パタゴニア(patagonia)レトロXを着こなそう!メンズ、レディース、キッズコーデ30選 着こなしを徹底解剖します

パタゴニア(patagonia)を代表するアイテムと言っても過言ではない「レトロX」は、近年の90sリバイバルの影響で人気が再燃し、入手困難となる程の大人気の商品です。シーズン前にサイズやカラーによっては「品切れ」なんてことも。パタゴニアレトロXは、アウトドアブランドらしく、軽くて暖かく、着心地がいいと、機能性はもちろん、シンプルな変らないデザインの良さが人気の理由です。そんなパタゴニア (patagonia)レトロXで作るお洒落コーデを、メンズ・レディースさらにキッズに至るまでご紹介したします。カップル、兄弟、ファミリーでと楽しめるデザインはどなたでも似合います。フリースにしては少し高いお値段で迷っているなら、ぜひこの記事を読んでみてください。パタゴニア のブランドとしての取り組みや魅力についてもたっぷりご紹介します。今、絶対手に入れたくなるパタゴニアレトロXの魅力を徹底解剖していきます!メンズ、レディース、キッズコーデ30選。絶対、欲しくなる魅力いっぱいです。ぜひ、参考にしてみてください。

パタゴニア(patagonia)レトロXの魅力について徹底解剖します。なぜ、こんなに人気なの?

アウトドア系ブランドとして有名なパタゴニア(patagonia)。近年の90sリバイバルにより注目度が再燃しています。特に「パタゴニア(patagonia)「クラシック・レトロX・ジャケット」」というアイテムが注目されています。もはや、冬の定番として根強い人気のアイテムになります。

https://www.patagonia.jp/ms-classic-retro-x-jkt/23056.html

https://www.patagonia.jp/ms-classic-retro-x-jkt/23056.html

パタゴニア(patagonia)レトロXの魅力が知りたい!人気の理由は?

上の画像がレトロXです。アウトドア感のあるモコモコとした生地が特徴的なフリースジャケットとなっていて、同じデザインのベストバージョンもあります。このパタゴニア(patagonia)レトロXがアウトドアの枠を飛び越えて、タウンユースにまで広がり、今や入手困難になるほどの人気です。「クラシック・レトロX・ジャケット」は、その名の通り常に最先端のスペックを追求するアウトドア製品とは真逆のレトロ感を感じさせるデザインと、アウトドア製品ならではの機能性の高さとのギャップが魅力の製品です。カラーはシーズンごとに少しづつ違うこともあり、毎年買うなんてマニアまでいるとか。メンズ、レディース、キッズとたっぷり30選のコーディネートをご紹介します。

似たようなデザインのアイテムは他のブランドからも出ていますが、パタゴニア(patagonia)は本格派のアウトドアブランドなため、レトロXも見た目以上に優れた機能性があります。見るからに暖かそうなモコモコの表地に加え、防寒性がしっかりしているため、風を通しやすいというフリースの弱点を補っています。その上に、軽い着心地は人気の理由の1つと言えます。さらにジップにまで防風加工が施されているなど抜かりはありません。胸と両サイドにはジップ付きのポケット付きと、手ぶら派の男性でも満足できる仕様となっています。一言で表すとパタゴニア(patagonia)レトロXは「お洒落で暖かい機能性アウター」ということで、人気の高さも頷けます。人気になったのは、優れた機能性だけでなくシンプルな中の洗練されたデザイン。ベストタイプやジャケットタイプと種類も豊富に揃います。ベストは、季節の変わり目やお出かけに大活躍するのではないでしょうか?どちらも人気で迷う方も多いのは頷けます。シンプルなデザインが、コーディネートをアウトドアすぎることなく、普段のお持ちのアイテムに加えても、コーディネートもしやすく馴染みます。女性の方は、特にアウトドアすぎるのは…と苦手意識を持つ方も、問題なく着こなすことができます。スカートやワンピースとも相性がよくぜひ、チャレンジしてほしいコーディネートです。

パタゴニア(patagonia)レトロXのサイズはメンズ、レデイースに加えキッズサイズまで、豊富に揃います。「家族全員でパタゴニア(patagonia)レトロXコーデ」といったようなオシャレファミリーコーデも楽しめます。女性で小柄や細身の方であれば、キッズサイズの「XXL」「XL」も問題なく着ることができます。少しカラー展開が違うので、人と差を付けることもできるし、子供とお揃いなんてことも楽しめます。少しオーバーサイズで着るのもよし、ジャストサイズで着るのも良しと、色々な楽しみ方ができるのも魅力の1つかもしれません。店舗やネットでも完売が相次ぐジャケットだからこそ、見つけたら購入!自分のサイズを把握しておきたい。サイズ感についても確認していきましょう。

パタゴニア(patagonia)レトロXのサイズ感についてしっかりチェック!ネット販売で自分サイズを見つけたら即買いが鉄則

パタゴニア(patagonia)のサイズ感は根本的にパタゴニアのサイズは日本のサイズとは全然違うサイズ感になっています。ベースがアメリカのサイズで作られています。そのため、日本のサイズ感でいつもSサイズだからパタゴニアのサイズもSサイズだなっていうのは危険です。しかし、パタゴニア(patagonia)商品は、直営店は限られた場所にあることもあり、セレクトショップやネットでの購入も多いのではないでしょうか?セレクトショップの場合は、多くのサイズを揃えてないこともあり店舗によってはサイズ切れなんてことも多くあります。だからこそ、そんな時はインターネットショップなどからの購入することも多いのではないでしょうか?そのため、しっかりと自分のサイズを確認しておきたいものです。特に今のトレンドのオーバーサイズで着こなすなら、なおさらサイズ表記は念入りにチェックしておきましょう。自分のサイズを把握してからのイメージになります。すぐにサイズアウトしてしますキッズは、ジャストサイズよりも少し大き目を購入するのをオススメします。

パタゴニア(Patagonia)のサイズ感の特徴について

全ての商品はそれぞれの使用目的に応じてデザインされていますがpatagonia(パタゴニア)の商品のフィット感は目安として下記の4カテゴリーに分けられています。インターネット購入する際は、以下を参考にしてみてください。全ての商品の目安になります。自分のイメージする商品のイメージをしっかり持って購入すると、ネットでの購入でも失敗は少ないです。

・ぴったりフィット:体のラインに沿ってフィットするデザイン

・スリムフィット;細身のシルエットを備えたデザイン(テクニカルウェアの場合はベースレイヤーや薄手の中間着を着用する余裕を残したデザイン

・レギュラーフィット;細身すぎず大きすぎない適度なフィット(テクニカルウェアの場合は厚手の中間着を着用できるゆとりあるデザイン)メンズ、パンツのレギュラーフィットは脚の下部、裾が細身になっています。

・リラックスフィット:体の上にゆったりとしたドレープを描くデザイン。メンズ・パンツのリラックスフィットは、ヒップ、足の下部、裾にゆとりがあります。

・クラシックなボーイフィット:トラディショナルなクルーネックを備えたスクエアカットのスポーティーなシルエット

パタゴニア(patagonia)レトロXは「レギュラーフィット」になります。

今回、ご紹介するジャケットはレギュラーフィットの表記があります。細身すぎず大きすぎない適度なフィットになります。機能性を重要視したアウトドアで出番が多い方はジャストサイズを選ぶのをオススメします。やはり、ジャストサイズで着ることで、ジャケットの機能を一番に効かすことができます。ファッションアイテムとして着こなすのであれば、少し大きめのオーバーサイズを選んだりするのも楽しい。用途に応じて、サイズを選んでいきましょう。ぜひ、お気に入りサイズを見つけてくださいね。

【パタゴニア(patagonia)レトロX  メンズ サイズ感】

 サイズ  XXS         XS        S        M
  胸囲  79〜84 86〜94 89〜94 97〜102
 首回り  34〜36 36〜37 38〜39 39〜41
 そで丈   79  81  84 86
ウェスト(インチ)   26  28 29〜30 31〜33
 ウェスト   66  71 74〜76 79〜84
 身長   ー 165〜173 167〜178 173〜183
 サイズ             L            XL          XXL
 胸囲  107〜112  117〜122  127〜132
 首回り  42〜43  43〜44  44〜46
 そで丈   89   91   94
ウェスト(インチ)  34〜36  38〜40  42〜44
 ウェスト  86〜91  97〜102  107〜112
 身長  175〜185  175〜185  175〜185

【パタゴニア(patagonia)レトロX  レディース サイズ感】

レディースのXXSやXSを選ぶ場合は、キッズモデルもぜひ見て見てください。小柄な女性であれば、十分着こなすことができるサイズ感になります。金額も少し手頃になるため、キッズの大きいサイズからなくなるとのこと。サイズがあえばお得です。ぜひ、チャレンジして見てくださいね。

     XXS  XS   S   M
  サイズ   0  0〜2  4〜6  8〜10
  胸囲   79  81〜84  86〜89  91〜94
  ウェスト   62  65〜67  70〜72  75〜77
  ヒップ   85  88〜90  93〜95  98〜100
  身長 150〜163  152〜165  157〜173  165〜178
    L   XL
  サイズ  12〜14   16
  胸囲  98〜102   107
  ウェスト  81〜85   90
  ヒップ  104〜108   113
  身長  170〜180  170〜180

【パタゴニア(patagonia)レトロX  キッズ  サイズ感】

※キッズアイテムははボーイズとガールズとサイズ表が別になっています。少しづつサイズ感が違ってきます。パタゴニア(patagonia)レトロXは、ユニセックスデザインのため、サイズ感は同じになります。キッズには、おさがりの履歴が残せるIDラベルが付いてるというかわいい特権付き!ぜひ、名前を書いてお気に入りにしてくださいね。

 ボーイズ  XS   S   M   L  XL  XXL
 サイズ 5〜6  7〜8   10   12  14 16〜18
参考日本サイズ 120  130   140   150  160  170
  胸囲 58〜61  65〜67   70   72  77 81〜85
  ウェスト 57〜58  60〜62   65   67  71 75〜79
  身長 112〜118 126〜132   141   149  156 163〜169
  体重 19〜22  24〜31  32〜39  39〜45 46〜51 52〜61
 ガールズ       XS          S          M         L         XL     XXL
 サイズ     5〜6     7〜8          10         12         14     16〜18
参考日本サイズ       120  130    140   150  160       170
  胸囲    58〜61       66〜69          72         76         80     85〜89
  ウェスト 57〜58  60〜62   64   66   71 75〜79
  身長 112〜118  128〜132   140  147  155 163〜169
  体重 19〜22  24〜31  32〜39  39〜43  45〜50 49〜59

パタゴニア(patagonia)のサイズ表記については以下のリンクを参考にしてください。

パタゴニア(patagonia)のサイズ感を知るならこちら!

かっこよく着こなしたいパタゴニア(patagonia)レトロXのおすすめのメンズコーデ10選

それでは、パタゴニア(patagonia)レトロXで作るコーデをご紹介いたします!アウトドア系のアイテムの難しさは、合わせ方によっては野暮ったく見えてしまうという点です。機能性重視で作られているため、山や河原などアウトドアコーデだと、街中では浮いてしまう可能性があります。タウンユースにかっこよくきこなしていきましょう。今回ご紹介するコーデは、いかに「山登り感」を中和して、タウンユースに馴染むかを重視しています。まずは、春先まで活躍するパタゴニア(patagonia)レトロXのベストを利用したコーデです!ジャケットスタイルとベストスタイルをぜひ、参考にしてみてくださいね。

クラシック・レトロX・ベストコーデ

https://wear.jp/anygenie/6302252/

https://wear.jp/anygenie/6302252/

タウンユースにもスッキリと馴染むお手本のようなメンズコーデです。特徴は、BBキャップ、プリントスウェット、ハイカットスニーカーといったストリート系のアイテムと合わせているところでしょう!現在のストリートファッションブームにもマッチしていて、当然ながら街中(ストリート)にも馴染みます。パタゴニア(patagonia)レトロXはストリート系のアイテムとは好相性なので、お手軽で簡単に「山登り感」を中和できるのでおすすめです。普通のコーデのシューズを、写真のようなボリュームのあるハイカットスニーカーにするだけでも、変わりますのでおすすめです!

https://wear.jp/murasakibaru/15460336/

トレンドの太いストレートパンツにポイントカラーのイエローが効いたパタゴニア(patagonia)レトロXがかっこいい。ワンサイズ大き目が今の気分にぴったり。バックはほっこりした雰囲気には、布地のトートバックがぴったり。

https://wear.jp/s1s2m3/15485992/

パタゴニア(patagonia)レトロXのネイビーのベストタイプをカーキのパンツにコーディネート。グレーのパーカーとも相性がよく着こなしに華やかさがプラスされます。暖かさは、もちろんですが1枚加えるだけでオシャレ度アップします。足元は、ニューバランスのスニーカーでカジュアルにまとめています。

https://wear.jp/hk0719/11407757/

テーパードシルエットがかっこいいディッキーズのチノパンツにパタゴニア(patagonia)レトロXのブルーをコーディネート。スニーカーは、コンバースのハイカットをチョイスしています。バックパックでとことんカジュアルに。カジュアルだけども、色味を抑えたベージュコーディネートがシンプルにかっこいい。タウンユースとして、かっこよく着こなしたいスタイルです。

https://wear.jp/disengney/13854012/

ネイビー×エンジの珍しいカラー合わせのパタゴニア(patagonia)レトロX。大人っぽく、かっこいい。定番カラーのアイボリーよりもカジュアル度が下がり、タウンユースにぴったりのカラーと言えそう。かぶり率も低く、個性的に着こなせます。こんな風に黒の細身のパンツにレザーシューズのシンプルなスタイルにサラッと羽織りたい。

https://wear.jp/hk0719/13924834/

秋冬コーディネートの定番のチェックシャツとの相性も抜群に良い。山スタイルになっていないのは、全体の小物使いが上手だから。グレーのニット帽にエンジのアディダスのスニーカー。暖かみのあるコーディネートは、これからの季節にぴったりです。ソックスは、チェックシャツとリンクさせた水色をチョイス。チラッと見えた時のスタイルも計算されているオシャレ上級者のコーディネートです。

https://wear.jp/yutaki0929/13826845/

ブラック×ブラックのモノトーンコーディネート。上手に白を効かすことでコーディネートに動きが出るのでオススメです。ブラックスキニーに白のトレーナーの上にサラッとパタゴニア(patagonia)レトロXを羽織ってカジュアルダウン。足元のモノトーンのスニーカーも効いています。秋口はTシャツの上に、冬は厚みのあるニットやトレーナーの上に羽織れば、防寒もあり、着心地も抜群です。

https://wear.jp/haruki0607/13867592/

https://wear.jp/haruki0607/13867592/

パタゴニア(patagonia)レトロX以外をオールブラックでまとめたメンズコーデです!アウトドアアイテムを利用しているとは思えないほどスタイリッシュな雰囲気を作り上げています。インナーはハイネックとなっているので防寒もしっかりとできていそうです。ボトムスはスキニーとなっているのが、このスタイリッシュさの秘密でしょう!全体的にスッキリとまとめて、少し大きめのサイズ感のパタゴニア(patagonia)レトロXを羽織るのが今風コーデの作り方です。

https://wear.jp/polejamsandwich/14306749/

ジャストサイズのグリーンのパタゴニア(patagonia)レトロXに太めのデニムをコーディネート。トップスをジャストサイズにすることで太いデニムとのバランスが取りやすくなります。グリーンのカラーをトップスに持ってくることで目線が上にいくのでスタイルアップにも繋がります。足元は、ジャケットとリンクしたグリーンのナイキで。スニーカーの白の色味もいい感じ。大人カジュアルなスタイルです。

https://wear.jp/murasakibaru/14132829/

今年、秋冬注目の「コーディロイ」のタック入りパンツ。温かみのあるブラウンカラーがより、今年らしい。ちょっとレトロなスタイルが、パタゴニア(patagonia)レトロXにもぴったりマッチしています。足元は、黒のハイカットのコンバースでしっかりと全体を引き締めています。モコモコジャケットと温かみのあるほっこりしたブラウンのスタイルがこの秋冬に真似したいコーディネートです。

パタゴニア(patagonia)レトロXを女子だって着たい!オシャレコーデ10選をご紹介

メンズから人気に火がついたパタゴニア(patagonia)レトロXは、今では、レディースでも大人気。1枚持ってると、カジュアルなスタイルにマッチするとか。いつものワンピースに羽織るだけでカジュアルダウンできたり、秋冬の外遊びにも軽いのでぴったり。彼とお揃いコーデやファミリーコーデができるのも嬉しいポイントになっています。アウトドアスタイルになりすぎない、あくまでタウンユースで使えるオシャレコーデをたっぷり10選ご紹介します。メンズライクに着こなす?それとも女性らしく?オシャレの幅が広がるようなコーデをご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

https://wear.jp/kukkamama/13348324/

https://wear.jp/kukkamama/13348324/

女性からの支持率も高いパタゴニア(patagonia)レトロXですが、あまり「バッチリキメる」ためのコーデというよりは、普段遣いに気軽に羽織りたいアウターとなりやすいでしょう。そのため、あまり作り込ずにできるコーデがあると便利です。上画像は、とてもリラックスした雰囲気でそれでいて手抜き感のない絶妙なバランスのコーデとなっています。長袖カットソーにブラックデニムにスニーカーとシンプルなアイテムばかりですが、全体的に細身のフォルムで仕上げることで程よく引き締めています。

https://wear.jp/chiaki0413/13828175/

https://wear.jp/chiaki0413/13828175/

アウトドア色の強いパタゴニア(patagonia)レトロXに花柄ロングスカートという大胆な組み合わせですが、意外にも相性抜群です。スカートの柄が茶系なので、ベージュのパタゴニア(patagonia)レトロXと統一感が出ています。間にグレーのパーカーも挟んでいるので真冬でも対応するコーデと言えるでしょう。このようにあえて真逆のテイストのアイテムと合わせれば「山登り感」がなく、タウンユースにぴったりのコーディネートです。女性らしい小花柄のロングワンピースなんかとも相性GOOD!

https://wear.jp/riri0825saito/13866545/

キッズのパタゴニア(patagonia)レトロXをかわいくコーディネートしています。サイズ感も含めて小柄な女性なら十分キッズのパタゴニア(patagonia)レトロXを楽しめます。そして、カラーバリエーションが、大人のものと少し違うことも。こんなかわいいピンクもキッズならではと言えます。もちろん、大人と変わらぬカラーも販売されています。ジャストサイズで選ぶのであれば、XLやXXLをオススメします。セレクトショップによっては、レディースとして販売しているところも。お値段も少しだけリーズナブル。選択肢の1つに加えてもいいかも⁉︎

https://wear.jp/mo219/14393748/

オーバーオール×パタゴニア(patagonia)レトロXの鉄板コーディネート。太めのカジュアルなオーバーオールとの相性は抜群に良い。BBQやアウトドアは、もちろん。普段使いにもかわいい。足元は、コンバースを。体のラインを出さない分、チョンっと乗せたニット帽を加えることで目線を上にして背を高く見せてくれる効果があります。モコモコのレトロジャケットが、ほっこりしたオーバーオールをよりかわいらしいコーディネートに仕上げてくれています。

https://wear.jp/himariso/13942583/

メンズサイズをあえて着るのもかっこいい!少しゆったりとしたサイズ感が、今の気分にぴったりです。ブラックのパタゴニア(patagonia)レトロXのメンズをシャープにかっこよく着こなしています。ブラックスキニーに白のTシャツをジャケットの裾から出すのがポイント。そして、足首を少し出すことで女性らしさもプラスされます。ヘアスタイルは、すっきりとまとめるのが良さそう。バックは、トレンドの巾着でかわいく。バックの光沢感のあるカーキがコーディネートに幅が広がりポイントになります。

https://wear.jp/chiiiii627/13848261/

ミニスカートにコーディネートするなら、少し大き目が今の気分にぴったり。たっぷりとしたモコモコシルエットが、女性の細さをより強調してくれる嬉しい効果もあります。デニムカラーのキルティングミニスカートにオフホワイトのニットをコーディネートしたスタイルにさらっと羽織りたいパタゴニア(patagonia)レトロX。胸元に下げたボディーバックもパタゴニア(patagonia )でリンク。足元は、ハイテクスニーカーやタイツの色に合わせた黒のスニーカーをコーディネートしてもかわいい。ドクターマーチンなど少しボリューム感のあるブーツもバランスが取れてかわいいかも⁉︎

https://wear.jp/57175/13877655/

かわいいデニムのロングジャンパースカートにコーディネートした赤がポイントのパタゴニア(patagonia)レトロXは、チャコールグレーをチョイス。赤のポケットカラーがポイントになりかわいい。足元は、ボリュームのあるナイキのダットスニーカーをチョイスしています。ワンピースの中でも、デニムのロングジャンパースカートは、ボリューム感もありカジュアル度も高く、コーディネートの幅が広がります。赤をポイントにしているため、全体のカラーを抑えてることもあり個性的なアイテムをコーディネートしていますが全体的にまとまりのある大人でも楽しめる上級者のカジュアルコーディネートです。

https://wear.jp/chiruchopiiii/10717612/

とことん、メンズライクに着こなすのもかわいい!ベージュのチノ生地のショートパンツにコーディネートしたパタゴニア(patagonia)レトロXはボリューム感があるサイズをチョイス。足元は、SHAKAのカーキのスポーツサンダル。シンプルなコーディネートだからこそかっこよく着こなせるのは、さすがのアウトドアブランドのパタゴニア(patagonia )の魅力。機能性はもちろんですが、信頼できるブランド力もある上、優れたデザイン性もあり人気も頷けます。キャップとフリースジャケットをパタゴニア(patagonia )でリンクさせているのもGOOD。とことんメンズライクに着こなすとより女性らしさが引き立ちます。

https://wear.jp/akippalla/13837501/

ボリューム感のあるタックの入ったパンツとコーディネートしたパタゴニア(patagonia)レトロXは、ジャストサイズをチョイス。しっかりとしたニットをインナーとして選んでいるので、防寒対策もバッチリ。腕周りにゆとりのあるデザインのため、インナーを選ばず着こなすことができます。案外、ボリュームのあるニットなどもインナーとして着こなせるので、結構な冬まで着こなせるのは嬉しいポイントになります。茶系でまとめたコーディネートは、ほっこりと冬らしくかわいい。軽さもあり、さっと羽織ることができるジャケットは大活躍間違いない。普段の装いに1枚プラスしたい。どうしても、アウトドア感が強く抵抗感がある方は、なるべく普段の格好に試着してみてください。意外にもしっくりとくるのが、このジャケットの魅力です。

https://wear.jp/llllstrawberryllll/11456488/

かわいい!こんなペアルックを楽しめるのもメンズ・レディース共にサイズが豊富に揃うパタゴニア(patagonia)レトロXだから。ジャケットだけでなく、スキニーパンツにノースフェイス(Nothface)のバックやバンズ(Vans)のスニーカーを全身のペアルックが素敵です。デートの時に、こんな風にお揃いコーディネートも楽しく、写真もいっぱい撮りたくなりますね。

キッズだって負けてられない!大人顔負けのオシャレ パタゴニア(patagonia)レトロXコーデ10選

大人気のパタゴニア(patagonia)レトロXは、キッズにも大人気!オシャレなパパ・ママが着せたいアウターとして毎シーズン人気です。大人顔負けのオシャレなコーディネートが沢山、ありました。大人と変わらず、機能性は抜群。動きやすく、暖かい、軽い、丈夫、肌触りが良いなど、様々なメリットがあります。そんなフリースは、リサイクル・ポリエステルで作られています。繊維の中でも取り扱い易さナンバーワンのポリエステルは、冬でも洗濯もしやすく、乾きやすいと良い事ずくめの繊維です。寒さにも負けずに動き回る子供に着せるのは、ぴったりのジャケットと言えます。サイズも豊富にそろうので、兄弟で着せたり、親子で着たりとファミリーコーディネートも楽しめます。ぜひ、コーディネートの参考にして見てくださいね。

https://wear.jp/muuu1126/13613539/

黒のスキニーパンツに黒白のボーダーのロンTシャツ、そんなコーディネートにパタゴニアのレトロXのベストをコーディネートしています。温度調整も上手にしやすいベストは、子供にぴったり。足元は、ボアブーツでボリュームを出しています。ニット帽もアクセントになりかわいい。動きやすくかわいいコーディネートは、子供も喜ぶスタイルです。

https://wear.jp/zuzu3310/15349098/

かっこいい!かわいい!大人顔負けのスタイルは、大人の女性でも参考にしたくなるコーディネートです。黒のスキニーパンツにvans(バンズ)のオールドスクール、ブルーのビックサイズのパタゴニア(patagonia)レトロXをコーディネート。黒のノースフェイスのボディバックもポイントになり、かっこいい雰囲気になります。少しウェーブのかかったロングヘアがメンズライクのコーディネートに女性らしさをプラスされてステキ。丸サイングラスも決まっていますね!キッズの場合は、少し大きめを購入すると、2年越し秋冬と長めに着せることができます。すぐにサイズアウトしてしまう子供だからこそ、たっぷりとしたビックサイズの着こなしが丁度良いかもしれません。

https://wear.jp/haruharuharukids/13581549/

キュートなパタゴニア(patagonia)レトロXベビちゃんコーディネート。今年、トレンドのブラウンを上手取り入れています。ブラウンの柄のキュロットにグレーの厚手のタイツで防寒もバッチリ。レザーブーツが大人っぽくてステキ。ライオンバックがポイントになりよりコーディネートをキュートに仕上げてくれます。黒のベレー帽もバッチリ。モコモコジャケットが、ベビちゃんが着るとお人形みたいで

https://wear.jp/suzu1shio1aki/13639948/

今年、大人のファッショントレンドのワイドパンツをパタゴニア(patagonia)レトロXとかっこよくきこなしています。ブラウンのコーディロイにコンバースのハイカットスニーカーをコーディネート。全体のバランスを少しオーバーサイズにすることで、より大人っぽい着こなしに見えます。子供らしい配色もかわいいけど、こんな風に大人カラーでまとめるのもステキ。男の子らしいコーディネートです。

https://wear.jp/kokoriii/8519257/

姉妹でパタゴニア(patagonia)レトロXをかっこよく着こなしています。サイズが豊富にそろうので、兄弟や姉妹でおそろいコーデも楽しめます。デニム生地のシャツワンピとの相性は抜群です。ジャケットのカラーは紫とピンクでイロチで。ブルーとイエローのニット帽もかわいい。色を使っても、全体がまとまってるのは、デニムとパタゴニア(patagonia)レトロXのジャケットだから。

://wear.jp/riku00rena/13597781/

かっこいい着こなしにキュンキュン。少しウォッシュがきいたストレートデニムにネイビーのニット。ニットのインナーは白のシャツをチラッとみせて。足元は、ローカットコンバーススニーカー。ロールアップで足首を少しだけ出して。ラフに伸びたロン毛もかっこいい。完全に大人と同じようなコーディネートですが、完璧にかっこよく着こなしています。シンプルなスタイルは、飽きが来ず、長く着こなせます。キッズにも、定番アイテムを揃えるのもいいかもしれない。コーディネートがまとまりやすく

https://wear.jp/mamidesu/14112882/

ミッキーの耳のように2つポンポンが付いたニット帽が元気いっぱいのコーディネートにぴったり。元気いっぱいに動く時に、パタゴニア(patagonia)レトロXのベストは最高!ベストの袖から出るボーダーTシャツが着こなしのポイントになります。足元は、大人にも大人気のボリューム感のあるナイキのダッドスニーカーで動きのあるスタイルに。蛍光イエローのスニーカーの紐もしっかりポイントになっています。

https://wear.jp/sshyhrac/13791663/

カーキのボリュームのあるロングスカートにパタゴニア(patagonia)レトロXをコーディネート。足元は、重みのある黒のブーツでかっこよく決めています。ロングスカートでも、裾がたっぷり広がるボリュームスカートなら足さばきもしやすく子供でも着こなせます。パタゴニア(patagonia)レトロXのジャケットを合わせることで全体にボリューム感がありますが、このバランスが子供だから最高にかわいい。ちょこんと被ったベージュのニット帽も全体のカラーともマッチしてかわいい。

https://wear.jp/nonrimu/13220767/

人と差を付けるならブラウンのカラーが、かっこいいパタゴニア(patagonia)レトロXのベストなんていかが?。季節の変わり目から大活躍のベストはTシャツの上に羽織るだけで秋口にぴったり。ブルーのポケットとストレートデニムのノーウォッシュのデニムとのリンクもかっこいい。足元は明るくポイントになる赤のコンバースをコーディネートしています。ベストは、コートのインナーとしても暖かく、袖周りを気にせずにコートを選ばず着こなすことができます。定番のアイテムだからこそ、カラーで人と差を付けるのも良さそうですね。

https://wear.jp/meg0613/13900706/

パパとお揃いの親子コーデ!パパは、グレーのパーカーに細身のブルーデニムをパタゴニア(patagonia)レトロXにコーディネートしています。足元は、ブラックのスニーカーでデニムからカラーを揃えることで脚長効果も期待できます。ニット帽もモスグリーンを選んで全体的に色を抑えています。お子さんは、赤のニット帽がポイントで、ベージュのレギンスにネイビーのパーカーをコーディネート。パーカーとベストのコーディネートはパパとのリンクコーデ。ベストで軽快に動き回る姿にキュンキュン。

patagonia(パタゴニア)はただただ、大量生産するだけでなく地球についてしっかり考えた取り組みをしています

patagoniaが考える地球のこと!リサイクルや修理の取り組みについてご紹介

アパレル廃棄問題解決プロジェクトについてもしっかり取り組みをしています。現代のアパレル業界では大量生産・大量消費が当たり前とされてきました。その中で、パタゴニアは自然と隣り合わせのアウトドアブランドらしく、いち早くリサイクルや修理をして長く着ようというコンセプトを持って活動しています。パタゴニア(patagonia)はティンシェッド・ベンチャーズの投資ファンドを利用し、すでに手元にあるモノの寿命を延長させるための新しい経済を支援しています。たとえば「Yerdle」とパートナーシップを組み、不要なものを譲り、引き換えに有益なものを入手することが容易にできるようにしました。また、ポートランド店とアウトレット目白店では革新的なトレードイン・プログラムにてパタゴニアのユーズド製品を販売しています。それでも永久に持続するものはありません。そこでパタゴニア製品の簡単にリサイクルする方法も引き続き提供しています。有益な寿命が尽き、修理不能になったものはパタゴニア(patagonia)が100%リサイクルします。

1993年にペットボトルからリサイクル・ポリエステルを製造しはじめたパタゴニアは、ゴミをフリースに変身させた最初の画期的なアウトドア衣料会社です。それは天然資源の使用量や廃棄物を減らして人々の健康を守る、より持続的な製造システムを支える積極的なステップとなりました。現在、パタゴニアはペットボトルだけではなく、製品に使用できない二級品の素材や着古した衣類(自社のものを含む)をポリエステル繊維に再生して衣類を製造し、キャプリーン・ベースレイヤー、シェル、ボードショーツ、フリースまで多くの製品に再生ポリエステルを使用しています。

リサイクル・ポリエステルを使用することで、原材料としての石油への依存が削減されます。また廃棄物を減らして埋め立て地までの寿命を延長し、焼却炉から出る有害なガスの放出も減少させます。さらに使えなくなったポリエステル製品の新しいリサイクル経路の促進も手助けしています。衣類を長く使うこと。修理しながら、お下がりを廻しながら、本当に新しいものが必要になるまで使い続ける。ムダに消費しないことも、今や消費者の責任として考えるべきなのではないか。便利なものを捨てるのではなく、それがそこにあるなら大事にすることを考える。使える限り、ものの寿命をまっとうする。

パタゴニアのショップに行くと、修理を終えたジャケットやパンツが展示されています。長く着たいと思わせるではないでしょうか?15年も修理されながら愛用されたサーフショーツ、6年も一緒に旅をしている帽子、人生のイベントの目撃者としてそばにあり続けるジャケット、お下がりとしてたくさんの子どもの身体を包んできたビブパンツなどなど。「Worn Wear」、つまり「着古されたものたち」と題されたムービーは、パタゴニアがリリースしたものです。サブタイトルは「着ることについてのストーリー」。ひとつのものを長く、大事に使うことに豊かさを感じる。そんな映像に仕上がっています。ぜひ、1度見て見てください。自然や外遊びが好きなアウトドア好きには、衝動のままに新しいものを買うのではなく、ちょっとだけ立ち止まることも意識したいと思わせます。

パタゴニア(patagonia)レトロXはもちろん、リサイクルフリースで作られています

オシャレに着こなせる上に、秋・冬にアイテムとして機能性もあり、絶大なる人気のあるパタゴニア(patagonia)レトロXは、別の魅力もあります。フリース素材は、リサイクル・ポリエステルを使用されています。リサイクルフリースで作られているとなると、ますます魅力的に感じるのではないでしょうか?修理しながら長く愛用できるお気に入りのアイテムになります。冬のマイ定番として活躍します。丈夫で機能性バッチリのフリースになります。サイズアウトしたキッズ商品は、ぜひ、お下がりとして回してください。

【2019年秋冬】patagonia(パタゴニア)人気商品"レトロX"の発売日はいつ?予約はできるの?取り扱いカラーは?などなど調査してみました!

【パタゴニア レトロX 発売日は?】

https://www.patagonia.jp/product/womens-snap-front-retro-x-fleece-jacket/22865.html?dwvar_22865_color=DAK&cgid=womens-new#start=1

毎年秋冬になると、気になるのがパタゴニアの大人気アウターレトロXの発売日ですよね?大人気商品なので、早く購入しないと売り切れや再入荷待ちなんてこともしょっちゅう!いち早くレトロXの発売日を知って売り切れる前にゲットしてください!

"2019年11月現在レトロXは発売中"

です!正確な発売日を調査したのですが、ヒットしませんでした。が、毎年夏ごろに発売が開始されている模様です。夏の暑い時期に冬のアウターのことなんて考えたくないですが、レトロXを購入したい方はこまめにパタゴニアのオンラインストアをチェックすることをお勧めします!

さらにパタゴニアではメンズ向けのレトロXとレディース向けのレトロXではデザインやサイズ感が異なってきます。

【レトロXの人気カラーとは?】

2019年のレトロXは男性も女性もデザイン的にはそこまで差はないように感じますが、カラーは女性のほうが明るめのカラーが多いように感じられます。ただパタゴニアの場合やや大きめにつくられていることも多いので、男性が女性もののレトロXを購入するなんてことも可能なようです。

またレトロXの予約の可否なども調べてみましたが、こちらもノーヒット。

【クラシックレトロX発売日 FREAK'S STORE(フリークスストア)】

クラシックレトロXについては発売日のヒットがありました!

2019年11月7日、FREAK'S STORE(フリークスストア)のオンラインショッピングにて発売が開始されるとのことです!

カラー展開はオフホワイト、ナチュラル、ブラック、キャメルの4カラー展開。サイズはXS,S,M,L,XLの5サイズ展開。が!もうすでに在庫が少なくなってきている模様で、カラーによってはすべてソールドアウトというカラーもあります。再入荷待ちなどができるのかどうかはわかりませんが、再入荷を知らせるアラートもついているので、ほしいカラーやサイズがなくなってしまった方は再入荷を待ってみるのもいいかもしれませんね。

こちらのレトロX、オンライン限定の発売ということもあり、できるだけ早めの購入をお勧めします!

レトロXを使用したおしゃれマウンテンカジュアルコーデはこれだ!

メンズ【Patagonia(パタゴニア)】白レトロX×グレースウェットパーカーコーデ

https://wear.jp/gretsch6119/15691378/

レトロXのかわいらしいベストを使用したコーデ。インナーに合わせるのはパタゴニアのグレースウェットパーカー。フロント部分にプリントされたデザインがかわいらしく遊び心たっぷり。ボトムスかカーキのやや細めのパンツをチョイス。足元に合わせるスニーカーもマウンテンライクな少しごつめなものを合わせてマウンテン差をプラス。赤のニットキャップが全体の差し色になりおしゃれコーデを完結しています。

メンズ【Patagonia(パタゴニア)】ベージュレトロX×ベージュスウェットパーカーコーデ

https://wear.jp/kznk/15680372/

こちら2019年最新作のクラシックレトロX。胸元のポケット部分のイエローカラーがかわいらしい差し色になってとってもキュートです。ボトムスには濃いめのインディゴブルー電微無パンツをチョイス。トップスにはシンプルなベージュのスウェットパーカーをチョイス。足元もスウェットパーカーと同様ベージュのスニーカーを合わせてカラーコーデを完成させています。パタゴニアのレトロXにはシンプルコーデがよく似合うということを証明してくれている正統派おしゃれコーデです。

メンズ【Patagonia(パタゴニア)】アースカラークラシックレトロX×アースカラーコーデュロイパンツコーデ

https://wear.jp/harushi/15654308/

アースカラーを使用したややカーキよりのクラシックレトロXは着回し力抜群な一枚!暖かさもさることながらなんと言ってもそのファッショナブルなデザインは、人気が出ないはずがありません。アースカラーによく映える白カットソーをインナーに落とし込んで、ボトムスは茶褐色のアースカラーコーデュロイパンツをチョイスします。ややワイドな作りのパンツが男らしく、足元に合わせたVANS(バンズ)の黒シューズがストリートコーデにいざないます。

レディース【Patagonia(パタゴニア)】カーキレトロX×黒スキニーパンツコーデ

https://wear.jp/miho6446/15591582/

超オーバーサイズのカーキクラシックレトロXを合わせたレディースコーデはトレンド感抜群。やや大きすぎるくらいのサイズ感はボトムスに合わせた黒スキニーパンツと相性抜群です。トップスインナーにもオーバーサイズの白カットソーをチョイス。やや長めの丈はアウターからちらりと除くレイヤードスタイルが今季らしいスタイリング。足元は定番のコンバースローカットスニーカーで合わせます。やや短めの丈感が程よいスキニーパンツからはグレーソックスがのぞいて抜け感もプラス。全体的にまとまりのあるレディースマウンテンカジュアルの完成です♪