LAVENHAM(ラベンハム)のサイズ感とサイズ選びを徹底リサーチ!

秋から冬にかけて寒くなってくると、キルティングジャケットが欲しくなってきたりしますよね。そんな時、どこのブランドのキルティングジャケットを買ったらいいのか悩むことも多いと思います。そんな、あなたにLAVENHAM(ラベンハム)のキルティングジャケットをお勧めしたいと思います。でも、ネットで購入するとなるとサイズ感がわからないし怖いなと感じると思うので今回の記事ではキルティングジャケット自体の商品説明に加えて、詳しくサイズ感やサイズ選びについてもまとめていきたいと思います!

LAVENHAM(ラベンハム)とは

LAVENHAM(ラベンハム)は、エリオットという名前の女性によって創設されたようです。エリオットはエリザベス女王に仕える女官でした。エリザベス女王が馬に乗るときに用いたブランケットは麻でつくられており、保温性が悪く、濡れやすいため長年改善が必要とされていました。そんな時、女王のことを思いやっていたエリオットは今のLAVENHAM(ラベンハム)のキルティング生地を加工したブランケットを開発しました。

この画期的なブランケットを開発したことで有名になったLAVENHAM(ラベンハム)には、多くの人から、キルティングジャケットを作って欲しいという意見が殺到したため、現在の主力商品であるジャケットが開発されました。

LAVENHAM(ラベンハム)の人気アイテム!キルティングジャッケットについて徹底解説していこう♡

それではみなさん、キルティング・ジャケットで一躍有名になったLAVENHAM(ラベンハム)の人気アイテムについて詳しく見ていきましょう。

まず、1つ目のアイテムは定番であるダイヤモンド・キルティングジャケットです。ダイヤモンドキルトとは、ダイヤモンド型の角を交差させ、伸縮性のあるナイロンの上糸と、毛羽立たせたポロエステルの下糸を使用することでほつれを防ぎ、耐久性を高めたもののことです。

ここで、LAVENHAM(ラベンハム)の特徴が一つあります。それは、キルティング生地から自社工場で製作しているため、様々なお客様の要望に応えることができることです。また、自社工場で一貫してジャケットを作っているため、生地、スタッド、ウェッピング等を厳選し一着ずつ丁寧に縫製し、途中に何度も何度も検品を重ね、検査をクリアした高品質な商品を販売することが可能になっています。これだけきちんと作り込まれていることを知れば、消費者の方達も安心して購入することができますよね。

次に紹介するアイテムは、DENHAM(デンハム)です。こちらの商品は、LAVENHAM(ラベンハム)のオリジナルモデル『ミルデン』をベースに作られたモデルで、ブランドらしさが良く感じられる伝統的なボックスシルエットを現代風にアレンジし、ウエスト、袖などを大きめにデザインされています。ビジネスマンがスーツの上から羽織ることもできますし、ジャケット感覚でも使えるオールラウンドなものとなっています。

次に紹介するアイテムは、RAYDON(レイドン)です。こちらの商品は、スリムフィットのモデルが特徴的なシリーズで、すっきりと着こなせる現代的なシルエットとなっています。軽量で、薄手ながらしっかりと体を温めてくれるというLAVENHAM(ラベンハム)ならではの作りに加え、ショート丈とサイドベンツの組み合わせで動きやすさも考慮されているので普段使いだけでなく、アウトドアな場面にも使えるアイテムになっています。

次に紹介するアイテムは、LEXHAM(レクサム)です。こちらの商品は、現代的な細身のシルエットのスーツと合わせて着用することを考えて作られたものです。イギリスの洗練されたテーリング技術が用いられた立体的な設計により、細身ながらも窮屈感を感じさせない着心地を実現しています。

次に紹介するアイテムは、DENSTON(デンストン) 2Sです。こちらの商品は、フードが取り外し可能になっており、ビジネススタイルだけでなくカジュアルな普段使いにも着用することが可能なため非常に着回しのしやすいものなっています。シルエットに関しても、以前のものより襟が小ぶりになり、着丈も少し長くしたことで全体のバランスが整えられ、より一層現代的なスタイルにぴったりハマるようになりました。

次に紹介するアイテムは、SYLEHAMLDSFUです。こちらの商品は、防寒機能抜群ながら、生地は厚すぎずすっきりとしたシルエットで着膨れを防いでくれます。表地と裏地も風を通しにくいポリエステル素材を使用しています。デザインに関しても、上品さが漂い着用するだけでエレガントな印象を与えてくれます。フードも着脱可能なため、どんな場面においても使用できるため一着持っていて損はしないだろうというアイテムです。

他にも、いろいろな種類の魅力的なジャケットがLAVENHAM(ラベンハム)では展開されていいますが、残念ながらここでは全部を紹介することはできません。

興味を持った方は調べてみて自分に合うアイテムを探してみて下さいね。

次からは、この魅力的なLAVENHAM(ラベンハム)のアイテムを使ったコーディネートを紹介していきたいと思います。

LAVENHAM(ラベンハム)のアイテムを使ったコーディネート紹介♡

こちらでは、先ほど紹介したLAVENHAM(ラベンハム)のアイテムを用いたコーディネートをご紹介!

LAVENHAM(ラベンハム) LEXHAM(レクサム)×ボーダーシャツコーデ

まず最初に、LAVENHAM(ラベンハム)のLEXHAM(レクサム)を用いたコーディネートについて紹介していきたいと思います。

こちらのコーデは、ネイビーのアウターにボーダーのシャツ、グレーのパンツを合わせたものとなっています。落ち着いた色味のアイテムが多いため、綺麗めな印象を与えることで女性受けの良さそうなコーデですね。中にボーダーのシャツを入れることで、モノトーンで単調だったコーデに、アクセントが入り、春っぽい印象も付け加えてくれます。

これからの季節にアウターとして一枚持っているとコーデが引き締まりそうですね。

https://wear.jp/howellmhl/14083097/

https://wear.jp/howellmhl/14083097/

LAVENHAM(ラベンハム) DENHAM(デンハム)×ビジネスウェアコーデ

次にLAVENHAM(ラベンハム)のメンズウェアでもまた違うアウターである、DENHAM(デンハム)を用いたコーディネートをご紹介したいと思います。

こちらはYシャツにネクタイ、ベストに革靴とフォーマルな格好に、LAVENHAM(ラベンハム)のDENHAM(デンハム)をうまく組み合わせていますね。先ほどでも書いたように、DENHAM(デンハム)はウエストや袖部分が大きめに作られているので、スーツの上から着られます。DENHAM(デンハム)の中の生地が赤色ですので、遊びゴコロも加えることもできます。

フォーマルな服にも、普段着にも使える万能アイテムですね!

https://wear.jp/fg_c4/5138224/

https://wear.jp/fg_c4/5138224/

LAVENHAM(ラベンハム) DENSTON(デンストン)×チェックシャツコーデ

こちらは、LAVENHAM(ラベンハム)のメンズウェア、DENSTON(デンストン)を用いたコーディネートです。

取り外し可能なフードがついており、チェックシャツと相まってラフな印象に。シャツやキャップの黄色、フードの中の青色もアクセントとなっていますね!DENSTON(デンストン)のフードの良さがよく生かされたコーデとなっています。

https://wear.jp/eeevvvaaa888/13514044/

https://wear.jp/eeevvvaaa888/13514044/

LAVENHAM(ラベンハム) RAYDON(レイドン)×ブルーニットコーデ

こちらは、LAVENHAM(ラベンハム)のメンズウェア、RAYDON(レイドン)を用いたコーディネートです。

LAVENHAM(ラベンハム)のRAYDON(レイドン)の特徴はその細身なシルエット。かさばりやすいシャツ×ニットでも、上から着るだけでスラッと見せることができています。ボタン周りだけカラーリングが少し違うのも、ワンポイントとなっています。

https://wear.jp/zozost2525/5499567/

https://wear.jp/zozost2525/5499567/

LAVENHAM(ラベンハム) SYLEHAMLDSFU×ブラックデニムコーデ

次に紹介するのは、レディース用アイテムであるLAVENHAM(ラベンハム)のSYLEHAMLDSFUを用いたコーディネートです。

こちらのコーデは、オリーブ色のアウターにホワイトのカットソー、ブラックのデニムパンツを合わせたものとなっています。小物には、ブラックのショルダーバックとグレーのベレー帽をチョイスしています。女性は皆、いくら寒さが厳しい冬であってもオシャレをしたいと思いますよね?

そんな人にとって、このジャケットはぴったりのアイテムです。細身の綺麗なシルエットで、着膨れせずしかも軽量で暖かいです。

https://wear.jp/aisanahiro/13896615/

https://wear.jp/aisanahiro/13896615/

いかがでしたか?LAVENHAM(ラベンハム)のアイテムが気になってきたところで、次はLAVENHAM(ラベンハム)のサイズ感について見ていきましょう!

気になるLAVENHAM(ラベンハム)のサイズ感について見ていこう♡

こちらはLAVENHAM(ラベンハム)の定番DENHAM(デンハム)のメンズサイズ表となっています。

まず日本では数字のサイズ表にはあまり馴染みがないために、商品を買おうと思ってもどのサイズを買ったらいいのか悩んでしまいますよね。

詳しく説明していくと、34は日本サイズではXS、36はS、38はM、40はLとなっています。

ユニクロのリネンコットンスリムフィットジャケットと比べてみると、Mサイズでは、着丈は70cm,

肩幅は45cm,身幅は53cm,そで丈は61cmとなっています。

DENHAM(デンハム)の方が着丈とそで丈が長いため同じMサイズでもオーバーサイズに切ることができます。きれいめにジャストサイズで着たい方はいつもよりワンサイズ小さい商品を購入するのがいいと思いますね。

ぜひ、購入の際には参考にしてみてくださいね。

ラベンハム(LAVENHAM)サイズ表記 34 36 38 40
着丈 71.5 75 76 78.5
肩幅

43

44 45 46
身幅 51.5 53.5 55 57.5
そで丈 61 63 63.5 66