adidas(アディダス)のbusenitz(ブセニッツ)サイズ感 はどう?履き心地にコーディネートを徹底解剖します

お馴染みのadidas(アディダス)のbusenitz(ブセニッツ) はサッカーシューズのコパ・ムンディアルをベースに、スケートボーディング界のパイオニア、「デニス・ブセニッツ」のアイデアをデザインに落とし込んだ一足として人気になったadidas(アディダス)のスニーカーです。耐久性のあるトゥキャップに一体型のソールとヒールキャップを備えた作りが、スケーターのコントロールを最大限に引き出すとか。人間工学に基づいたパッド入りの履き口が、ホールド感を高め、スケーターには最高の1足になりそう。 もちろん、デザインもかっこいいのでファッションのキーアイテムとしても重要な1足になります。スケート用だけなんてもったいない。サイズ感をチェックして、履き心地やコーディネートをご紹介します。かっこいい1足としてすぐに欲しくなるのでは?

adidas(アディダス) busenitz(ブセニッツ)のサイズ表・サイズ感・サイズ選び

大人気のadidas(アディダス)のbusenitz(ブセニッツ)のサイズ感について、ご紹介します。スケートボードをするのにぴったりのスニーカーはやはり、サイズ感は履き心地に左右する重要なポイントです。購入した方の口コミもご紹介します。合わせて参考にしてくださいね。

adidas(アディダス)メンズサイズ表

adidas(アディダス)サイズ表記        
US 6 6 1/2 7 7 1/2
UK 5 1/2 6 6 1/2 7
FR 38 2/3 39 1/3 40 40 2/3
JP 24.0 24.5 25.0 25.5
CHN 23.5/23.0 24.0/23.5 24.5/24.0 25.0/24.5
adidas(アディダス)サイズ表記        
US 8 8 1/2 9 9 1/2
UK 7 1/2 8 8 1/2 9
FR 41 1/3 42 42 2/3 43 1/3
JP 26.0 26.5 27.0 27.5
CHN 25.5/25.0 26.0/25.5 26.5/26.0 27.0/26.5
 
 
 
adidas(アディダス)サイズ表記        
US 10 10 1/2 11 11 1/2
UK 9 1/2 10 10 1/2 11
FR 44 44 2/3 45 1/3 46
JP 28.0 28.5 29.0 29.5
CHN 27.5/27.0 28.0/27.5 28.5/28.0 29.0/28.5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

adidas(アディダス)サイズ表記        
US 12      
UK 11 1/2      
FR 46 2/3      
JP 30.0      
CHN 29.5/29.0      

 

個人差はありますがスニーカーは、通常のレザーシューズよりも少し大きめ0.5センチ〜1センチアップを選ぶのが良さそうです。足の甲高だったり幅広めの方は特にワンサイズアップをおすすめします。

「商品はかなりキツキツで1センチくらい大きいサイズを選ばないと無理です!できればサイズを5ミリ〜10ミリ上げたかったけど…」なんていう口コミもあります。ただハーフサイズあげると人によっては長さが気になるかもしれません。多少のゆとりが気になる場合は靴紐を一番上の穴まで通すと踵まわりがホールドされて踵のウキが気になることはないはずです。もしたてのサイズが合わないと気になる方は、足のつま先やかかとの部分に詰め物を入れてみるのも手です。今では、つま先やかかと専用の詰め物も売られていますのでチェックしてみてくださいね。

中にはゴアッテクス搭載モデルのスニーカーもあります。このブセニッツはデザイン性も高く、雨の日に足元を気にせずにオシャレに着こなすことができるのはかなり嬉しいポイント。種類も多くあるので素材のチェックもしてみてくださいね。サイズ選びについてですが、ゴアテックス搭載であっても内部の厚みは普通のモデルと変わらないので普段と同サイズ選びで問題はなさそうです。

 

adidas(アディダス)のbusenitz(ブセニッツ)人気NO.1のブラックコーディネート

カラーバリエーションも豊富にそろっていますが、やっぱり人気NO.1はブラックです。ブラックの中でも、ソールが白、茶色、黒とカラーバリエーションもあるのが嬉しいポイントです。ソールによってイメージが変わるのでオシャレな人は気になるのでは?お気に入りは何色?ぜひ、コーディネートを参考にしてみてくださいね。

adidas(アディダス) busenitz(ブセニッツ)×グレーパーカーコーデ

ソールが茶色のbusenitz(ブセニッツ)は、一番カジュアル度が高めかもしれません。スケーター向けのスニーカーなので、ソールのグリップ力はもちろん抜群に良い。グレーのパーカーにカーキのパンツに、黒を上手にコーディネートしたスタイル。スニーカーも黒だけども、ソールを茶色を選んだことで、カーキとのパンツの相性が良いですね。全体的にたっぷりとしたシルエットがスケーターらしいコーディネートです。

adidas(アディダス) busenitz(ブセニッツ)×スーツジャケットコーデ

とても渋めでかっこいいコーディネートですね。スーツにコーディネートしたブラック×ブラックのadidas(アディダス)のbusenitz(ブセニッツ)。ジャケットのインナーに選んだTシャツも実はアディダス。さり気ないリンクもオシャレでかっこいい。スーツをこんな風にかっこよくコーディネートできるのは、全体のカラーバランスが良いです。帽子とTシャツとスニーカーのラインは白に。Tシャツの柄以外は全体のカラーを抑えることでカジュアルだけども、大人っぽくコーディネートされています。オシャレ上級者のコーディネートは、アクセサリーや小物遣いもかっこいい。ぜひ、参考にしてみてください。

adidas(アディダス) busenitz(ブセニッツ)×ワイドパンツコーデ

男性にも大人気のワイドパンツ。これから、更に注目のパンツになりそうです。チノ生地のベージュのワイドパンツにオレンジのキルティングジャケットをインナーとしてコーディネートしています。オレンジカラーがポイントになりかっこいい。ワイドなシルエットのコーチジャケットを羽織ることでより全体がまとまります。小さめサイズのベレー帽もかっこいい。スニーカーの白のラインとソールが抜け感が出ます。ここが黒だと重すぎてしまうという、かなり計算されたスタイル。ぜひ、スニーカーコーディネートの参考にしてみてください。

adidas(アディダス)のbusenitz(ブセニッツ) スケーターの人気コーディネート

スケートボーディング界のパイオニアである「デニス・ブセニッツ」のアイデアをデザインにし、ブセニッツの名前もついたシューズはやっぱりスケーターに履いて欲しい。ただただ、スポーツをする為のスニーカーではない。オシャレとして履きこなすことができる1足。機能性も信頼できるのは、adidas(アディダス)だから。そんなスケーターの着こなしはどんな感じ?コーディネートをチェックしてみましょう。

adidas(アディダス) busenitz(ブセニッツ)×キャップコーデ

グレーのブセニッツをストレートなパンツにスマートにコーディネートしています。ニットのインナーにはボタンダウンシャツを着ることで、より、スマートな印象になります。スケーターらしくキャップを合わせたりとカジュアルさもプラス。白のニットが爽やかな印象になります。キレイ目なスケータースタイルで参考になりそう。

adidas(アディダス) busenitz(ブセニッツ)×ニット帽コーデ

今ならトレンドの少し丈が短めのパンツには断然、ホワイトソックスをコーディネートしたい。モスグリーンのパンツにTシャツ。刺繍が素敵なシャツジャケットがポイントになります。刺繍のカラーである赤のニット帽も全体のバランス的にはGOOD!ポイントカラーを帽子に持ってくると目線が上に行くことでスタイルアップにも繋がります。全体的にほっこりしたコーディネートをしっかり締めてくれるのは、黒のブセニッツ。3本ラインは水色でかわいい。

adidas(アディダス) busenitz(ブセニッツ)×デニムハットコーデ

スケボーの技がしっかり決まってかっこいい!adidas(アディダス)のオリジナルメンバーの一人であるデニス・ブセニッツ。彼の爆発的なスピード力と、華麗なトリックは圧倒するかっこよさ。本モデルは、アイコニックな“サンバ”を着想源に、ブセニッツの特徴を踏まえ完璧なソールを搭載しています。足首まわりにしっかりフィットし、快適さと安定をもたらす履き口です。快適な履き心地と正確なボードフィールを安心して手に入れられるのは嬉しい。人気の黒に白の3本線タイプのシューズにコーディネートしたのは、動きやすい迷彩パンツ。トップスは白のロゴTシャツをコーディネートしています。デニムのハットもコーディネートのポイントに!

adidas(アディダス)busenitz(ブセニッツ)人気キッズコーディネート

adidas(アディダス) busenitz(ブセニッツ)×レギンスコーデ

https://wear.jp/kaoooyunaaaa/15378252/

https://wear.jp/kaoooyunaaaa/15378252/

最近トレンドのスポーツMIXコーデですね!adidas(アディダス)でブランドをあえて統一させることでお洒落な印象になりますね。同じブランドで統一すると、ブランドにはコンセプトがありそのコンセプトで統一されるので、おしゃれ初心者さんにもとっつきやすいので、オススメです。

adidas(アディダス) busenitz(ブセニッツ)のスリーストライプに合わせてボトムスもスリーストライプレギンスで統一感を出しました。トップスはシンプルな白色にトレフォレイルロゴがお洒落なTHE・アディダスのTシャツを合わせ、アディダスコーデの完成です。実はニット帽だけアディダスのアイテムではなく、salle de bal のアイテムになっています。このように1つのアイテムを違うブランドで外すのもおしゃれテクニックですね!

adidas(アディダス) busenitz(ブセニッツ)×ワンピースコーデ

https://wear.jp/flowermelody/15244152/

こちらはキッズコーデですが、大人顔負けのおしゃれコーデですね。ベージュ×ブラックが秋らしく大人っぽくきれいなコーデになっています。ワンピース以外のアイテム、スニーカーやサコッシュ、帽子などを全てブラックに揃えることで統一感がでてまとまりのある印象になりますね。ベージュのワンピースはシンプルでいろんなアイテムに合わせやすいですよね!また、足元はあえてスニーカーにするのが今年っぽくてトレンドを取り入れた最新コーデになっていますね!

今話題のGORE-TEX(ゴアテックス)素材を使用したbusenitz(ブセニッツ)の評価を検証!

【busenitz(ブセニッツ)GORE-TEX(ゴアテックス)の評価】

ゴアテックスを搭載したハイテクなスニーカーがアディダスから登場しました。GORE-TEX(ゴアテックス)と聞くと山登りをする人やキャンプなどをする人に親しまれる機能だと思っている方が多いと思います。それもそのはず、雨や風に強く天候の変わりやすい山の天気にはGORE-TEXが最適だからです。

そんなとこに注目したアディダスはGORE-TEXをシューズに採用。雨に強いスニーカーの開発に成功しました。

実際に購入した方は、GORE-TEXと聞くと少しごついスニーカーをイメージしていましたが思ったよりもシンプルでミニマルなデザインなのでとても気に入った。という感想や、雨の日でもスニーカーを履けるのでとっても便利!といった感想が多く見られました。そのほか、通常のアディダスのスニーカーよりもサイズ感が小さいように感じた。という方も何人かいらっしゃいました。

ハーフサイズアップの購入を進める方がいる一方、ジャストサイズだった。という方も。実際に履いて購入することをお勧めします。