幻のスニーカー!?converse(コンバース)ワンスターのサイズ感とコーデをご紹介

サイドにあしらった小さなスターマークがとても愛嬌のあるconverse(コンバース)ワンスター。実はこのワンスターはconverse(コンバース)のスニーカーの中でも「幻」と言われているのをご存知でしたでしょうか?今回はconverse(コンバース)ワンスターの知られざる歴史と、サイズ感、おすすめ春夏コーデをご紹介します。

converse(コンバース)ワンスターとは

converse(コンバース)は1908年に米国マサチューセッツ州で誕生した、100年以上の歴史を誇る老舗スニーカーです。そんなconverse(コンバース)ですが、当初は降雪量の多い地域向けのラバーシューズを製造しまていて、その時点では地元の有力企業といったところでしが。

converse(コンバース)の名が世界中に轟くきっかけとなったのが、永遠の定番とも言える「オールスター」です。実はこのオールスターは、当時まだ誕生したばかりのバスケットボールに適したシューズとして開発され、「世界初のバスケットシューズ」として有名になったのです。

こうして、バスケットボールと共に発展してきたと言っても過言ではないconverse(コンバース)のスニーカーの中で、今回クローズアップするのが「ワンスター」です!

converse(コンバース)ワンスターの歴史

バスケットシューズとして既に世界中に認知されていたconverse(コンバース)のスニーカー。バスケットボールというスポーツが発展していくとともに、より高機能なシューズが求められるようになるり、これまでのキャンパス地のシューズではやや機能不足となっていきました。

そこで、レザー仕様の優れた耐久性を持つシューズとして生まれたのが「ワンスター」なのです。しかし、このワンスターは1975年に販売されてから、わずか2年しか製造されませんでした。

その理由は、独自の製法技術の難易度が高すぎたことと、素材そのものが手に入りにくかったことによるものとされています。

converse(コンバース)ワンスターはなぜ「幻」なのか?

現在で世間に流通しているワンスターは、1984年に復刻したモデルが基盤となっています。つまりは、今のワンスターは「復刻版」が主流となっているのが現状です。

しかし、1970年代に製造された正真正銘のオリジナルモデルは、流通期間の短さゆえ現在ではごく僅かしか残っていません。そのため、オリジナルのワンスターは「幻」とされているのです。

国内でも古着屋などでたまに置いてあるようですが、その価格は少なくとも10万円以上するようです。逆に言えば「10万円でも欲しい」と思う方が少なくないということの証でもあります。

このように、コレクターアイテムとしてプレミアが付くほどのファンが多いのが、converse(コンバース)ワンスターというスニーカーなのです!

converse(コンバース)ワンスターのサイズ感

converse(コンバース)ワンスターのサイズ展開は以下の通りです。

23.0cm 23.5cm 24.0cm 24.5cm 25.0cm
25.5cm 26.0cm 26.5cm 27.0cm 27.5cm
28.0cm 28.5cm 29.0cm 29.5cm 30.0cm

基本的にはユニセックスですが、女性の場合はもっと小さいサイズが欲しい人もいるかもしれません。しかし、converse(コンバース)のスニーカー自体が柔らかな素材でできているので、多少大きくても靴紐を締めればカバーしやすくなっています。

肝心のサイズ感ですが、オールスターなどが小さめに感じるのに対して、ワンスターは大きめに感じる方も少なくないようです。おそらくは日本規格と同じくらいの感覚でお選びいただくのがベターでしょう。

レザー仕様なので仮に最初にキツく感じたとしても、足に合わせてある程度伸びてくれます。

converse(コンバース)ワンスターのおすすめコーデ

それでは、converse(コンバース)ワンスターを使用したおすすめコーデをご紹介いたします。春夏を中心にピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

https://wear.jp/riosa0306/10146930/

非常にシンプルな夏コーデにワンスターを合わせています。このようにすっきりとした着こなしと非常に相性が良いです!Tシャツのプリントはレトロなミッキーをチョイス。

ワンスター自体がややレトロなデザイン性なのでアメリカ古着テイストのキャラクターTとマッチします。写真にようにシンプルコーデながらも、手抜き感を感じさせない遊び心を感じさせる仕上がりになるようです。

https://wear.jp/homeokinawa/14219950/

こちらは、ビビットレッドを基調としてストリートテイストにワンスターを合わせています。このようなコーデの場合は、VANSのハーフキャブやナイキのエアジョーダンなどのボリュームのあるスニーカーが定番です。

そこに、あえてワンスターを持ってきたあたりがこだわりを感じさせます!細みのフォルムであるワンスターと合わせることにより、スッキリとした仕上がりになりストリート系の「いかつさ」を中和してくれるようです。

https://wear.jp/riosa0306/7944996/

大人っぽいモノトーンコーデにワンスターをチョイスしているようです。スッキリとした雰囲気をそのままに、モノトーンコーデのもつ重さを緩和させている点に注目。

ワンスターはシンプルなデザインに控えめな星が施してあり、「愛嬌のあるスニーカー」と言えるデザイン性となっています。そのため、綺麗目なアイテムに合わせると、程よくカジュアルダウンさせてくれるのです!

https://wear.jp/torusaji25/6701845/

白シャツ&黒パンというシンプルイズベストなコーデにワンスターを着用しています。普通に考えると、黒のワンスターが無難なように感じますが、あえてブルーをチョイスしている点に注目

ブルーやレッドといった色味のあるワンスターは、黒白のワンスターよりも「味」があり、レトロな倍増します。フォーマルなテイストが強いコーデに合わせると「外し」としてとても効果的!

https://wear.jp/ayatan000/10711586/

ビビットなイエローのカラースカートが目を惹くコーデですが、ワンスターを合わせている点に注目。セオリーなら、ヒールやパンプス、レザーサンダルといったところでしょう。

こちらもやはりワンスターの持つ愛嬌を生かしてカジュアルダウンさせているようです。こちらのコーデは大人の女性でも真似できそうですが、堅くなりすぎない仕上がりを求めるなら、ワンスターがおすすめ!

https://wear.jp/nsgktmk/13250389/

シンプルですが、Tシャツにタック入りのスラックスという個性的なコーデですが、そのような上級者にもワンスターは愛されています。靴紐までブラックのオールブラック使用のワンスターは独自の存在感!

どちらかというとカジュアルなテイストが強いオールスターですが、オールブラック仕様だと重厚感があります。ダークカラーを好む方ならこれを使ってオールブラックで仕上げるのもおすすめ!

https://wear.jp/figaro/4914403/

こちらはビビットなレッドのワンスターをチョイスしたコーデです。派手色スニーカーは元気すぎて敬遠したくなることもありますが、ワンスターの派手色は独特な味があるので大人の男性・女性にもおすすめできます。

BBキャップに太めのジーンズとアメカジ系のアイテムで仕上げているので、ワンスターとの相性の良さは言うまでもありません。開きのあるカットソーで女性らしさも損なわせていないのがポイント!

https://wear.jp/my6310/12706647/

定番の白のワンスターですが、サイドの星やソールのラインが赤色のタイプです。ワンスターの持つレトロさがより一層際立つカラーなので、アメカジ系ファッションを好む方におすすめです。

写真ではボーダーTにジーンズというシンプルな組み合わせですが、こういったコーデだからこそワンスターの存在感が際立っています。定番の組み合わせにアクセントを加えることもできるようです!