Gramicci (グラミチ)のサイズ表とサイズ感を解説します!ウエストのサイズ感は?サイズ選びのポイントとおすすめコーデもご紹介

カリフォルニア発の親しみやすいソフトなクライミング・アウトドアウェアを発表し続けているGramicci(グラミチ)。そのデザイン性の高さから、今やタウンユースアイテムとして大人気のブランドです。上質な素材とシンプルなデザインにファンも多く、ハーフパンツなど定番のアイテムは人気となっています。今回はそんなGramicci(グラミチ)のおすすめコーデと気になるサイズ感を中心にご紹介します!人気のNNパンツやショーツ、デニムからトップスまで、サイズ選びのポイントも解説するのでぜひチェックしてくださいね。

Gramicci (グラミチ)とは

ストーンマスターと呼ばれた伝説のロッククライマーが創設したアパレルブランド「Gramicci (グラミチ)」。クライマーにとっては昔からの定番で、良質なクライミングウェアを展開してきました。しかし、最近ではロッククライミングの枠を飛び越えて、タウンユースにまで浸透していることをご存知でしたか?

そんなGramicci (グラミチ)はアメリカで1982年に創立したアパレルブランドです。Gramicci (グラミチ)の生まれた土地はカリフォルニア州西部で、そこにはヨセミテ国立公園という場所がありました。ヨセミテ国立公園は、「ロッククライマーの聖地」と呼ばれるほどロッククライミングが盛んに行われており、そんな中でストーンマスターという称号を得るほど著名なクライマーである、マイクグラハム氏が創立したのがGramicci (グラミチ)なのです。つまりは、Gramicci (グラミチ)はロッククライミングに適したウェアを製造するために生まれたブランドということです。

そのようなブランドは数が少なかったので、Gramicci (グラミチ)は瞬く間にロッククライマーからの支持を集めたのは必然と言えるでしょう。しかし、近年ではスポーツという枠を飛び越えて、ファッションアイテムとしてタウンユースに取り入れられているのです。

シンプルながらほどよいルーズさがカジュアルでリラックスした印象の着こなしに。それでいて上品な印象にも。そんなGramicci (グラミチ)の人気のアイテムやサイズ感を早速調べていきましょう。

Gramicci (グラミチ)の人気アイテム

まずは、Gramicci (グラミチ)の中でも定番となっている人気アイテムをご紹介いたします。

Gramicci (グラミチ)NNパンツ・ナローパンツ

https://wear.jp/item/24483779/

Gramicci (グラミチ)の中でも、大定番と呼べるのがこのNN(ニューナロー)パンツです。もともと存在していた「ナローパンツ」をよりタウンユース向けにデザインしたモデルとなっています。シンプルで合わせやすいのが特徴で、カジュアルから綺麗めにまで対応してくれるでしょう。

太ももあたりはルーズな印象ですが、裾に向けてややテーパードになっているので動きやすくきれいなラインになっています。 太ももなどにハリのある男性もカバーしながらもきれいなパンツスタイルが楽しめます。ボリュームのあるスニーカーなどとも好相性です。

そして、前述したようにGramicci (グラミチ)はクライミングウェアのブランドです。このパンツも、クライミング仕様が残っていて外見以上にストレッチ性が強く、とても動きやすいというメリットもあります!ちょっとしたアウトドアや、ハイキングなどのレジャーでも活躍してくれそうな汎用性の高いアイテムとなっています。

Gramicci (グラミチ)ショーツ・ハーフパンツ

https://wear.jp/item/30123856/

続いては、真夏に大活躍しそうなハーフパンツです。写真のものはゆったりとしたカジュアルなテイストですが、フィット感のあるした本格クライミング仕様のタイプもあります。Gramicci (グラミチ)のパンンツではデフォルト仕様なのですが、ベルトでウエスト調整ができるのが嬉しいポイント!

そして、基本的にはナローパンツのハーフバージョンといったような仕様であるため、こちらも見た目以上のストレッチ性を誇ります。アウトドアなどのアクティブなシーンにも対応してくれるでしょう。

Gramicci (グラミチ)デニム

https://wear.jp/item/6697413/

クライミングウェアのブランドであるGramicci (グラミチ)ですが、タウンユースを意識したアイテムも年々増えてきてます。本来ならクライミング向きではないデニム生地のパンツも展開しているようです。見ての通り非常にシンプルなデザインで、調整ベルトも付いているため使い勝手は折り紙付き!

さらにこちらもナローパンツの系譜であるため、強力なストレッチ性を誇る一品。「あくまでもクライミングウェア」といったようなGramicci (グラミチ)のこだわりを感じさせます!しっかりと動きやすさにも配慮したアイテムは、アウトドアからタウンレジャーまで幅広く活躍してくれるでしょう。

Gramicci (グラミチ)のパンツサイズ表

Gramicci (グラミチ)のパンツを購入する前にチェックしたいのが、サイズ感です。カジュアルなパンツが多いのでシルエットはゆったりめなデザインが多く、ジャストサイズというよりかは1サイズ大きいサイズを購入する方も多いようです。Gramicci (グラミチ)で人気のショートパンツのサイズ表を見ていきましょう。

【Gramicci (グラミチ)パッカブルGショーツ】

https://store.gramicci.jp/c/ext/standard/packable-g-shorts

綿のように柔らかい風合いでナチュラルな表情に織り上がり、耐久性にも優れ、何よりも軽量な点もポイントである特殊ナイロン素材を使用したパッカブルシリーズのショートパンツです。パッカブルはすぐ乾くので、アウトドアやレジャーでも一役かってくれますよ。

Gramicci (グラミチ)の代名詞でもあるオリジナルショーツ、GーSHORTSをベースにデザインされています。定番だからこそサイズ選びに失敗したくない!という方は以下のサイズ表をチェックしてください。

グラミチボトムスサイズ表記 S M L
総丈(㎝) 46.5 48.5 50.5
前股上(㎝) 24.5 25.5 26.5
股下(㎝) 22 23 24
ウエスト最小(㎝) 64 70 76
ウエスト最大(㎝) 93 99 105
ヒップ(㎝) 101 107 113
渡り(㎝) 34.3 35.8 37.3
裾幅(㎝) 30 31 32
グラミチボトムスサイズ表記 XL XXL
総丈(㎝) 52.5 54.5
前股上(㎝) 27.5 28.5
股下(㎝) 25 26
ウエスト最小(㎝) 82 88
ウエスト最大(㎝) 111 117
ヒップ(㎝) 119 125
渡り(㎝) 38.8 40.3
裾幅(㎝) 33 34

こちらがサイズ表になります。S~XXLと5サイズ展開なのが嬉しいですよね。特徴的なのが「ウエスト最小」と「ウエスト最大」という項目があるところ。Gramicci (グラミチ)のパンツはアジャスター付きなので、シーンに合わせて締めたりゆるめたりと着回せるのが魅力のひとつです。

単純に考えるとウエストの最小に収まるのであれば、そのパンツが着こなせると考えてよさそうです。けれどもGramicci (グラミチ)は、ややゆったりしたサイズ感を楽しみたいブランド。やや大きめサイズをウエストのアジャスタで締めるように着ることで、パンツ全体のシルエットに変化が出るのでオススメです。腰回りの体型カバーにもなりますよ。

Gramicci (グラミチ)のトップスサイズ表

Gramicci (グラミチ)のトップスはXS~XXLと6サイズも展開しています!どうやってサイズを選んだらいいか悩みますよね。Gramicci (グラミチ)の定番のTシャツのサイズ表を見ていきましょう。

【Gramicci (グラミチ)】サンセットスリットTシャツ

https://store.gramicci.jp/c/mens/tops_tshirts_m/sunset-slit-tee

ヴィンテージライクなSUNSETグラフィックをプリントした、ビックシルエットTシャツです。ドロップショルダーと両サイドに入ったスリットで、適度なこなれ感を演出できるのがおすすめポイントです。 ハーフ袖のような長めの袖のデザインがおしゃれっぽいですね。

グラミチトップスサイズ表記 XS S M
着丈(㎝) 65 69 71
肩幅(㎝) 57 59 61
身幅(㎝) 60 63 66
裾幅(㎝) 60 63 66
袖丈(㎝) 21 22 23
グラミチトップスサイズ表記 L XL XXL
着丈(㎝) 73 75 78
肩幅(㎝) 63 65 67
身幅(㎝) 69 72 75
裾幅(㎝) 69 72 75
袖丈(㎝) 24 25 26

上記がトップスのサイズ表です。 袖丈はあまり変化がありませんが、サイズアップに伴い注意したいのは着丈の長さです。XSとSでは4cmも変わるので、シルエットに大きな影響がありそうです。

ゆったりしたシルエットがトレンドの今、Gramicci (グラミチ)のTシャツなら豊富なサイズ展開からセレクトできるので、1サイズ2サイズアップで購入するのもアリです。シルエットもドロップショルダーなら肩幅のあまりを気にする必要がないのでサイズアップもおすすめできます。首元がしっかりしまっているので、サイズアップしても間延びせずきれいに着こなしていただけますよ。

着こなすシーンに合わせてサイズ選びを変えてみるのもいいかもしれませんね。もちろんメンズアイテムを女性の方が着ても可愛いですよ! アウトドアシーンでのリンクコーデもおすすめです。

Gramicci (グラミチ)のおすすめコーデ

続いては、Gramicci (グラミチ)を利用したおすすめコーデをご紹介いたします!

Gramicci (グラミチ)✖️黒パンツコーデ

https://wear.jp/kawno/14558050/

グラミチの白Tシャツに黒のパンツを合わせたカジュアルコーデ。白Tシャツにロング丈のカットソーを合わせたレイヤーコーデがとてもかっこいい着こなしです!少し着こなしが単調に感じる時は、スニーカーの靴紐を赤に変えるなど少し工夫すると◎

Gramicci (グラミチ)✖️ハーフパンツコーデ

https://wear.jp/takehiroshinmyo/12339418/

こちらもGramicci (グラミチ)のハーフパンツを着用していいるコーデです。定番カラーのオリーブグリーンは、合わせやすいので人気カラーでもあります。写真ではシンプルなロンTと組み合わせているようで、大人の休日コーデといったところでしょう。男性のハーフパンツは、全体的に暗めのトーンで揃えることで 上品に大人っぽく着こなせるのでのでおすすめです

Gramicci (グラミチ)✖️ニットベストコーデ

https://wear.jp/3287yo/14481647/

こちらはGramicci (グラミチ)のデニムをチョイスしたコーデ。コットンセーターという綺麗目なアイテムと合わせていても違和感はなく、大人の男性でも利用しやすいでしょう。やや細身なタイプのデニムのようですが、テイパードなデザインなので、はき心地が楽チンなのも嬉しいポイントですね。シューズはノースフェイスとアウトドア系のものを着用していて、定番とは少し違いますが意外なほど馴染んでいます。 Gramicci (グラミチ)アイテムを用いたタウンユーススタイルです。

Gramicci (グラミチ)✖️ホワイトデニムコーデ

こちらはGramicci (グラミチ)の白のデニムを着用したシンプルな着こなしです。機能性パーカーを合わせたアウトドアアイテムのコーディネートですが、 ホワイトデニムを持ってくることで上質のタウンユーススタイルに仕上がっています。スポーティーなアイテムを使用しながらも 全体的に上品にまとまっていますね。

Gramicci (グラミチ)× スウェットコーデ

https://wear.jp/ryopin11/14560020/

こちらもGramicci (グラミチ)のハーフパンツをチョイスしているようですが、個性的なコーデに仕上がっています。スウェットやアウトドアテイストのハットなどアイテム単体はシンプルなものですが、トータルの色合いを淡くするだけでかなりオシャレっぽい印象に。Gramicci (グラミチ)でも合わせ方次第でこのようなやわらかいスタイルも作れるようです。

Gramicci (グラミチ)好きにおススメ!パタゴニアのおしゃれアイテムのご紹介。

山好きにはたまらないブランドGramicci (グラミチ)ですが、パタゴニアも負けてはいません!ここではあなたにおススメしたいパタゴニアアイテムをご紹介!