asics(アシックス)の洋服サイズ感&スニーカーサイズ表を徹底リサーチ!おすすめコーデもご紹介いたします!

日本が世界誇るスポーツ用品メーカーであるasics(アシックス)。古くからスポーツシーンで愛用されていますが、実は最近ではタウンユースとしても利用されているをご存知でしたでしょうか?どこかレトロな雰囲気のあるasics(アシックス)スニーカーは、お洒落に敏感な若者を中心にファッションアイテムとしても注目を集めているのです。今回はasics(アシックス)のスニーカー&ウェアのサイズ感と、タウンユースとしてasics(アシックス)を利用したおすすめコーデをご紹介いたします!

asics(アシックス)とは

asics(アシックス)は、スニーカーやアスレチックウェアなどの数々のスポーツ用品を製造するブランドです。

日本が世界に誇るスポーツメーカーで、バスケットボール、マラソン、バレーボールなどではプロからも支持されているほど高い性能を持つ製品が数多くあります。

そして、本格スポーツ用品でありながら、同時にファッションアイテムとしても昨今では注目を集めています。

asics(アシックス)の歴史

asics(アシックス)は戦後から復興の兆しを見せていた1949年に商業されました。当時は「鬼塚株式会社」という社名だったそうです。

創業当初はわずか4人という小規模な企業でしたが、1950年にasics(アシックス)が最初に手がけたスポーツシューズである「バスケットボールシューズ」で注目度を高めたのです。

その後も革新的な技術を用いたマラソンシューズを開発し、その規模を拡大していきます。さらに、1969年には「コルテッツ」というトレーニングシューズを米国に向けて販売。

asics(アシックス)というブランドが世界的に知られるきっかけとなってのです。

asics(アシックス)がファッションアイテムとして注目されている理由

asics(アシックス)という名前のブランド名となる前は、「オニツカタイガー」という社名でした。そして、その当時に販売されていたシューズが近年で復刻されることとなったのです。

当時は本格的なスポーツシューズとして名を馳せていましたが、現代においてはそのレトロなデザイン性が若者たちから注目されるようになり、ファッションアイテムとして取り入れられるようになりました。

現在では、スポーツだけでなくタウンユースなどでも当たり前のように愛用されています。

asics(アシックス)ウェアのサイズ表

 まずはasics(アシックス)のウェアのサイズからご説明していきます。以下の表はTシャツのサイズ表記となっています。

SS S M L O XO 2XO

「O」というのはXLのことを指します。「XO」がXXL、「2XO」がXXLといっったところです。日本メーカーなので、大きめだったり小さめだったりすることはなく、サイズ選びはそれほど難しくありません。本格的なスポーツウェアであれば、ややタイトめな傾向にあるのでその点はご注意ください。

asics(アシックス)シューズのサイズ表

asics(アシックス)のスニーカーのサイズ展開は以下のようなものです。

23.0cm 23.5cm 24.5cm 25.0cm 25.5cm 26cm
26.5cm 27.0cm 27.5cm 28.0cm 28.5cm 29.0cm
29.5cm 30.0cm 30.5cm 31.0cm    

このように、幅広く展開しています。さらに、asics(アシックス)は足幅に関しても以下のような規格があります。

NARROW 細身の設計となっており、本格スポーツ向けのシューズに多い規格です。
STANDARD 日本人の足型にフィットしやすいように設計された規格です。
WIDE 足幅が広い方向けで、ゆとりのある横幅が特徴。

基本的にはスポーツシューズであるため、サイズ展開の幅が広いのが特徴。自身の足型にピッタリなものが見つかりやすいでしょう。

asics(アシックス)のおすすめコーデ(タウンユース)

続いてはasics(アシックス)を用いたおすすめコーデをご紹介していきます。今回は、タウンユースでasics(アシックス)のスニーカーを利用したコーデをピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

https://wear.jp/acacia317/14497424/

オールブラックのコーデにasics(アシックス)のスニーカーを合わせたスタイルです。コンバースなどのシンプルなアイテムが定番でしょうが、あえてasics(アシックス)を利用している点がこだわりを感じさせます!カラーは白黒の定番なので、色々なコーデに着回せそうです。

全体的にゆったりとしたフォルムは今風で、だからこそレトロさを感じさせるasics(アシックス)のスニーカーの存在感が際立ちます。レイヤードは時期によっては少し暑そうですが、1枚でも十分にお洒落な着こなしが楽しめるでしょう。

ボトムスがスキニーなのは韓国ファッションの流れでしょう。流行に敏感な方におすすめなコーデです!

https://wear.jp/my613/14488594/

こちらはハードなダメージジーンズと合わせて個性派ファッションです。ジャケットを脱いでも個性的な雰囲気が十分に出ますので、夏コーデとしてもおすすめな着こなしとなっています!着心地も楽チンなので、普段着として使いやすいの嬉しいポイント!

本来はスポーツ仕様のasics(アシックス)スニーカーは、このようにダメージの大きいパンツとはやや不釣り合いになりそうですが、しっかりと馴染んでいます。これは、ベージュという渋みのあるカラーでスポーティーさを抑えているからでしょう。

あまり色を使いすぎていないasics(アシックス)スニーカーなら、初心者でも着こなしやすいのでおすすめです!

https://wear.jp/colorholicman/14504062/

こちらは、かなりハイテク仕様のasics(アシックス)スニーカーを利用したコーデとなっています。使いやすいブラックのスニーカーですが、蛍光色を差し色としてあしらっているため、存在感抜群の一品です。タウンユースとして使えば、主役となってくれるでしょう!

スニーカーの存在感が強いのでシンプルな合わせが定番ですが、こちらはカモフラ柄のシャツという「攻めた」アイテムと合わせています。チグハグな印象となってしまいそうですが、しっかりとまとまっている点に注目!意外なほど、スニーカーとシャツが馴染んでいます。

どちらかというと上級者向けのコーデですが、スニーカー自体はとても使いやすいので、シンプルコーデのアクセントとして利用してみるのもおすすめ!

https://wear.jp/wailee/13822300/

どちらかと言うと男性から支持されているasics(アシックス)スニーカーですが、女性でもコーデに取り入れる方が増えています。こちらは、スェットにパーカーというスポーティーなスタイルに黒のasics(アシックス)スニーカーをチョイスしています。

スポーツテイストのアイテムと相性が良いのは当然ですが、写真で見るとそれほどスポーツ色が強くないのがポイント!モノトーンでまとめているため、雰囲気が引き締まっているのと、クラシカルなサングラスも一役かっているのでしょう。

普段着として使いやすいのはもちろん、ちょっとしたレジャーシーンなどにも適しています。

https://wear.jp/miskyshaw/10828514/

実はasics(アシックス)スニーカーはレトロな雰囲気があるため、タウンユースとしては個性派ファッションと相性が良いのです!それをわかりやすく体現しているのが写真のようなコーデ。ご覧の通り、レディースファッションの中でもとても攻めた仕上がりに!

グリーンを基調としたオーバーサイズコーデに、白のasics(アシックス)スニーカーを合わせています。asics(アシックス)の持つレトロさは、個性的なアイテムと並んでも相殺されていません。むしろ、より際立っていると言えるでしょう!

クラシカルなティアドロップサングラスとも意外なほど相性が良いのもポイント!上級者向けのコーデではありますが、オールホワイトのasics(アシックス)スニーカーはとても使いやすいので、色々なファッションに合わせられます。