2021年タイトスカート、ニットタイトスカートコーディネート特集♪30代からのタイトスカート着こなし術を知りたい!

30代〜のタイトスカートお手本コーデをご紹介します。大人カジュアルからシックな装いまで、トレンドを抑えたポイントも解説。女性らしいシルエット作り、年代問わず使いやすいタイトスカート。カッチリとした雰囲気になりやすしものですが、コーデ次第で色々なシーンにマッチするので2019〜2020年秋冬も積極的に着回したいアイテムですね。

大人のタイトスカートコーデって?

ボディラインが強調される気がするからタイトスカートはちょっと苦手で…という方も多いのではないでしょうか?実はタイトスカートはアラサー世代の強い味方なんです。

一枚でしっかりとした印象を与えてくれるタイトスカートは、フレアタイプのスカートと違ってオフィススタイルや少しカチッと決めたい時もバッチリですし、カジュアルスタイルに取り入れれば、女性らしい大人っぽさを演出することができる万能選手。

また最近トレンドのビッグシルエットとの相性も良いので普段のコーディネートにも取り入れやすいのも特徴です。

この記事では、30代〜の皆さんにむけておすすめコーデを紹介するので、気に入ったコーデはぜひ参考にしてくださいね。

レースのタイトスカート着こなしコーデ

まずはレース仕様のタイトスカートコーデをご紹介します。ガーリーなテイストが強いアイテムですが、いかに大人の女性に相応しい装いに仕上げるかがポイントです。

黒レースのタイトスカート×カジュアルジャケットコーデ 

https://cubki.jp/snaps/MTU1Mj0xNTIxNTg1NDQ1

膝丈のタイトスカートで、レースの主張が強いのが特徴的です。このようなアイテムを、定番のデニムジャケットでガーリーテイストを中和させているのがポイント!トップスが非常にメンズライクなアイテムでまとまっています。

シューズもハイカットスニーカーとカジュアルなものをチョイス。レースのタイトスカートをタウンユースで使いたいなら、このようなコーデがおすすめです。

ベージュレースタイトスカート×オーバーサイズシャツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzND0xNTg2MTI0ODM0

こちらはベージュの大人っぽいレーススカートをチョイスしています。大人の女性でも違和感なく使える雰囲気ですが、少し重たくなりやすいかもしれません。そんな時はワントーンコーデでまとめるのがポイント!ベージュのシャツを少しウエストインしてバランスを取ったところにこだわりを感じます。大人っぽいワントーンコーデにもおすすめしたいタイトスカートは、オンオフ問わず着回せるおすすめアイテムです。

パープルのレースタイトスカート×白Tシャツシンプルコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTY1MT0xNTY1NjE1MzA5

爽やかで存在感のあるパープルのレース仕様タイトスカートは、単体での存在感が強いので、他のアイテムをシンプルにまとめるのが大人っぽく仕上げるコツです。写真では白の無地Tをチョイスしています!

またサンダルもカバンも主張しすぎない落ち着きのあるアイテムを使用しているので、好バランスなコーデと言えるでしょう!

ホワイトレースタイトスカート×ネイビージャケットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjM4Mz0xNTgyNzQ5NDUw

こちらはホワイトのレースタイトスカートに、パステルブルーが爽やかなトップスを合わせたコーディネート。レースといえばやっぱりホワイトが定番可愛いですよね。パステルブルーのトップスを合わせて全体的に優しい印象のコーディネートにまとまっています。さらにネイビーのジャケットを羽織ってきちんと感もプラス。

イエローレースタイトスカート×タートルネックニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjA1ND0xNTczNjQ4MjA5

イエローのレースタイトスカートに白のタートルネックニットが優し気な雰囲気のコーディネート。オフィスでも使える上品なコーデですね。タイトスカートはくるぶし丈なのでイエローでも上品な印象に仕上がります。

コーラルピンクレースタイトスカート×タートルネックニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjA1ND0xNjAzNjMyODEx

コーラルピンクのレースタイトスカートが目を引くこちらのコーディネート。くすみカラーのタートルネックニットとベージュのショートブーツを合わせた、大人なコーディネートです。

イエローのレースタイトスカート×ベージュリブカーディガンコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTkwMj0xNTU0NjE1NDQ0

全体的に暖色系のカラーで統一されたまとまりのあるこちらのコーディネート。ヒールパンプスを合わせて素敵なレディー感が漂ってます♪

モスグリーンのレースタイトスカート×タートルネックニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjIxPTE1NDg1OTkwMzY

モスグリーンのレース柄タイトスカートが大人っぽく目を引くこちらのコーディネート。ボトムスがタイトな分、トップスにはオーバーサイズのタートルネックニットを合わせて好バランスコーデに♡

レースタイトスカート×テーラードジャケットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTY5PTE1NDAwNDY2OTc

オトナっぽく上品な白のレースタイトスカートに、きちんと感のあるネイビーのテーラードジャケットを合わせたオフィスコーデ。トップスはウエストインしてすっきりと着こなせばスタイルアップも叶っちゃいます。

レースタイトスカート×グレースウェットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU3ND0xNTI1MzI0ODk4

透け感の可愛いレースタイトスカートに同系色のグレーのスウェットを合わせたコーディネートです。

レースタイトスカート×英字ロゴスウェットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTY5PTE1MjE2OTE1NzA

フェミニンになりがちなレースタイトスカートをカジュアルに着こなすには、シンプルな英字ロゴスウェットを合わせると良いかも◎

レースタイトスカート×ボーダーカットソーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzND0xNTI1ODYyNjkz

オトナっぽい黒のレースタイトスカートに、カジュアルの定番でもあるボーダーカットソーを合わせたコーディネートです。真っ赤なパンプスをを合わせてオフィスカジュアルにぴったりのコーデに。

白のタイトスカート着こなしコーデ

続いては白のタイトスカートコーデです。定番カラーですが、個性的に仕上がっているものをチョイスしたので参考にしてください!

白ラップ型タイトスカート×黒Tシャツ夏コーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1OD0xNjI0NzE0MTky

ラップ風のデザインが可愛い白のタイトスカートをメインとしたコーデです。とても夏っぽいデザインのスカートなので、普通に白やブルーなどのアイテムとの相性も良さそうですが、こちらは黒でまとめています。

引き締まった印象となりやすい黒を使うことで、明るさを抑えタウンユースに馴染むように仕上げているのがポイント!

白プリーツタイトスカート×リブニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTA4PTE1NzAxMzUxMjQ

白のプリーツタイトスカートは大人の女性には少し可愛さが立ちすぎてしまいがちです。そんなアイテムをオフィスシーンにも馴染むほど上品に仕上げたコーデと言えるでしょう。ポイントは、リブニットをジャストサイズで着ることで、スマートなシルエットに仕上げることです。色は黒でも良いですが、ネイビーなら柔らかい雰囲気となりやすく、春夏に馴染みやすいのでおすすめ!

黒のタイトスカート着こなしコーデ

春夏には少し重たい印象になりやすい黒のタイトスカート。どのように軽さを出しているかに注目です!

モノトーンタイトスカート×ブラックの大人コーデ

https://cubki.jp/snaps/MjIxPTE0NzQ0NzkwODg

モノトーンカラーでまとめた非常にシックなコーデです。「大人の女性」と表現できる雰囲気に仕上がっていながらも、重く見えないのがポイント!スカートがスリット入りであることと、VネックTシャツのぬけ感が緩和させています。

こちらもオフィスシーンに使いやすいコーデと言えるでしょう!

黒ロングタイトスカート×シャツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzNT0xNTkxNjE0NTEy

黒のロングタイトスカートをタウンユース仕様に仕上げたコーデです。ローカットの同系色のスニーカーなら違和感なく馴染み、ベージュのシャツをアウトした着こなしも旬なスタイルに仕上げています。シャツやTシャツなどどんなアイテムとも合わせやすいので、タイトスカートは実は夏にこそ着たいおすすめアイテムなんです。

ニットのタイトスカート着こなしコーデ

続いてはニット仕様のタイトスカートコーデです。比較的タウンユースで使いやすいタイプで、アレンジ幅の広さに注目!

ブラウンニットタイトスカート×黒シャツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1NT0xNTY5NzQ2MDkw

非常にリラックスした雰囲気のコーデに仕上がっています。白のタンクトップに黒の変形シャツを合わせてベルトでアクセントをプラス。足元は一足早くショートブーツを合わせてきちんと感を。着心地は楽なのにどこか上品さを演出してくれるリブニットタイトスカートは、オトナこそおしゃれに履きこなせる優秀アイテムです。

黒ニットタイトスカート×スニーカーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1NT0xNTY5MTM0NzU3

黒のニットスカートにジャストサイズのUネックボーダーカットソーと大人っぽい組み合わせですが、ボーダーカットソーをフロントだけウエストインしてカジュアルダウンさせているのがポイント!スニーカーとの相性がさらに良くなっています。シャツをロールアップさせるとこなれ感が出るので、おすすめなテクニックです!

黒ニットタイトスカート×ブラウスコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1MT0xNTY1MDEyNzQ1

少し暗めなブラウンのブラウスに透かし編みのニットスカートを合わせたエレガントなコーディネート。

ややレトロな装いも、90sリバイバルのトレンドにかなっています。

くすみピンクタイトスカート×パーカコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzNT0xNTY4NTU1MjM1

カジュアルコーデにぴったりなニットのタイトスカート。カジュアルなのにどこか女性らしさも感じさせてくれるニットスカートは、タイトなシルエットがスタイルアップも叶えてくれます。スカートがタイトな分トップスは少しオーバーサイズなアイテムやボリューム感のあるアイテムをセレクトするのがおすすめ。メリハリのある旬なコーデが作れますよ!

黒ニットタイトスカート×フード付きパーカーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzOD0xNTcwNzM5Njgx

コーデの主役になるフード付きのスウェットは、あえてオーバーサイズをセレクト。これにデニムやパンツを合わせるとメンズライクなしあがりになりますが、ニットスカートを合わせることによりぐっと今っぽいコーディネートに。バックスリットの入ったニットスカートは歩きやすさもありますし、スニーカーとも好相性ですね!

ホワイトニットタイトスカート×マウンテンパーカーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzNT0xNTcwMjUzNDg3

今期トレンドのマウンテンパーカー。パンツとのカジュアル合わせもいいですが、この春はフレア感のあるニットスカートと合わせるのが気分♪スニーカーも可愛いですが、あえてヌーディーなサンダルを合わせて女性らしさを演出すれば、デートコーデや華やかなシーンにも活躍してくれる頼れるコーディネートに早変わり。ぜひ真似したいおすすめコーディネートです。

デニムのタイトスカート着こなしコーデ

続いてはデニムのタイトスカートです。カジュアルで若者よりなアイテムですが、いかに大人の女性にふさわしく仕上げているかがポイント!

深めスリットデニムタイトスカート×フリルシャツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjEwMT0xNjIwMTA4NDgy

大人の女性がデニムスカートを履くなら膝丈程度のものがおすすめです。それだけで落ち着いた雰囲気がプラスされます!写真のようにデザイン性の高いフリルシャツと合わせても気品を感じさせるのがポイント!

深めのスリットも、デニム地ならいやらしくなりません。

デニムタイトスカート×カットソーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjA4Nz0xNTYyNjE4NDI0

こちらもカットソーのみでシンプルに合わせたコーデとなっています。デニムスカート自体にダメージが入っているので、少しハードな印象ですが、シンプルすぎてもつまらないという方にはむしろおすすめ!

カットオフしたデザインがおしゃれですよね!

デニムタイトミニスカート×マウンテンパーカーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzMz0xNTQzNTAzOTU5

少し丈が短めのデニムスカート。色がブラック系なので様々なアイテムと組み合わせがしやすいです。オーナーサイズのマウンテンパーカーと合わせることによってメリハリのあるコーデが楽しめます♪

デニムタイトスカート×ゆるニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU0MD0xNTUxMDkzNDUy

定番のブラック系のデニムを用いたオススメのコーデ。色がはっきりしてるので、白などの鮮やかなアイテムの相性がいいです!足元は黒系統のサンダルやスニーカーと合わせると全体的に統一感のある仕上がりに♪

グレーデニムタイトスカート×ミリタリージャケットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MzI4PTE1MzkyNjg4NjM

落ち着いたカラーがシーズンレスで着回せる万能デニムスカート。ミモレ丈なのでフラットシューズでもヒールシューズでもどんなアイテムとも好相性なのがおすすめのポイントです。こちらはちょっとカジュアルにレギンスとレイヤードさせておしゃれな雰囲気をプラス。ミリタリージャケットをさっと羽織ってカジュアルコーデの完成です。

スリット入りデニムタイトスカート×赤ニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/OTk1PTE1MTAyMTEyODI

古着テイストがおしゃれ感漂うスリット入りのデニムスカート。マキシ丈なのでトップスは少しウエストインしてバランス良く◎Tシャツやパーカーなどのカジュアルなトップスを合わせることの多いデニムスカートですが、顔周りを華やかに見せてくれるカラーニットを合わせるとこんなにこなれた雰囲気に仕上がるんですね。女子会やデートにもぴったりなこちらのコーディネートは、シンプルカジュアルがお好みの方にはぜひトライしていただきたいおすすめコーディネートです。

ベージュのタイトスカート着こなしコーデ

続いてはベージュのタイトスカート。使いやすいですが、合わせ方によってはおばさんっぽくなってしまいやすいので、要注意なアイテムです!

マキシ丈タイトスカート×ボーダートップスコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU0MD0xNTg5MzcyNDYx

シルエットのきれいなマキシ丈のベージュスカートです。縦のラインが強調できるので、スマートなシルエットが簡単に演出できます。トップスはボーダーのカットソーをチョイスしてカジュアルダウンさせているのがポイント!

落ち着いたカラーでまとめていますが、とても温かみのある雰囲気となっているのでデートや女子会にもピッタリな仕上がりとなっています。

ベージュタイトスカートのシックコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1Nj0xNTY0MDU4OTA0

ベージュでまとめたワントーンコーデ。サンダルも同色でまとめて全体的にヘルシーで健康的なスタイリングに仕上がっています。

写真のようにカバンとヘアアクセサリーの色を差し色にしてみるのもおすすめです!

ベージュタイトスカートのサマーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjIxPTE0NzQyOTgyODk

ベージュスカートをオフィスライクに仕上げたコーデです。スカートはスリット入りで涼しげな雰囲気のものをチョイス、ネイビーTを合わせることでオフィスにぴったりなきちんとコーデに◎

足元にはベージュのパンプスを合わせることで、なつにぴったりな爽やかなコーデに仕上がります。

カーキカラーのタイトスカート着こなしコーデ

カーキタイトスカート×白Tシャツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjIwPTE0MzIwNTI4MDI

カーキカラーのタイトスカートに、白のTシャツを合わせたこちらのコーディネート。シンプルなスタイルながら、カーディガンをクロス掛けしたり、差し色に赤のバッグを取り入れたりなどおしゃれのこだわりを感じるスタイルです。ひざ丈のカーキスカートならソックス+パンプスとも好相性で、露出が気になる方にはぜひ真似してほしいコーディネートです。

ヒョウ柄のタイトスカート着こなしコーデ

ヒョウ柄タイトスカート×ベージュニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTY4PTE1NjkzMjg0ODA

ヒョウ柄のタイトスカートを使用したこちらのコーディネート!

タイトスカートのヒョウ柄が印象的なため。こちらのコーディネートのように他のアイテムは同系色で統一したりするのがおすすめです。また、タイトスカートにトップスをインすることで好バランスとなり、おしゃれ感がぐっとアップ。ヒョウ柄スカートがインパクトがある分、トップスは無地などシンプルなアイテムを合わせるだけで、簡単におしゃれに仕上がりますね。

ヒョウ柄タイトスカート×白スウェットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1Mj0xNTM5OTUzMDI3

こちらのコーディネートは、ヒョウ柄のタイトスカートの大人っぽさを存分にいかしたコーディネート。

大きめな白のスウェットにショートのブーツを合わせて、女っぽさを全面に出したレディースコーディネートになっています♪

スウェットタイトスカートの着こなしコーデ

だんだんと寒くなる季節。ミモレ丈より長いタイトスカートならそれだけでも安心ですよね。秋はシックな色使いが増えるので、シーンに合わせて素材や色を変えてコーディネートを楽しでください。

白タイトスカートのエレガントコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjA2ND0xNjA5NDE5Mzc2

ミモレ丈で秋冬大活躍間違えなしのニット素材のタイトスカートは1着はGETしたいですね。大人シックな秋冬コーデにピッタリの1着です。フリルデザインのニットと合わせることで、上にボリューム感がでて全体的にバランスが取れたシルエットになります。コーディネートの仕上げには斜め掛けのポーチ型バックがアクセントに。ボルドーのチェスターコートとも相性抜群ですね!通勤や、少しシックに決めたいときにおすすめのコーディネートです。

黒タイトスカート×サテンシャツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjEwMT0xNTk4MTkxMzkz

トレンドのミディ丈リブタイトスカートを使ったコーデ。リブ編みの縦ラインがスタイルを引き締めて見せてくれるのでシルエットがとてもきれいに見えますね。上品な雰囲気のあるサテンシャツと合わせるとグッとメリハリが出て、エレガントな着こなしになります。さらに女性らしさを出したいときはバレエシューズ合わせるとGOOD!タイトスカートxロングシャツは上品コーデの定番となりそう。

ホワイトタイトスカート×カットソー秋色コーデ

https://cubki.jp/snaps/MTAwOD0xNTg2Mjk3NzY1

季節感たっぷりのホワイトのロングタイトスカートコーデ。フロントのポケットがアクセントになっていますね。トップスもブラウン系のボーダーを持ってくることでベージュ×ブラウンの微妙な色のズレ感が楽しめます。ベーシックな相手同士をあわせるときは、小物使いを気をつけると全体的にぼやけた印象になるのを防いでくれます。今回はブラックのレザートートバックのワンポイントがアクセントになっていますね。

タイトスカート×スリット入りニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjEwMT0xNjA2MDMyNjAy

少し厚めの生地が秋冬に嬉しいタイトスウェットスカートは伸縮性もあるので動きやすさも抜群。着丈長めのゆったりシルエットが今年らしいスリット入りニットはアウターとしてきても可愛いですね。少し襟を外すことでトレンドのこなれ感を演出することができます。オーバーサイズのトップスは美シルエットのタイトスカートと合わせることでグッと大人っぽく見えますね。ニットバックで季節感を、ピアスとネックレスで上品さをプラスすることで落ち着いた女性らしさにアクセントを加えてくれます。

スウェットタイトスカート×バイカラーニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1OD0xNjA3NTk4OTMz

ロング丈のタイトスカートはオフィスシーンにも馴染むのでオンオフ問わず着回せる便利な一着ですね。シルエットも美しく女性らしさも抜群です。きちんと感を出したいときには、トップスを工夫してみてください。今回はバイカラーのニットにスニーカーでカジュアルスタイルに。オンオフ問わず着回せる優秀スカートは、スウェットタイトスカート1択です!

黒タイトスカート×パーカーのカジュアルコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1OD0xNjA2MDUwMjYw

秋冬感のあるリブニットのタイトスカートに白のパーカーをあわせたカジュアルコーデ。トップスはシンプルで合わせやすいビッグシルエットのパーカー。スカートもパーカーもシンプルなデザインだからこそ、着こなしを楽しむことができます。シンプルコーデにはアクセントを入れるとGOOD!今回はクリア素材のバックがアクセントになっていますね。さらにスニーカーを合わせてとことんカジュアル寄りですが、タイトスカートがきちんと感をだしてくれているのでカジュアルすぎないラフコーデになっています。

スウェットタイトスカート×テーラードジャケットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjM4Mz0xNjA5MzE5NDA1

スウェット生地を使ったタイトスカートは少しキレイめな印象。段々と寒くなる時期に活躍するタートルネックのデザインニットと合わせてキレイめカジュアルに仕上がっています。トップスの丈がそれほど長くなく、袖のボリューム感と合わさってトップスのバランス感がとても良いですね。今年トレンドのテーラードジャケットは着丈長めのものをセレクト。その分ボトムスはスッキリとしたシルエットがおすすめなので、タイトスカートの相性も抜群です。足元にスクエアトゥのブーツを持ってくることで一気に今年顔になりますね。

スウェットタイトスカート×ホワイトニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTY5PTE1NzIwNDE4NzU

UNIQLO(ユニクロ)の黒のスウェットタイトスカートを使った秋冬コーデ。黒はスタイルを引き締めてみせる効果がありますね。それに加えて今回着ているタイトスカートはハイウエストタイプなので目線も上がり全体的にスッキリして見えます。白のトップスはオーバーサイズなので少しウエストインした着こなしが◎でヘルシーながらもフェミニンな印象に。大判のストールを合わせることでコーディネートにメリハリが生まれるので、トレンド感のあるアイテムを一枚持っていると安心ですね。

ロングタイトスカート×ケーブルニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTY5PTE1NzQxNjQyOTI

温かみのあるホワイトのケーブルニットに黒のスウェットタイトスカートを合わせたきれいめコーデ。セレクトするアイテムが上品なアイテムであればカジュアルアイテムでも上品なスタイルに仕上がりますね。足元は無理にヒールやブーツを合わせずにローカットのスニーカーでカジュアルダウン。頑張りすぎないリラックスタイトスカートはUNIQLO(ユニクロ)の人気アイテムです!

ブラウンのタイトスカート×オーバーサイズカーディガン

https://cubki.jp/snaps/MTU1OD0xNjA5MzA5MDEy

柔らかな印象のビッグシルエットカーディガンはラフに羽織れるリラックスアイテムとして一着持っていると便利ですよ。スエード調のタイトスカートはやや厚めの生地で適度なハリ感とシルエットがきれいに出るのが嬉しいですね。足元に同系色の華奢なヒールが可愛いブーツを合わせることでフェミニン感のあるリラックスコーデになっています。

ブラウンタイトスカート×ジャケット

https://cubki.jp/snaps/MTI2Mj0xNjA1MTc5NzU3

丈の短いベージュのアウターにブラウン系のタイトスカートをあわせたコーデ。リブ素材のタイトスカートは他のアイテムを邪魔しない程度のデザイン性なので、着回しできます。全体的に暖色系統のアイテムを組み合わせ差し色として白のパーカーを合わせた着こなしとてもかわいいです。

黒タイトスカート×デニムシャツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUyOT0xNTM2NzU4Nzg4

シンプルな黒のスウェットタイトスカートはデニムシャツとも好相性♡シンプルなコーディネートだからこそ小物選びがポイントになるので、キャップやヒョウ柄のボディバッグなどアクセントになるアイテムを合わせるのがおすすめですよ!デニムシャツはあえてえり抜きしたラフな着こなしが◎VANS(バンズ)のスケートシューズでカジュアルなスタイルを楽しんでください。

リブタイトスカート×シャツジャケットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzNT0xNTc1Nzg0Mzc4

2021年大ヒットのシャツジャケットとタイトスカートのコーデ。少し大きめのサイズを選んで肩を抜く感じできると、透明感のあるぬけ感が出ます。ジャケットが大きめで上半身がかなりカジュアルなので、下はタイトスカートでキュッと引き締めるのがおすすめです。今回は、ブラックのタイトスカートで全体的にヘルシーな雰囲気に仕上がっています。すべてアースカラーでまとめるとどことなくぼやけてしまいそうな時はアクセサリーやバッグをアクセントに使ってみてください。今回は白のバッグがアクセントになって全体を引き締めてくれています。

黒スウェットタイトスカート×ピンクニットカーディガンコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTAxMj0xNTM3MDAwMzgz

秋冬大活躍のニットカーディガンは防寒もバッチリなので嬉しいですよね。今回は黒のタイトスカートと合わせたコーデです。カーディガンの着丈は少し長めのものが多いので、少しウエストインした着こなしなら好バランスに仕上がりますよね。ミモレ丈のスウェットタイトスカートですが、足元のアイテム選びって意外に悩みがち。あまり露出が多すぎると寒々しい感じになってしまうので、このモデルさんのように短めのソックス+ローカットスニーカーが正解かも◎重すぎず軽やかな雰囲気に仕上げてくれるので、ぜひ真似してみてください!

黒タイトスカート×ノーカラーコートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTY5PTE1MzY0NzMwOTM

黒のタイトスカートは履くだけできちんと感のあるスタイリングになります。上のコーデのように、素材にリブニットなど伸縮性のあるものを選べば動きやすさも抜群です。トップスの白Tシャツはカジュアルに見えがちですが、ノーカラーコートを羽織るだけでぐっと大人っぽい雰囲気に◎あえて袖は通さず、肩掛けしたスタイルを楽しみましょう。

秋のタイトスカート着こなしコーデ

【UNIQLO(ユニクロ)】ブラックタイトスカート×モックネックカットソーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTAxMj0xNTE4OTI5NzQ4

こちらのコーデはトレンドの白モックネックカットソーを使用したシンプルカジュアルコーデ。ボトムスにはUNIQLO(ユニクロ)のラクチンスウェットタイトスカートを合わせます。ウェスト部分はフロント部分のみタックインしてすっきりとしたコーデに。シューズはショートブーツを合わせているのですが、短めのソックスをインするだけで足元に温かみが出ますよね。素足でショートブーツを履くときはタイツが定番ですが、ミモレ丈のタイトスカートを合わせる時はソックス合わせ一択!細かい部分にもこだわったおしゃれが決め手のコーディネートです。

【UNIQLO(ユニクロ)】ブラックスウェットタイトスカート×ジャケットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzMz0xNTYxMjEyMDE2

こちらのコーデに使用するスカートはUNIQLO(ユニクロ)のミモレ丈のスウェットスカート。トップスにはシンプルなロゴTシャツを合わせてカジュアルな雰囲気なのですが、その上にジャケットをはおることでおしゃれコーデにまとめてるんです!ポイントはジャケットをあえて羽織ったところ。アウターは袖を通さずにさっと羽織るとコーディネートにぬけ感が生まれぐっとおしゃれな雰囲気に仕上がります。足元のスポーツサンダルで硬い雰囲気を和らげて、絶妙なバランスに仕上げています。

冬のタイトスカートコーディネート

寒さが厳しい冬。タイトスカートはスッキリしたシルエットなので、それだけでも上品かつフェミニンな印象になりますが、合わせるアウターによってカジュアルスタイルも楽しむことができます。全身のバランスを見ながら、タイトスカートに合う冬トップスやアウターを組み合わせるようにしてくださいね。

タイトスカート×ブラックロングコートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjEwMT0xNjEwODY3MzQ0

ゆったりとしたサイズ感が印象的なブラックのシンプルなコートに白のリブニットタイトスカートをあわせたコーディネート。大きめサイズのコートは女性らしさと華奢な感じを演出することができます。シルエットにリラックス感がありますが、高見えのリブ素材なので適度なハリ感がポイントです。大人っぽい色味のタイトスカートを合わせることで、大人エレガントなコーディネートになっています。

シンプルタイトスカート×オールホワイトコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjM4Mz0xNjA5OTQxMzc2

ビックシルエットがトレンド感たっぷりの白のチェスターコートシンプルなタイトスカートをあわせたコーディネート。なかなか挑戦しづらいオールホワイトコーデも上手にバランスを取れば女性らしさがアップしそう。かなりボリュームのあるチェスターコートなので、下はスッキリシンプルに見えるものがおすすめです。今回は白のタイトスカートできれいにまとまっています。足元もキレイめショートブーツでシルエットの邪魔になりません。バッグで少し差し色をプラスするとコーディネートにメリハリが出ていますね。

ニットタイトスカート×ボアブルゾンコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjA2ND0xNjA4ODEzMjM5

トレンドのボア素材ブルゾンを使ったコーディネート。程よくボリューム感のあるシルエットはどこか可愛らしい印象になりますが、ニットのタイトスカートと合わせることで大人かわいいコーデに仕上がります。アウターが大きめなのでトップスもボリューム感があるものでもOK。中にトレーナーを合わせることで防寒対策もバッチリですね。黒の甘すぎないバレエシューズを合わせることでフレンチシックなまとまりのあるコーディネートになっています。

ニットタイトスカート×ロングコート

https://cubki.jp/snaps/MTU1OD0xNjA5MzM4NjMy

ゆったりとしたデザインで華奢みえなコートがトレンド感のあるコーディネート。このタイプのコートは首元にボリュームがあるタートルネックとの相性が良いですね。ケーブル編みがかわいいニットスカートは丈が長めで大人可愛く着こなすことができます。足元にスニーカーを合わせればカジュアル寄りに、ブーツを合わせるとエレガント寄りになりますね。色使いが優しい大人カジュアルコーデです。

ニットタイトスカート×ざっくり大きめニット

https://cubki.jp/snaps/MjA3MT0xNjAxMzc2MzUz

ボリューム感たっぷりのニットが可愛いコーディネート。ゆったりとしたシルエットのトップスは体型カバーもバッチリですね。タイトスカートと合わせることで下のシルエットがスッキリしてスタイルUP効果もあります。ショルダーバッグでドレッシー感を演出して、モードっぽさのあるカジュアルコーデになっています。

黒タイトスカート×ボアジャケットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU0MD0xNTgwMzc5NjQ4

黒のタイトスカートとブラウンのボアジャケットを合わせたこちらの着こなし。足元はガーリーなローファーを合わせ全体のバランスをとっています。ボリューム感のあるアウターを冬に着る時は、ボトムスはタイトなシルエットのアイテムをセレクトするのがおすすめです。コーディネートにメリハリが付いておしゃれな着こなしに◎

黒タイトスカート×タートルネックニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTY1MD0xNjAxOTg0NDE0

ミディ丈でシルエットがきれいな黒のタイトスカート。ちょうどいいミモレ丈が動きやすさとこなれ感を演出してくれます。しっかり目の生地は体のラインがきれいに出るので冬におすすめです。トップスのタートルネックニットもおしゃれ見えしてくれるので、タイトスカートとも好相性ですね。温かいコートと合わせれば冬場の通勤もバッチリですね。足元はあえてローヒールにして優し気な印象に◎

ベージュタイトスカート×カシュクールニットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjEwMT0xNTc1Nzg1Mzk4

ラップ風デザインのカシュクールニットは大人っぽいコーディネートを楽しみたい時におすすめの一着です。ミモレ丈のベージュタイトスカートを合わせることで、グッとトレンド感が増しますね。アウターはシンプルなトレンチコートをせれくとしてコンパクトにまとめるのがGOOD。全体的に淡いベージュトーンでまとめることで女性らしいエッセンスもプラス◎

ニットタイトスカート×ダウンジャケット

https://cubki.jp/snaps/MTU1NT0xNTQ2ODY4NTYy

ダウンジャケットをチョイスするとカジュアルに決めたい日もバッチリ!タイトシルエットのスカートでも素材がニットなら伸縮性があるので履き心地&防寒もバッチリ!スカートのシルエットがすっきりしているのでボリューム感があるアウターとの相性も抜群です。トレンドのオーバーサイズのダウンジャケットと合わせれば大人かっこいいカジュアルスタイルの完成です。

マスタードカラータイトスカート×ダウンジャケットコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTkwMT0xNTQzMDcyNzQ1

秋冬にぴったりなウール素材のタイトスカート・フロントスリットがとても可愛いですね。このタイプのスカートはどちらかというとエレガントスタイルとの相性が良いです。今回はブラックのショート丈ダウンジャケットをあわせた大人カジュアルスタイルになっています。シンプルカラーでまとめているので、足元にヒョウ柄を持ってきてもすんなりなじみますよね。全体的に色味がぼやけそうなときはアクセサリーなどの小物を使ってアクセントを入れてみてください。

フロントボタンタイトスカート×フリースパーカー

https://cubki.jp/snaps/MTU1OD0xNTQxNDU1OTQ3

シルエットがきれいなフロントボタン付のタイトスカートはキレイめな印象になります。トップスはオーバーサイズでフェミニンな印象のフリースパーカできれいめカジュアルの完成です。トップスだけ見るとかなりカジュアルですが、タイトスカートと合わせるとバランスが取れます。また、上品感を出したいときは小物を上手に使ってください。今回は斜め掛けのポーチで高見えコーデに。

春夏秋冬使える!30代女性におススメのタイトスカートをご紹介。

タイトスカートといっても種類がありすぎて選べない!というあなたの為に厳選したタイトスカートをご紹介。以下の一覧から検索!

【2021年】最旬!大人可愛いタイトスカートお勧めコーデ♪

【COCA(コカ)】黒ドット柄タイトスカート×ホワイトダウンジャケットコーデ

https://cubki.jp/snaps/OTgxPTE2MjAzOTE0MzE

シンプルなロングドット柄タイトスカートはどんなコーデにも相性ばっちりな一枚。こちらのモデルさんはトップスにはシンプルなグレーパーカーをチョイス。かなりカジュアルな印象ですが、アウターに合わせた白のダウンジャケットが一気に女性らしいキュートさをプラス♪ややオーバーサイズなアウターは腕周りをラフにきこなして◎足元はナイキのハイテクスニーカーでまとめます。あわせるバックはあえてエレガントなものではなくラフなリュックやトートバッグが正解です◎

【ZARA(ザラ)】グリーンロングタイトスカート×クロップド丈ブラウスコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjEwMT0xNjI0ODgxODE3

すっきりとしたロングタイトスカートはハイライズデザインがあしなが効果抜群な一枚。さらにこちらのモデルさんはトップスにクロップド丈のカットソーをチョイスして、あしなが効果が倍増。幅広デザインがウェストも引き締めてせてくれるお手本のようなコーデにまとめています。足元はすっきりとしたシンプルなサンダルでカジュアルに。あえて足首を見せることで全体をすっきりとした印象に。