UGG(アグ)のサイズ感を攻略して、ベストサイズを履きこなそう!!

発売以来ファンを増やし続けているオーストラリア生まれのムートンブーツと言えば「UGG(アグ)」ですよね。寒い冬の足元を温めてくれるのはもちろん、ここ最近は夏にビーチサンダル型のUGG(アグ)を履くのがセレブやモデルの間でブームに。極上のムートン生地を使用しているので裸足でも快適に履き続けることができるのが最大の魅力。ブーツ型に始まり、モカシンやスリッポン、サンダルやルームシューズまでたくさんの人気商品をリリースしています。まだUGG(アグ)を持ってないけど、今年こそは購入したいと思っている方必見のUGG(アグ)のサイズ選びをご紹介!おしゃれに履きこなす春夏のコーデまでUGG(アグ)の気になるあれこれを徹底解剖しました。オールシーズン使えるUGG(アグ)で足元のおしゃれを楽しんでみてくださいね!

UGG(アグ)とは

UGG(アグ)のブーツは今でこそファッションの一部としてスニーカーやブーツ、パンプスなどと並んでワードローブの基本となっていますが、それもここ20年ほどの話。このUGG(アグ)のムートンブーツがファッション界に登場したのは、今までにないほど画期的なことだったんです!1978年に南カリフォルニアでオーストラリア人サーファーによって立ち上げられたUGG(アグ)は、その後ファッション界に大きな影響をもたらすほどにまで成長したシューズブランドです。

https://australiahereandnow.com/ugg/

シープスキン素材を贅沢に使用し、海上がりの寒い冬の足元を温めてくれる高性能シューズとして開発されたUGG(アグ)。その機能性に高いデザイン性が備わったことにより、カリフォルニアから世界に向けて発信されていったのです。何よりUGG(アグ)が人気となったポイントは、裸足で履ける快適性があること。海上がりにそのまま裸足で履けて、なおかつ保温性も高い。さらに暑い夏でも汗をかきづらく、さらっとした履き心地を実現してくれたおかげで、素足で履ける気持ちの良いシューズとして瞬く間に定着していったのです。

https://www.ugg.com/jp/classic-mini-ii/1016222.html?dwvar_1016222_color=BLK#start=19&cgid=women-footwear

2000年代初期になると、あの世界的ファッション雑誌VOGUEのカバーを飾るなど、本格的にファッションシーンに台頭し、カジュアルなだけじゃない、スタイリッシュなシューズブランドとしての地位を確立します。2003年には、ブルーとピンクのパステルカラーで彩られたクラシックブーツが登場し、ブランドの人気・認知度を一気に上昇させます。

その後も数々のハイブランドとのコラボも話題となり、セレブ愛用率も急上昇!何と言ってもその極上の履き心地は一度履いたら病みつきになること間違いなしで、寒い冬は毎日UGG(アグ)のブーツを履いて乗り切っている何て人もたくさんいるほどです。きめ細かな感触を大切に丹念な施工が施されたグレードAのツインフェイスシープスキンのみを使用したUGG(アグ)は、今こそ欲しいマストアイテムに認定!

海上がりにラフに履きたいブーツアイテムから始まったUGG(アグ)は、今も進化を遂げ毎年ニューアイテムをリリースしている世界的なシューズブランドなんです!!

UGG(アグ) サイズ感

UGG(アグ)をまだ持っていない人が、購入前に気をつけたいのがそのサイズ感。ブーツタイプは特にインナーにびっしりシープスキン加工が施されているので、フィット感は高め。ただ、履いていくうちにインナーの毛が寝てくる感じになるので、最初少しきついなと感じるサイズ感でも徐々に馴染んでくるので安心してください。

UGG(アグ)レディースサイズ表

US UK EU JAPAN(cm)
5 3 36 22
5.5 3.5 36.5 22.5
6 4 37 23
6.5 4.5 37.5 23.5
7 5 38 24
7.5 5.5 38.5 24.5
8 6 39 25
8.5 6.5 39.5 25.5
9 7 40 26
9.5 7.5 40.5 26.5
10 8 41 27
10.5 8.5 41.5 27.5
11 9 42 28
12 10 43 29

UGG(アグ)メンズサイズ表

US UK EU JAPAN(cm)
5 4 38 23
5.5 4.5 38.5 23.5
6 5 39 24
6.5 5.5 39.5 24.5
7 6 40 25
7.5 6.5 40.5 25.5
8 7 41 26
8.5 7.5 41.5 26.5
9 8 42 27
9.5 8.5 42.5 27.5
10 9 43 28
10.5 9.5 43.5 28.5
11 10 44 29
11.5 10.5 44.5 29.5
12 11 45 30

上記がUGG(アグ)のレディースとメンズのサイズ表です。レディースは22cm〜展開していてサイズ幅が豊富なのは嬉しいですね。UGG(アグ)のサイズ選びはジャストサイズか、裸足で履くことが多い方は0.5cm小さめで購入してもいいと思います。柔らかいシープスキンがびっしり敷き詰められていますが、徐々に毛が馴染んで寝てくるので、それを想定して少し小さめを買う人が多いみたいです。靴下やタイツを履くと言う人はジャストサイズでもいいかもしれませんね。

https://www.ugg.com/jp/solana-loafer/1020041.html?dwvar_1020041_color=CHE#start=13&cgid=women-casuals-moccasins

モカシンやビーチサンダルなどは裸足で履くことがほとんどだと思うので、0.5cm小さめサイズをセレクトするのが正解。上質なシープスキン素材があなたの足を包み込んでくれて、裸足でも快適に過ごせますよ。

UGG(アグ) おすすめアイテム

FLUFF SPRINGS(フラッフスプリングス)

https://www.ugg.com/jp/fluff-springs/1101438.html?dwvar_1101438_color=SSD#start=3&cgid=women-sandals

パームスプリングスへのロードトリップからインスパイアされて誕生したストラップサンダルFLUFF SPRINGS(フラッフ スプリングス)。さりげなくあしらったフラッフなシープスキンファーがつくる陽気な夏のシルエットが、自由で開放された雰囲気を呼び起こします。軽量でやわらかな履き心地を備え、幅広いコーディネートにマッチするこのサンダル1つあればロードトリップのパッキングも簡単に。

DAKOTA(ダコタ)

https://www.ugg.com/jp/dakota/5612.html?dwvar_5612_color=SCC#start=12&cgid=women-casuals-moccasins

UGG(アグ)の定番人気モカシンDAKOTA(ダコタ)。シンプルなスリッポンに革ひものリボンでアクセントをプラスしました。ふわふわの天然ウールライニングと軽量でしなやかなモールドラバーアウトソールで仕立てた一足は屋内外兼用で着用いただけます。 どんなコーデにもマッチするベーシックなカラー展開も人気のポイントで、クローゼットに1足は用意しておきたい万能アイテム。

CLASSIC MINI II

https://www.ugg.com/jp/classic-mini-ii/1016222.html?dwvar_1016222_color=BLK#start=1&cgid=women-boots-classic

UGG(アグ)のアイコニックなブーツを機能的にアップデートしたCLASSIC MINI II(クラシック ミニ II)。ラグジュリアスなツインフェイスシープスキンとスエードのアッパーには撥水・防汚性をプラス。軽さとグリップ力を高めたアウトソールを採用し、長年愛され続けているブーツのベースシルエットはそのままに、より魅力的なアイコンへと進化させました。ヒールにはロゴ入りのレザーラベルをアクセントに添えています。コーデのアクセントに欠かせないパステルカラーで春のおしゃれを楽しみたい。

【番外編】気軽に買える。ファストファッションのおススメシューズ10選!

UGG(アグ) 人気コーデ

UGG(アグ)xロングカーデコーデ

https://wear.jp/izu0924/13676181/

ベージュのワントーンコーデで大人っぽく都会的に仕上げたコーディネート。足元はヒールやパンプスではなくUGG(アグ)の定番ブーツで抜け感をプラス。温かみのあるブラウンカラーはどんなコーデにも馴染むマストアイテムとして活躍してくれそう。

UGG(アグ)xレギンスコーデ

https://wear.jp/maaaaacho/14075665/

休日にしたい極上のリラックスコーデ。トレンドのレギンスパンツに素足でUGG(アグ)のモカシンを合わせ、西海岸スタイルに。カーキのざっくりサイズのTシャツでちょっと大人っぽさをプラスして、大人カジュアルにアップデート。モカシンタイプは、スリッポンのスニーカーのようにどんなコーデにもマッチする名品です。モコモコのUGG(アグ)のモカシンでまだ少し肌寒い春を乗り切りましょう!

UGG(アグ)xロングスカートコーデ

https://wear.jp/mayonse/12187828/

パッと目をひく赤シャツを主役にした大人カジュアルコーデ。ベージュのマキシスカートにUGG(アグ)のフラットサンダルを合わせた都会的なスタイルは、カジュアルとエレガンスの両方叶うのが嬉しいですよね。好バランスを作ってくれるUGG(アグ)の大人サンダルで、この春夏は新しいおしゃれを楽しんでみてはいかがですか?