブランドと言えば、みなさんご存知「パラブーツ」ですよね。快適な履き心地と高い防水性、革靴でありながら重厚にならない丸みのあるフォルムが特徴で、ビジネスシーンではもちろんカジュアルなコーデをアップグレードさせる万能アイテムとして他にはない独自の存在感を発揮し続けています。一目でパラブーツと分かるスタイリッシュな佇まいは、幅広い年齢層の"デキる男"から支持を受け続けている様子。今回は、パラブーツの魅力やきになる人気モデルからコーディネートなどたっぷりとご紹介!トレンドに左右されず、第一線で支持を受け続けている秘密を徹底解剖してみました!これであなたも"デキる男"の仲間入りかも!?

パラブーツ(Paraboot)とは

1908年にフランスにてレミー・リシャールポンヴェール氏が開いた小さな靴工房が元となったフランスを代表するシューズブランドが「パラブーツ(Paraboot)」。パリの上流階級から労働者や登山家まで、幅広い顧客層から支持を集めていた靴職人のリシャールポンヴェール氏は、1926年にアメリカへ渡航。このときアメリカ人が履いていたラバーブーツに可能性を見出し、帰国後ゴム底の靴を開発しました。ゴム素材にブラジルのパラ(Para)港から直輸入した天然ラテックスを使用したことから「パラブーツ(Paraboot)」のブランド名が名付けられたそうです。100年以上の長きに渡ってシューズブランド界に残してきた功績は計り知れませんね!

http://boq.jp/paraboot/

創業から100年を越える現在は世界でも指折りの革靴ブランドへと成長を遂げましたが、とりわけ母国での評価は絶大です。フランスの家庭では、「大人になったらパラブーツを履け」と伝えられるほどに、ひとつの文化として深く根付いているようで、フランス人のパラブーツへの尊敬と愛情の深さが伝わってきますね。今となっては世界中に店舗を構えているパラブーツですが、1908年から変わることなく"MADE IN FRANCE"を貫いているところも"デキる男"を魅了するポイントになっています。

https://mens.tasclap.jp/a3567

フランス国内外の工場では、気の遠くなるようなほどの膨大な工程を経て作り上げられるシューズは、圧倒的なクオリティを約束してくれます。使用する原料も70%以上がフランス製と言う徹底ぶりで、創業からブレることのない実直さこそが本物を知るおとなの"デキる男"から熱い支持を受ける理由だと言えるでしょう。パラブーツを履くことで、シャキッと身が引き締まる思いがして、仕事にも打ち込める。なんて声が多いのも納得ですね。

https://www.mybrands.jp/top/recruit_detail?r=0tgkTA%253D%253D

ビジネスシーンからカジュアルなシーンまで幅広い着まわしがデキるパラブーツのシューズラインナップ。早速オススメのシューズをご紹介していきましょう!

 
 

パラブーツ(Paraboot)オススメモデル

パラブーツ(Paraboot)Chambord(シャンボード)

https://www.paraboot.com/ja/product/1934

パラブーツのアイコン的存在の「Chambord(シャンボード)」日本では2014年、雑誌「Begin」にて年間で10回も取り上げられ、同誌のファッションアイテム売上市場最も売れるほどの大ヒットを起こした至極の一足です。もちろん一過性のブームではなく、1920年に原型となるモデルが開発されて以降、今日に至るまで世界中から人気を集めるフランスの誇りとも言える革靴です。登山靴の木型を元に作られたこのUチップシューズは、シャンボードのために開発されたと言われるリスレザーをアッパーに、独自開発のPARATEXラバーソールをノルヴェイジャン製法で縫い付けている。まさにパラブーツの技術力を結集した一足だと言えるでしょう。パラブーツ初心者の方にオススメしたい間違いない一足です!!

パラブーツ(Paraboot)Barth(バース)

https://www.paraboot.com/ja/product/1957

デッキシューズの王様とも呼ばれる、パラブーツを代表するデッキシューズといえば「Barth(バース)」ですよね。夏の定番カジュアルシューズとしても有名で、爽やかで都会的な外見を持ちながら、MARINEラバーソールを採用した機能面はフランス海軍に公式使用されるほどのクオリティ。シックなものから軽快なものまで、選ぶカラーによって異なる表情を楽しめるのもおしゃれな大人のおしゃれ心に火をつけますよね。ロールアップしたデニムと合わせたカジュアルスタイルも、スーツでビシッと決めたきれいめなスタイルもお手の物!一足あればどんなシーンにも対応できるパラブーツのBarth(バース)は大人の必須アイテム。

パラブーツ(Paraboot)Coraux(コロー)

https://www.paraboot.com/ja/men/loafer/corauxmarine-miel-lis-whisky

トラッドな雰囲気漂うパラブーツのローファー一番人気といえばこの「Coraux(コロー)」です。前述の「バース」をベースに作られたローファーで、ソールも同じくMARINEラバーソールが採用されているため、防水性が高く水に滑りにくいのが強み。ハンドソーンで仕上げられたアメリカンな一足は、光沢のある革にも高級感を感じますよね。ローファー特有の硬さもなく、こだわりぬいた最上級の革を使用しているため、履けば履くほど味わいの出る名品と言えるでしょう。カジュアルな抜け感コーデにもピッタリのアイテムです。

パラブーツ(Paraboot)サイズ表

革靴はスニーカーやサンダルと違って、その特殊な素材からサイズ選びが少し難しいのが気をつけないといけないポイントです。いつものサイズ感で購入してしまって、大きかった!なんて失敗はよくある話。店舗に行ける方は専門のスタッフさんの元、自分にピッタリのサイズを一緒に選んでもらいましょう。ネットなどで購入する方は以下のサイズ換算表を参考にしてみてくださいね。

パラブーツ(Paraboot)サイズ換算表(メンズ)

UKサイズ(ミカエル以外) FRサイズ (ミカエル) JPN参考サイズ
UK5 FR39 23.5cm
UK5.5 FR39.5 24cm
UK6 FR40 24.5cm
UK6.5 FR40.5 25cm
UK7 FR41 25.5cm
UK7.5 FR41.5 26cm
UK8 FR42 26.5cm
UK8.5 FR42.5 27cm
UK9 FR43 27.5cm
UK9.5 FR43.5 28cm

上のサイズ表を元に選ぶと良いのですが、まずは革靴の特徴をおさらいしてみましょう。パラブーツの革靴は大きめの作りになっているので、購入段階では若干きついくらいのサイズがオススメです。履き込んでいくほど革が伸び、そこが沈んでサイズ感が変わってしまうからです。特にシャンボードなどは靴の中が広いという特徴もあるので、足幅が広く甲が低めの方は普段より1.5cmくらい小さめを選んでもいいかもしれません。

https://item.rakuten.co.jp/gmmstore/paraboot-710707/

せっかく購入したパラブーツ、サイズが合わなくて全然はいてない〜なんて頃にならないように、きちんとサイズ表を見て自分に合ったサイズ感を知ってから購入してみてくださいね。

パラブーツ(Paraboot)コーデ

パラブーツ(Paraboot)xブラックコーデ

https://wear.jp/nagi1107/14508519/

全身ブラックのシックな装いに、白のソックスでアクセントをつけたスタイリッシュなコーディネート。全身黒でも差し色で白が入るだけで大人っぽく上品なコーデに仕上がりますよね。足元はスニーカーでなくあえてパラブーツのローファーをオン。いつものコーデの足元を変えるだけで印象もガラリとチェンジできるから靴のバリエーションは多い方が◎

パラブーツ(Paraboot)xチェックシャツコーデ

https://wear.jp/tohru0328/14493496/

ギンガムチェックのシャツに黒のストレートパンツを合わせた王道の大人カジュアルコーデ。ちょっと大人っぽく仕上げたい時は、パラブーツのアイコンシューズ"Chambord(シャンボード)"で仕上げるのがおしゃれのポイントに。足首が見える絶妙な丈感にも、普段からおしゃれに気を使っているのがわかりますよね。ビジネスシーンだけじゃない休日コーデにも活躍してくれるパラブーツから目が離せない!