【レディース&メンズ】デニムジャケットコーデ51選2021年最新版。春夏秋冬1年中使えるGジャンのレディースコーデをご紹介します。

いつの時代もオシャレさんから絶大な支持をえているおしゃれアウターといえばデニムジャケット(Gジャン)。レディースコーデにもメンズコーデにも落とし込める超万能アウターなんです。 春夏秋冬着まわせるのもおすすめポイント。さらにデニム生地を使用しているので、デニムジャケットによっても風合いやクラッシュ具合、デザインなどが異なるということ。着ればきるだけデニムならではの味わいも出てくるので、長く着れば着るほどこなれ感が出てきて、自分になじみフィット感も出てくるうれしいアイテムなんです。ジャストサイズのものや2020年トレンド間違いなしのオーバーサイズのもの、ショート丈、ややロング丈など、深堀していくと様々な個性を見せてくれるデニムジャケット。ユニクロやGU(ジーユー)などのプチプラブランドのものやリーバイスやエドウィンなどといったデニムの老舗からも多く発売されているので自分に合った一枚を見つけたいですよね?そんなあなたのためにおしゃれデニムジャケットを使用したレディースコーデをご紹介しちゃいます!これを読んだらあなたもデニムジャケットの虜になること間違いなし!な最新情報をお届けします!2020年もデニムジャケットから目が離せません!

デニムジャケット/Gジャン 春コーデ8選。みんながデニムジャケットを着る季節だからこそ周りに差をつけたい。

デニムジャケット/Gジャンxワンピースコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1Mj0xNTg1NTc0MzYy

超シンプルながらカジュアルなおしゃれコーデにまとめているお勧めコーデ♪トレンドのニュアンスカラーのロングワンピースにレギンスをレイヤード下春夏に着たい爽やかなコーディネート。まだ少し寒暖差のある春先には、この着こなしにブラックのデニムジャケット/Gジャンをプラスするのがおしゃれ上級者の裏ワザ。袖も軽くロールアップして、えり抜きして着崩した着こなしが、コーデを高見えしてくれています。黒と白のシンプルカラーのみでも、アイテムのレイヤード次第で脱マンネリが叶いそう。

デニムジャケット/Gジャンxスウェットワンピースコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzNT0xNTY5MjE3NTQ4

鮮やかなインディゴブルーのデニムジャケット/Gジャンに合わせたのは、休日に着たいゆる〜いスウェットワンピース。落ち着いた優しいカラーをセレクトすれば、部屋着っぽさも解消。トートバックととスニーカーのカラーを合わせて、コーデのまとまりを出せば少ないアイテムでもベストバランスなコーデが作れちゃうんです!定番カラーのブルーデニムのジャケットは1枚は持っておきたい名品アイテムに認定です!

デニムジャケット/Gジャンx花柄スカートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTY1MD0xNjE4MTQwODUy

春になったら真っ先に着たい花柄のマキシスカート、2019年はこんな女子っぽコーデでカジュアルに着こなすのがトレンドに。スカートベージュカラーのフラットシューズをあわせて今年っぽいアピールポイントに。トップスはグレーのフード付きパーカーにサイズ感ゆったりなデニムジャケット/Gジャンをオン。春にピッタリな明るいハッピーコーデは、テンションをあげてくれる毎日のコーデにピッタリですよね。女の子らしく甘い雰囲気も残しつつ、アクティブでスポーティなイメージもプラスできるこのコーデ、おすすめです♪

デニムジャケット/Gジャンxワイドチノパンツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzNT0xNTg3NDczNjQx

トレンドのワイドチノパンツを主役にした辛口コーデは、この春夏絶対に挑戦したい最旬コーデ。モノトーンのアイテムを上手にMIXした大人カジュアルコーデは、肩がけしたデニムジャケット/Gジャンがアクセントに。大人っぽくピリリとコーデを辛口に仕上げてくれる、ブラックのデニムジャケット/Gジャンはマストで欲しい名品です。足元はヌーディーなフラットシューズで抜け感をプラスすれば、上品リッチな春夏のデニムジャケット/Gジャンコーデの完成です!大人っぽいデニムジャケット/ジージャンコーディネートを完成させたい方におすすめのコーディネートになっています☆

デニムジャケット/Gジャンxボーダーカットソーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjA0MD0xNTg0OTU4NzMw

黒のボーダーカットソーにさわやかなホワイトバック、白のスニーカーを合わせたフレンチシックなスタイルは、2019年の春もきになるおしゃれ女子コーデ。こんなスタイルに合わせたいデニムジャケット/Gジャンは、明るめのブルーカーラ―が正解◎フレンチシックにしっくり馴染む万能カラーで、ボトムスのブラックパンツとも好相性。ゆるっとまとめたお団子スタイルともマッチして、おしゃれ度がぐんとアップしますよね。大人の落ち着いた雰囲気を演出したい方におすすめのコーディネートです◎

デニムジャケット/Gジャンx黒スニーカーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTAyMj0xNTg4NTc4Njk0

シンプルなデザインがとってもおしゃれなデニムジャケット/Gジャン。この春はフレアな小花柄のスカートと組み合わせるのが気分♫足元は黒と白のスニーカーで爽やかさもアップさせれば、春の到来を感じさせる清潔感のあるガーリーコーデに。デニムジャケット/Gジャンはデザインが似たり寄ったりなアイテムが多いのですが、だからこそどんなコーデにも合わせやすく、うまくまとまったバランスのいいコーデに落とし込むことができるのです。

デニムジャケット/Gジャンxフレアチノスカートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1Mj0xNTg4MDgzNjc0

おちついた印象を与えるベージュのチノフレアスカートは、濃いめのインディゴのデニムジャケット/Gジャンと好相性◎足元は存在感のある黒シューズでコーデすれば、休日のお花見やデートにぴたりのスタイリングになりそう。デニムジャケット/Gジャンの袖は軽くロールアップしてバランスを取るのもおすすめコーデ術。カジュアルなのにどこかガーリーなデート服はこれで決まり!女の子らしい雰囲気で、彼氏いアピールしてみて!

デニムジャケット/Gジャンxプリーツスカートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1OD0xNTgxOTI4Njkw

春にピッタリのシフォン素材のプリーツスカートは、デニムジャケット/Gジャンで上手にカジュアルダウン。シンプルなカットソーで爽やかな雰囲気をプラスすれば、好印象のスタイルに。新しい出会いが待っている春にピッタリにガーリーなコーデは、ヒールパンプスで女子力もプラスしてあげて。こんな子とデートしたい!って思わせる可愛らしい雰囲気を出したい時は、こんなコーデを真似してみてくださいね。

さて、おすすめコーディネート(春編)の紹介が終わったところで、お次はアイテム別に今期おすすめのデニムドジャケットを紹介していきます☆

【ZARA(ザラ)】デザインが特徴的なZARAのデニム。ホワイトのベルトとのコーデがとてもかわいいです。

【ZARA(ザラ)】オールドライクなデザインがオシャレなこちらのデニムジャケットはカジュアルコーデに落とし込んで◎

【UNIQLO(ユニクロ)】ややシャツよりなデザインのデニムジャケットはトップス感覚でコーデで着る一枚です。

【UNIQLO(ユニクロ)】ややワイドなデザインがトレンド感を感じさせる一枚。スリムなボトムスと合わせると◎

【UNIQLO(ユニクロ)】ストレッチ機能がついているデニムジャケット。アウトドアなシーンにピッタリの一枚です。

【UNIQLO(ユニクロ)】しっかりとしたシルエットがかっこいいデニムジャケット。かっちりデニムジャケットを着こなしたい方におすすめです。

2019年おすすめデニムジャケット/Gジャンアイテムの紹介。

デニムジャケット/Gジャン夏コーデ4選。暑い夏でもデニムジャケットを着こなしたい!

デニムジャケット/Gジャンxノースリーブワンピースコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjA0Mj0xNTY5MjMyOTE2

夏に着たい落ち着いたカラーのノースリーブワンピース。気分もあげてくれるし、着丈長めでシルエットもきれいなAラインワンピースをセレクトすれば大人カジュアルにピッタリの1枚になりそう。シューズや小物でも雰囲気がガラッと変わるし、こんな風にデニムジャケット/Gジャンを肩がけすれば、抜け感のあるヘルシーでセクシーな大人コーデに格上げ。暑い時は腰で結んじゃえぼOKだし、どんなコーデにも対応してくれるデニムジャケット/Gジャンは絶対Getしたい夏のマストアイテムです!

デニムジャケット/Gジャンx7分丈パンツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjEwMT0xNjE2Njc2MDM3

肌見せがヘルシーな夏の大人カジュアルコーデ。ベージュの7分丈パンツにホワイトの存在感たっぷりなスニーカーがとっても可愛く、かつ大人っぽい。その上にちょっと濃いめのインディゴカラーのデニムジャケット/Gジャンを肩がけすれば、こなれ感漂う大人の夏スタイルに。真っ白のスニーカーもアクセントになって、ちょっと日焼けした夏の小麦肌にとってもお似合いですよね。まとめ髪にサングラスでセレブ感も漂わせるのもおすすめのコーデ術。誰もが振り返る大人のヘルシーコーデの出来上がり!

デニムジャケット/Gジャンxレーススカートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MzA4PTE1NzY0MDE2Nzk

夏にピッタリなホワイトとブラックの2トーンコーデ。いつもはちょっとハードルが高いけど、強い日差しの夏なら思い切ってトライしたい2トーンコーデ。レースライクなスカートが大人っぽく上質なシルエットに仕上げてくれるし、程よいユーズド感がオシャレなデニムジャケット/Gジャンがガーリーな雰囲気も作ってくれています。大きなかごバッグを合わせればコーデのアクセントになって、夏感全開のオススメコーデに。

デニムジャケット/Gジャンxワイドデニムコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1Mj0xNTg2OTUxMDcz

いつか挑戦したいと思っていた上級コーデ、デニムonデニム。夏ならこんなシンプルなアイテムだけで簡単にトライできちゃいそう!ちょっとワイドなデニムパンツはカットオフデザインですっきりとした印象に。オフホワイトののトップスで仕上げれば、いつものデニムジャケット/Gジャンを方が決して羽織るだけ!かごバッグやパンプスでコーデに抜け感を作り出せば、いつものアイテムでもデニムonデニムが自分らしくアップデート出来ちゃう。この夏こそトライしておしゃれ上級者の仲間入りをしちゃおう!

おすすめコーディネート夏編の紹介が終わったところで続いてはアイテム別に、2020年にはやるであろう、デニムジャケット/ジージャンのトレンドを大胆予想していっちゃいます☆

【2020年】デニムジャケット/ジージャンのトレンドを大胆予想!

2019年も上半期が終わり下半期に突入!

2020年という文字が日に日にくっきりと見えてきました。2020年はオリンピックイヤーでたくさんの外国人が日本をおとずれます。そんな時だからこそ、日本の女の子はおしゃれ!と外国人の度肝を抜きたいですよね!?ということで、大胆に2020年に来るであろうデニムジャケットなどのコーデを予想しちゃいます♪トレンドを先取りして、おしゃれな2020年を楽しんじゃいましょう♪

https://cubki.jp/snaps/MjEwMT0xNjE2MzA1OTc0

デニムジャケットと聞くと春や、夏の涼しい時に着るイメージがありますが、肌寒くなってくる秋や寒い冬にも大活躍なんです!秋口にはあると同じような着回しができるし、冬の場合はアウターとしてではなくインナーとして活用できちゃう便利なアイテム♪デニムジャケットを着ているだけでおしゃれに見えちゃうので、冬場のインナーコーデはおすすめです。さらに2020年にぜひ試してほしいのがデニムonデニムコーデ。私たち日本人にはちょっと気が引けてなかなかできませんが、ファッション大国のアメリカやヨーロッパだとオシャレコーデとしてよく使われています。

デニムパンツの上にはコーデュロイのアウターや、ミリタリージャケットなどをよく合わせますが、ここはあえてデニムジャケットをチョイス♪セットアップのようなコーデのインナーには白や黒などのモノトーンがおススメ。デニムオンデニムコーデをするだけで一気にヨーロピアンなスタイルに変身できちゃうんです!ぜひ勇気をもってやってみてください!

それでも合わせ方がわからない方や難しいという方に気をつけるべきポイントを教えちゃいますね!まず、デニムジャケットとデニムのボトムスの色味を同じ色味に合わせることです。色味があっていないとちぐはぐな印象になりがちです。次に、スニーカーやインナーには白や黒などのモノトーンで合わせることです。小物の色が揃っているとコーデ全体に統一感がでてまとまりのある印象になります。この二つのポイントを守ってコーディネートすれば大きく外すことはないので、ぜひこの秋はデニムonデニムに挑戦してみてくださいね!

https://cubki.jp/snaps/MjAyOT0xNTg4MTYwOTQz

デニムジャケットといえばリーバイス。Gジャン好きの人なら必ず知ってるといわれるファーストやセカンド。こんなGジャンをかっこよく着こなせる日も遠くないかも!今期こそはデニムジャケット/ジージャンをゲットしたい!という方は、まずお近くのリーバイスに行かれることをおすすめします♪

また、白や黒のカラーデニムジャケットも流行する予感!さらにコーディネートの幅が広がってきそうですよね♪

白デニムジャケットレディースコーデ2選。どんな色にも合わせやすい白のデニムジャケットでおしゃれに♪

白デニムジャケットx黒スキニーパンツコーデ

https://cubki.jp/snaps/OTgxPTE1ODMzNTUzMTY

引き続きトレンド間違いなしのカジュアルコーデ。すっきりとしたデザインのスリムスキニーパンツは黒で合わせて足を細く見せましょう。トップスには白のさわやかかとソーをチョイス。あえての白デニムジャケットが新鮮かも◎スポーツっぽいマウンパだったり、ダウンジャケットとかを合わせることがおおいけど、白のデニムジャケットならカジュアルすぎないおしゃれが叶いそう。もちろんデイリーコーデにも着回せるから、一着は持っていると重宝しそうですよ。

白デニムジャケットxオールブラックコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTc1Mz0xNTg2NjIwMzA0

2019年トレンドのラフな黒オールインワンにさわやかな白デニムジャケットを合わせた大人エフォートレスコーデ。ワントーンでまとめることによって、いつもはカジュアルになりすぎちゃうデニムジャケットも、アーバンな雰囲気に格上げ。足元のスニーカーも黒で統一しておしゃれなモノトーンコーデの完成。

デニムジャケット/Gジャン秋コーデ4選。オーバーサイズのデニムジャケットで作る大人こなれコーデで秋を満喫しよう。

オーバーサイズデニムジャケットx花柄スカートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTI2Mj0xNTc5NTUyNDAy

オーバーサイズのデニムジャケットが新鮮な大人コーデ♡秋冬にぴったりな花柄のスカートにハイネックのホワイトニットを合わせた、まだ気温差の激しい秋コーデにはこんなオーバーサイズのデニムジャケットが使える。たっぷりとしたデザインのボリューム感ある袖周りはインナーにどんなアイテムを持ってきても着こなせちゃうし、ちょっとえり抜きしてこなれ感もプラスできちゃう。首や手首をあえて見せることによってぬけ感が作れるから、デニムジャケットを羽織っても重たくならないですよね。ピアスやバングルでボリュームをだしたり小物の見せ方もおしゃれに決めるとさらに◎今すぐ真似したいオーバーサイズデニムジャケットコーデの参考にしてくださいね♡

オーバーサイズデニムジャケットxブルーデニムパンツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU0MD0xNTgwMzMwMjcz

シックで大人っぽいブルーデニムパンツに合わせたデニムジャケットは、オーバーサイズのホワイト。あえてブルーデニムではなく、ホワイトのデニムジャケットを合わせたところにオシャレ感を感じますよね。あえてオーバーサイズをセレクトして、ぬけ感を作ったところもこのコーデの魅力。インナーはクロップド丈のハイネックニットを合わせて肌見せも忘れずに。寒暖差の激しい秋はインナーをタンクトップにして、アウターをオーバーサイズデニムジャケットにすると温度調整もしやすくなるので、それもおすすめコーデ。カジュアルなイメージの強いデニムジャケットだけど、着こなしによってマニッシュな雰囲気だったり、大人カジュアルな雰囲気だったりいろんなコーデを楽しめちゃうのが嬉しいですよね。

オーバーサイズデニムジャケットxスキニーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTI2Mj0xNTg3MzAxMTcy

オーバーサイズのデニムジャケットってこんな風に着こなしたいな〜っていうお手本のようなコーディネート。黒のスキニーパンツに白のプリントカットソーを合わせたいつものカジュアルコーデ。より大人っぽく仕上げたい時に使えるのがこんなデニムジャケットなんですね。デニムジャケットってジャストサイズで着ると、なんだか昔っぽくて古臭い印象に。今っぽく仕上げたいなら断然オーバーサイズがオススメです!!バッグをクラシカルな雰囲気にして、足元は太めヒールのショートブーツで合わせて女性らしさをプラスしてもOK!!スニーカーで思いっきりカジュアルに寄せてもいいけど、たまには女性らしくヒールを合わせてテンションをあげるのもいいですよね!

オーバーサイズデニムジャケットxマキシスカートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU3ND0xNTgyNzQ4MjM5

オーバーサイズが可愛くて新鮮なこちらのコーディネート。カジュアルなのにちょっと色っぽい雰囲気を感じるのは、えり抜きをしてコーデにぬけ感を作ったところがポイントに。秋らしいピンクのマキシスカートは、まだ少し気温が高いけど夏服は飽きたな〜なんて時に使いやすいアイテム。いつものスカートをこんなピンクカラーに変えるだけで一気に秋らしさがアップしますよね。明るすぎないカラーのデニムジャケットと合わせれば、カジュアルなのに大人っぽい秋コーデのできあがり!!

マストバイなこの秋おすすめのオーバーサイズデニムジャケットをご紹介!

オーバーサイズのデニムジャケットはコーデにこなれ感をプラスするので、マストバイアイテムです。サイズ感や素材感が最重要なアイテムなのでこだわって選びたいですね!

TODAYFUL(トゥデイフル) Cuffstrap Denim JKT

https://cubki.jp/snaps/MTU1NT0xNTg4NDA2ODc3

大人っぽくヘルシーなアイテムが揃うTODAYFUL(トゥデイフル)の新作デニムジャケット。オーバーサイズの肩幅とショート丈がポイントのこちらのデニムジャケットは、バルーンっぽくラウンドした後ろ身頃が特徴的で、えり抜きしてラフに羽織るだけで即こなれ感作れるシルエットが嬉しいポイントに。袖のディティールにもこだわりが感じられ、通常のカフス部分をカットオフし、タックを寄せて袖先を留める技ありデザインが、他ブランドにはないTODAYFUL(トゥデイフル)らしい仕上がりに。ワンピースなどにはもちろんのこと、ワイドパンツなどと合わせて全体的にオーバーサイズに仕上げるのが今っぽい。もちろんスキニーなど細身のボトムスと合わせたメリハリコーデにも活躍してくれる一枚です♡

Mila Owen(ミラオーウェン)バックデザインデニムGジャン

オンオフ問わず着回せるアイテムが大人気、大人コーデに欠かせないブランドになっているMilaOwen(ミラオーウェン)から新作デニムジャケットが誕生しました!後ろ身頃のヨークにギャザーを施し、立体的なシルエットに仕立てたデニムジャケット。フロントはボックスシルエットのシンプルなデザインで、後ろの裾はシャツカーブになった大人っぽい仕上がりに。袖をまくってこなれ感をプラスすれば、トレンドのワイドパンツやマキシスカートとも好相性に♡ばさっと羽織れるオーバーサイズが魅力のデニムジャケットは、どんなインナーにも合わせられる万能さが毎日のデイリーコーデに大活躍してくれそう。

デニムジャケット/Gジャン×パーカーコーデ4選。秋におすすめ!デニムジャケットと相性抜群のパーカーと合わせたコーデがカジュアルでかわいい。

デニムジャケットxパステルカラーパーカーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUyOT0xNTgxMjM5Mzgx

ざっくりしたサイズ感のデニムジャケットにパステルカラーのフード付きパーカーを合わせた、大人カジュアルコーデ。ボトムスにはボーイズライクなクラッシュデニムをチョイス。着こなしに合わせたスニーカーが差し色になって可愛いですよね♡デニムジャケットってどうしても襟元がさみしくなりがち。でもそんな時はフード付きのパーカーを合わせてボリュームを出すのが、おしゃれへの近道です。まだマフラーをするほどの気温ではないけど、首元がちょっと涼しい。そんな時はフード付きパーカーを合わせて◎小顔効果もあるし嬉しいことだらけ。あえてメンズのパーカーを合わせるのもおすすめですし、自分らしい秋コーデを見つけてくださいね。

デニムジャケットxホワイトパーカーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzMz0xNTg0MjUzMTE5

エレガントなすっきりとした印象のロング丈スカートが可愛いこちらのコーデは、トップスにパーカーとデニムジャケットを合わせてメリハリコーデに。スカートはガーリーな印象が強いけど、パーカーとデニムジャケットでカジュアルに仕上げるのが新鮮だし、頑張りすぎないおしゃれに近づけそう。足元はスニーカーではなくソックス+ローファーで合わせても、モデルさんのようにフラットシューズで合わせてもOK。パーカーだけでは肌寒いし、デニムジャケットのみだとなんだか垢抜けない。そんな時にパーカー+デニムジャケットのレイヤードコーデで解決できそう◎

デニムジャケットxパステルカラーパーカーコーデ②

https://cubki.jp/snaps/MjAzMj0xNTg0MjAyNzY4

パンツスタイルのデニムオンデニムスタイルはよくあるコーデですが、こちらのモデルさんはデニムスカートにデニムジャケットを合わせたデニムオンデニムスタイル。ドローストリングスは首元でマークしてワンポイントに。デニムジャケットをあわせてパーカーだけでは寒い時などにぴったりなレイヤードスタイルに。コンパクトなデニムジャケットだから、ミニスカートともバランスよく着こなせるし。タイツで足元をしっかり引き締めて寒さ対策をするのもおススメ。、足元はスニーカーでハズしてもOK。カジュアルだけどロングスカートで女性らしさもプラスして、お出かけコーデに仕上げたい。秋のデニムジャケットコーデはこんなスタイルで決めたいですね!

デニムジャケットxカーキパーカーコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUyOT0xNTg0MTkwMjky

カーキのフード付きパーカーを主役にカジュアルにまとめたコーディネート。パーカーの上にデニムジャケットを羽織る時って、ちょっと腕周りが窮屈だったりしますよね。そんな時はオーバーサイズデニムジャケットがおススメ。春夏秋冬使いこなせるので暑い時などはショルダーや腰回りに合わせてもOK。。無理に袖を通さずに軽く羽織るだけで、コーデがこなれ感たっぷりに仕上がります。シンプルなアイテムのみを合わせても、着こなし方によってオシャレコーデに早変わり!ボトムスには花柄のロングプリーツスカートを合わせていますが、甘くなり過ぎてないのは足元に合わせたスニーカーがポイント♪

デニムジャケット/Gジャンだけじゃない!使えるGU(ジーユー)アウターを使用した秋コーデ6選。

GU(ジーユー)といえば今や知らない人はいないプチプラブランド♪ユニクロの妹ブランドとしても知られているGU(ジーユー)は今や若者だけでなく老若男女に大人気!ユニクロと比べてさらにプチプライスなうえにトレンドをばっちりつかんだアイテムを幅広く展開していることも人気の秘密♪季節によってその時のトレンドをばっちり取り入れながら次々と新しい商品を発表するGU(ジーユー)の勢いは止まりません。今回はそんなGU(ジーユー)の大人気アウターを使ったおしゃれコーデ術をご紹介しちゃいます!

【GU(ジーユー)】ボアブルゾン

https://cubki.jp/snaps/MzIzPTE1MDcyODQzNDQ

まず最初におススメしたいGU(ジーユー)アウターは"ボアアウター"。モコモコとした肌触りが心地のいいあったかアウターなんです。あったかいだけではなくもちろんオシャレコーデにももってこいのおすすめの一枚。カジュアルコーデにもガーリーコーデにも落とし込めるボアブルゾンは一枚は持っておきたいアイテム。それでは早速そんなボアブルゾンを使用したコーデを見ていきましょう!

【GU(ジーユー)】ボアブルゾン×ひざ丈ワンピースコーデ

https://cubki.jp/snaps/MzIzPTE1MDczODcwOTU

着ているだけでおしゃれコーデに決まるボアブルゾンはそんプルなアイテムと合わせるとすっきりとした大人女性のおしゃれコーデに早変わり。こちらおモデルさんはボアブルゾンのインナーにひざ丈のワンピースをチョイス。ロング丈のワンピースを合わせてしまうとどうしても重たいコーデになりがちなので、ひざ丈がベスト♪インナーには引き締め効果抜群の黒レギンスを合わせて、足元はあえてスニーカーで合わせてカジュアルな要素をプラス。全体的にバランスのいいおしゃれコーデの完成です。

【GU(ジーユー)】パープルボアブルゾン×ベージュキルティングライクスカートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjM0ND0xNTgwOTg4MjE1

こちらのボアジャケットは明るいパープルカラーがかわいらしいおススメアウター。似たようなスタイルのアウターで大人気なアウターといえばパタゴニアのレトロX。でもやっぱりパタゴニアだとちょっぴり私には値段が高くて、、、というあなたにはGU(ジーユー)のボアブルゾンがおススメ。皆さんご存じのとおりGU(ジーユー)はプチプラの王道。カラー違いで何枚かそろえるのもとってもおススメ!気分に合わせてカラーをかえればあなたの印象も変わるのです。

こちらのモデルさんはそんなパープルボアジャケットをAラインのキルティングライクなスカートをチョイス。トップスはややクロップド丈のカットソーを合わせればボトムスのキルティングが際立ち、あしなが効果もバッチリ!足元にはスニーカーを合わせてもいいのですが、あえて編み上げのブーツを合わせればちょっぴりマニッシュな印象に。市元からちらりとのぞくソックスがコーデのワンポイントになっていますね。

 

デニムジャケットを使用したかっこかわいい大人女子のおしゃれコーデ4選!

デニムジャケット×白パーカーコーデ

https://cubki.jp/snaps/OTU2PTE1NzI1MjU3NTY

ユーズド感たっぷりなこなれた印象のデニムジャケットを使用したあまじょっぱコーデ。フェミニンなコーデに見えますがマニッシュなアイテムも合わせてカジュアルさも感じられるミックスコーデなのです。シンプルなオフホワイトのフードパーカーにボトムスはマ黒ベースのドット柄フレアロングスカートという超フェミニンな女子スタイル。足元はニューバランスのスニーカーで少しカジュアルさをプラス♪でもそれだけだとカジュアルというよりはフェミニンよりなコーデに。ということでアウターにデニムジャケットを合わせて全体的なバランスを調整!さらにさらにデニムジャケットからインナーのパーカーフードを出してトレンドのレイヤードコーデを追加。ショルダーバックにはカジュアルなネイビーアイテムを合わせます。秋らしいカラーのスカートが生えて楽しい秋になりそうな予感ですね!

デニムジャケット×スキニーパンツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU1Mj0xNTg0MzYwNDA0

こちらのコーデ、重ね着に重ね着を加えた超絶おしゃれコーデさっそく解説していきましょう。トップスは定番のボーダーカットソーをチョイス。ボトムスにはシンプルに黒のスキニーパンツを合わせます。トップスの上には黒のプリントカットソーをチョイス。ややオーバーサイズを合わせてトレンド感のある印象に仕上げます。インナーには白のカットソーを合わせてレイヤードコーデに落とし込むのがおススメ!上下とも黒で合わせていますがレイヤードで白カットソーを合わせることで重たいコーデにはならずにおしゃれな印象に。パンツもカットオフのクロップド丈なのですっきりとした印象もプラスできちゃうのです。アウターにはデニムジャケットを合わせてこなれた印象に。ボトムスが黒のスキニーパンツなので、デニムジャケットはやや大きめのアイテムを選ぶのがおススメ。足元は定番のコンバースローカットスニーカーを合わせます。ちらりと見える足首が女性らしい印象に。カジュアルアながら女性らしさも感じられるおしゃれデニムジャケットコーデの完成です!

【GU(ジーユー)】古着風デニムジャケット×白カットソーコーデ

https://wear.jp/momo10ma/9645280/

こちらのコーデhあフェミニンなキレイ目コーデにデニムジャケットを合わせたデートシーンで必ず使えるおしゃれコーデ。胸元がざっくりと開いた花柄の白カットソーはかわいらしさとい清潔感一杯のおしゃれアイテム。ボトムスにはネイビーのシンプルテーパードパンツを合わせてすっきりと。ウェストはタックインしてあしなが効果もプラス♪足元はピンクのヒールでまとめて、キレイ目大人女性コーデの完成!と行きたいとこですが、ちょっと待ったー!ここにデニムジャケットを合わせるのです。アウターにカジュアルなものを合わせることによって親近感がわいて彼との距離も縮まるかも!方にかけるだけでもいいし、袖を通しても◎ただし袖を通したときはこなれ感を出すため腕周りを軽くロールアップして♪

【GU(ジーユー)】ショート丈デニムジャケット×ドット柄ワイドパンツコーデ

https://wear.jp/maminnie26/13199693/

GU(ジーユー)の使えるショート丈デニムジャケットは80年代のバブリーコーデにもってこいのアイテム。超ハイウェストのドット柄黒ワイドパンツはどことなく80年代のバブリーな装い。トップスにはシンプルにアースカラーのタンクトップをチョイス。もちろんウェストはオールディーズファッションらしくタックイン!アウターにはショート丈のデニムジャケットをチョイス!あしなが効果もバツグンでこなれ感もばっちり。パーティーなどにももってこいなオールディーズファッションは特別な日に試したいコーデです♪

ヨーロピアンにかっこよくデニムジャケットを着こなしたい方にオススメ!あなたにおススメのデニムジャケットコーデ4選!

見ただけでもさわやかさが伝わってくるヨーロピアンスタイルのデニムジャケットを使用したおしゃれコーデ。スペインや、イギリス、フランスなどのファッション先進国ではもはやデニムジャケットは誰もが一枚は持ってるといっても過言ではないおしゃれアイテム。どうして外国人がデニムジャケットをコーデしているとあんなにオシャレに見えるのでしょうか?その秘密は"着飾らない"ことにあるのです。私たち日本人はどうしても身の丈に合っていないコーデに落とし込んだりサイズのバランスが悪かったり、必要以上に着飾ってしまったりしているからなんです。そうなんです。ラフに、気張らずにデニムジャケットを着こなせばだれでもオシャレすっタイルにおとしこめるのです。それでは早速超オシャレなヨーロピアンスタイルのデニムジャケットを使用したおしゃれコーデをご紹介していきたいと思います!

ロング丈デニムジャケット×ホワイトパンツコーデ

https://cubki.jp/snaps/OTgxPTE1OTQ2Mzg2NzU

まるでリゾート地のコーデのようなさわやかな大人女性コーデ。上下ともホワイトで合わせてさわやかさを演出した大人女性だからこそばっちり着こなせるおしゃれコーデなのです。トップスのホワイトカットソーは無地のシンプルなアイテムをチョイス。あえて少し大きめのサイズを合わせてラクチンな着心地を追求。ボトムスにはフロントにスリットの入ったホワイトパンツを合わせます。通常のホワイトパンツだとエレガントな印象でカチッとしたコーデになりがちなのですが、あえてフロント部分にスリットの入ったパンツを合わせることでラフさを演出。トレンドのエフォートレスコーデに落とし込みます。足元に合わせたサンダルもホワイトで統一。華奢な鼻緒が女性らしさをアップしてくれる万能サンダル。合わせたカゴバックもバッチリ!アウターにはやや丈の長めのデニムジャケットをショルダーに合わせておしゃれヨーロピアン風コーデの完成です!

シンプルデニムジャケット×アースカラーボーイフレンドパンツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUyOT0xNTgzODczMzc5

超シンプルだけどまとまりのあるオシャレコーデに欠かせないのが、こちらのデニムジャケット♪程よく色合わせたデニム生地がこなれ感ばっちりなこちらのアイテムはシンプルコーデに相性抜群!丈の長さも程よくちょうどいいのでパンツスタイルにもスカートにもどちらにも合わせることができる便利アイテム。こちらのコーデ、トップスはオーバーサイズの白のシンプルスウェットシャツ、ボトムスはアースカラーのボーイフレンドパンツ。これだけだとあまりにもシンプルなコーデになってしまうので、そこに登場するのはこちらのデニムジャケット。飾ることなくシンプルに決めるのがポイント。フロントはオールオープンにしてインナーのさわやかホワイトカラーをアピールして全体のカラーコーデを楽しんで!足元にはバンズのアースカラーローカットスニーカーを合わせます。クロップド丈のパンツはすっきりとした印象で全体のバランスをキープ!

シンプルデニムジャケット×テーパードデニムパンツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjAzMj0xNTgwNzI1OTUy

日本ではまだまだ勇気のいるデニムオンデニムコーデ。実はヨーロッパでは定番のコーデなのです。上下をデニム生地で合わせてもなぜかかっこよくオシャレに決まるのです。それは自分のファッションに自信をっているから。どうしても周りの目を気にしてしまいがちな私たちはどうしてもデニムオンデニムコーデに足を踏み入れるのをためらいがち。ですが思い切って自信をもって飛び込んでみてください!逆にオシャレなデニムオンデニムコーデは超オシャレ上級者なのです。こちらのモデルさんはそんなデニムオンデニムコーデにボーダーカットソーを合わせたヨーロピアンスタイル。ボトムスもアウターもオーバーサイズを合わせてこなれた印象に。ボトムスはテーパードデニムを合わせることでオーバーサイズながらやぼったい印象は感じられないおしゃれコーデに。足元はコンバーススニーカーで決まり!

ホワイトデニムジャケット×ホワイトフレアスカートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTAwOD0xNTg1OTg1MTY1

あまりなじみはないかもしれませんが、実はホワイトデニムジャケットもとっても使える万能アイテムなんです。カラーもホワイトということもあり全体的にとってもさわやかに着こなせちゃうんです。こちらのコーデはボトムスにホワイトベースのドット柄フレアスカートを使った清潔感たっぷりの大人女性コーデ。もちろん通常のデニムジャケットを合わせてもかわいいのですが、白のデニムジャケットを合わせることでより透明感のある女性らしいコーデに早変わりします。足元はローカットのスニーカーで決めればばっちりおしゃれコーデに。スニーカーはパンプスやヒールなどに変えてもおしゃれに決まりますよ!

ZARA(ザラ)デニムジャケット/Gジャン秋コーデ4選。メンズも決まるデニムジャケットコーデ。

【ZARA(ザラ)】プリント入りデニムジャケット×ベージュテーパードパンツコーデ

https://wear.jp/dragonheadkyoto/14078390/

ZARA(ザラ)から発売される珍しいプリント入りデニムジャケット。カラーもさわやかなブルー系なのでコーデもさわやかに軽くまとまります。程よいクラッシュ感はコーデになじみやすく超使えるマストバイアイテムなんです。インナーには白のフード付きパーカーをチョイス。デニムジャケットからフードを出し定番のレイヤードコーデに。ボトムスにはベージュのワイドテーパードパンツをチョイス。裾は軽くロールアップし、足元のソックスをチラ見セ。こちらのホワイトが差し色になってコーデにワンポイントwpプラス。合わせるシューズは蛍光色のデザインがかわいらしいブルーのスニーカー。秋らしい色合いはほっこりとするおしゃれコーデです。

【ZARA(ザラ)】ブルーデニムジャケット×クラッシュ黒パンツコーデ

https://wear.jp/goldmountain/14557380/

THEデニムジャケットお手本コーデ!といったようなオシャレなデニムジャケットの使い方はぜひまねしたいおしゃれコーデ。薄めのブルーのデニムジャケットはコーデに使いやすい超使えるアイテムなんです。こちらのコーデはインナーにグレーのプリントTシャツをチョイス。さらにそのインナーには白のTシャツを合わせてトレンドのレイヤードコーデに。ボトムスは間違いのない黒のパンツを合わせて。クラッシュしたパンツはこなれ感もバツグンで、全体のすっきりコーデにワンポイントをプラスしています。最後に黒のキャップをチョイスしておしゃれコーデの完成です。腕周りを少しロールアップしても◎

【ZARA(ザラ)】ベージュデニムジャケット×コーデュロイ黒パンツコーデ

https://wear.jp/kingstone/15533524/

https://wear.jp/kingstone/15533524/

ZARA(ザラ)のベージュのデニムジャケットを主役にベースをブラックでまとめたコーディネートです。ベージュのデニムジャケット以外はブラックのアイテムで統一しているので、コーデにまとまりがありますね。クロムハーツのネックレスや腕時計、リングなどの小物遣いのセンスが光るお洒落なコーディネートになっています。

【ZARA(ザラ)】ボア付きデニムジャケット×チェックシャツコーデ

https://wear.jp/hm0327love/8594972/

https://wear.jp/hm0327love/8594972/

秋も深まって寒くなってきた頃にオススメしたいコーディネートです。ボア付きのデニムジャケットは襟元のボアが見た目にも暖かく、首元を温めることで全身も暖かくなりますよ。中に合わせている赤青の定番カラーのチェックシャツは存在感もあり、デニムジャケットにも白いボアにもよく似合っていますね!ボトムスはあまり見ないグリーン系のボトムスを合わせています。個性的かつ、暗めのグリーンなので奇抜になりすぎずチェックシャツやデニムジャケットに合っていてお洒落な印象になりますね。

2019年冬 デニムジャケット/Gジャンコーデ。メンズのおしゃれコーデ5選。

冬にデニムジャケットって寒そうだしあんまり着るイメージがない方も多いかもしれませんが、アウターonアウターやストールなどで防寒してコーディネートに取り入れている方も多いんです!他の季節と違って他の人と被ることが少ないので、そこも嬉しいですね。冬にも着まわせるデニムジャケットの選び方としては、アウターとして用いるのであればオーバーサイズのもの、インナーとして用いるのであればジャストサイズのもの(ショート丈ならより良いでしょう)をえらぶのがGoodです。また、ロゴが大きく入ったりダメージが激しく入っているアイテムよりもシンプルなアイテムの方が着まわししやすいです。

まずは、メンズコーデから見ていきましょう!

デニムジャケット×デニムコーデ

https://wear.jp/sp/hellokeisuk/13858103/

ちょっと難易度高めのデニムonデニムコーデですが、おしゃれにまとまっています。ポイントは、デニムとデニムの色を合わせることとデニムonデニムに相性抜群の白スニーカーを合わせることです。こちらのコーデで使われているデニムジャケットは、ドロップショルダーかつビッグシルエットで今年の流行を捉えておりとてもおしゃれです。

デニムジャケット×ステンカラーコート

https://wear.jp/sp/sasatoshi/13698063/

デニムジャケットの上にステンカラーコートを羽織ったアウターonアウターコーデです。ベージュのステンカラーコートはとてもきれいな色でデニムによく合うので、アウターonアウターをしたことのない人にもオススメのコーディネートとなっています。大人っぽくきれいめなコーデにまとまりますね。冬はアウターがデニムジャケットだけだとちょっと寒いですが、上にコートを羽織れば防寒面でも安心ですね。

デニムジャケット×パープルパーカーコーデ

https://wear.jp/sp/sensenakajima/13845100/

トレンドのパープルのパーカーにデニムと白スニーカーを合わせたコーディネートです。デニムジャケットにはボアフリースが付いていて見た目も暖かいですよね!パープルがどうしても奇抜だと思って敬遠する方もいらっしゃるかもしれませんが、このようにデニムとうまく合わせるととてもおしゃれにみえますね。少し奇抜と感じる色や柄なども挑戦してみることがお洒落への第一歩だと思います。

デニムジャケット×ダウンベストコーデ

https://wear.jp/noid0000/8839659/

寒い冬にオススメなのが、ダウンベストのインナーとしてデニムジャケットを着るコーデ!こちらのコーデでは、チェックシャツ、デニムジャケット、ダウンベストを重ねてコーディネートしています。デニムジャケットをインナーとしてシャツのように着こなしていますね。ボトムスとダウンベストの色の系統を合わせることで統一感があるコーディネートになっています。また、ボタンを閉めたデニムジャケットの裾からチェックシャツがちらりと見え、とてもお洒落ですね。

デニムジャケット×革靴コーデ

https://wear.jp/hussey0416/13689248/

こちらは背中に大きく文字の入った個性的なデニムジャケットを主役にしたコーディネートです。こちらのコーデでは、『自分なりの選択眼をもち、"若気のいたり"という冒険心と無鉄砲さを忘れない、永遠の少年たちのための服。』というコンセプトのブランド、Karl Helmut(カールヘルム)のデニムジャケットを着用されています。お洒落なブランドのデザイン性の高いデニムジャケットなので、インパクトもあり、コーディネートの主役にぴったりですね。ボトムスはブラックのデニムを合わせ、足元はドクターマーチンの革靴を合わせているので、ロゴが大きく背中に入っているデニムジャケットでもカジュアルになりすぎず少しシックな印象になりますね。

2019年冬 デニムジャケット/Gジャンコーデ。レディースのおしゃれコーデ5選。

続いてレディースコーデをみていきましょう!

季節の変わり目に大活躍のデニムジャケットですが、真冬にも使えるアイテムなんです。真冬にも使いやすいデニムジャケットの選び方としては、中に着込みやすいようなオーバーサイズを選ぶことです。セーターを着込んだり重ね着をしたりすると、どうしても着膨れしてしまいますよね。着膨れしても羽織れるように腕周りや腰回りなど余裕のあるアイテムを選びましょう!また、柔らかめで羽織っていても疲れにくいアイテムを選ぶと、ストレスなく過ごせます!腕周りなどぴったりめのアイテムを冬に着る場合は袖に腕を通さず、肩にかける感じで羽織ればおしゃれに着こなせますよ!それではおしゃれな人気コーデを見ていきましょう!

デニムジャケット×チュールスカートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTAxMj0xNjE1MzgxOTUw

寒い冬のアウターにデニムジャケットだけって寒そう?と思う方もいるかもしれませんが、大判のストールなどを合わせれば見た目も暖かくコーデできておススメ!また、ボトムスにはフェミニンなチュールスカートでガーリーに甘さをプラス♪足元は黒のエレガントシューズに黒のソックスを合わせてエレガントな印象に。もう少しカジュアルさをプラスしたい方はコンバースのハイカットスニーカーをあわせてコーデして!

デニムジャケット×ホワイトスラックスコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjEwMT0xNTgzNzg1MzQy

キレイ目なコンサバコーデと思いきや、デニムジャケットを合わせることでカジュアルに落とし込んでいる大人女性のおしゃれコーデをご紹介。こちらのモデルさんはインナートップスには超ラフなグレースウェットカットソーをチョイス。基本的にこのようなスウェットカットソーを合わせるときはデニムパンツなどのカジュアルなものを合わせることが多いのですが、あえてホワイトカラーのキレイ目なスラックスをチョイス。フロンつ部分はタックインしてこなれた印象に。足元にはシルバーのフラットシューズを合わせます。エフォートレスコーデながらエレガントさも感じるこちらのコーデはオフィスコーデとしてもおすすめ。

ホワイトジャケット×ベージュトレンチコートコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjA2ND0xNjEzMDQyMjMx

きれいめな色味のトレンチコートとホワイトデニムジャケットは相性抜群です。寒い冬にはアウターonアウターで暖かくおしゃれを楽しみましょう!インナーにはボーダーカットソーやホワイトカットソーなどカジュアルなアイテムを合わせるのがおススメ。かわいらしい花柄のロングスカートを合わせて女性らしさもプラス♪ブラウンのマフラーなどで首元も暖かくきれいめにコーディネートして寒い冬を乗り切りましょう。足元にはさわやかなコンバースのハイカットスニーカーを合わせます。全体的に大人っぽいカジュアルなコーデですね。

デニムジャケット×デニムコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTA4PTE2MTI0NDE4NzE

だれもが憧れるデニムオンデニムコーデはぱーぷすのパンプスを合わせたちょっぴりスウィートな大人女性コーデに落とし込んで。トンプスインナーにはホワイトのシアーブラウスをチョイス。ちょっぴりセクシーな胸元はデニムジャケットを合わせて辛さもプラス♪合わせるデニムジャケットはノーカラーがおススメ。こなれちゃ印象が感じられるコーデになるのです。ボトムスはスキニーデニムですっきりとコーデします。

2019年デニムジャケット/ジージャンの女子コーデを徹底調査! まとめ

本記事では、今シーズンにぜひおすすめしたい、デニムジャケットおよびGジャンのコーディネートをご紹介しました。それに加えて、おすすめアイテムや、来年流行するであろうデニムジャケットおよびジージャンに関するトレンドを推測しておまとめしましたが、いかがでしたでしょうか?

春夏にはアウターアイテムとして、秋冬にはアウターのなかに重ねて着るアイテムとしても中にセーターなどをたくさん着込んでアウターとして、一枚あると一年中大活躍のデニムジャケットおよびGジャンを、ぜひゲットして毎日のコーディネートの幅を広げちゃいましょう♪

デニムジャケットの海外セレブ風着こなし方とは?あなたにもできるオシャレな着こなし術のご紹介!

ブラックデニムジャケットを使用したおしゃれな着こなし

通常デニムジャケットというとややブルーよりのカジュアルジャケットをイメージする方が多いと思うのですが、実はブラックデニム生地のジャケットが超おススメなのです。ブルーデニムジャケットやホワイトデニムジャケットと違い高見せ効果が高いので、デニムジャケットといっても一歩上を行くエレガントなコーデに仕上がるのです。合わせるアイテムはデニムでもスカートでもなんでもOK!

その中でもおススメのコーデ術を2つご紹介!

【Journal Standard(ジャーナルスタンダード)】ブラックデニムジャケット×ワイドパンツコーデ

まず、海外風デニムジャケットコーデのポイントはややオールディーズなデニムジャケットを選ぶこと。ジャーナルスタンダードのデニムジャケットはブラックデニム生地を使用した高級感あふれるデザイン。高級感がある一方でオールディーズ感も感じられるデザインなので◎インナートップスとボトムスは同色のホワイトカラーをチョイス♪トレンド感をプラスします。ウェスト部分はもちろんタックインしてオールディーズスタイルに。足元はあえてヒールで合わせて大人女性のイメージ。そしてアウターにブラックデニムジャケットを合わせます。腕周りは緩くたくし上げて「余裕のあるこなれ感を。おしゃれの象徴、ハットを合わせれば海外風おしゃれコーデの完成です。合わせるかばんは白と黒のバイカラーバック。カジュアルコーデにもエレガントコーデにもピッタリのおすすめバックです。

【Journal Standard(ジャーナルスタンダード)】ブラックデニムジャケット×白Tシャツコーデ

ジャーナルスタンダードの部落デニムジャケットを使用したもうひとつのおすすめコーデをご紹介。海外風のデニムジャケットコーデの特徴として、シンプルにラフに決めるということ。最近日本でトレンドとなりつつある"エフォートレスコーデ"。その名の通り、飾らないラフなスタイル。これが日本人には欠けているといわれています。

やたらと飾り付け、自分の身の丈に合っていないコーデをしている方が多いのです。ですが海外ではカジュアルに、ラフに着こなしているオシャレさんが多いのです。ここでご紹介したいのがそんなエフォートレスコーデのお手本のようなおしゃれコーデ。無地の白Tシャツにスリット入りリブニットパンツをチョイス。見ているだけで優しい気持ちになるようなラフスタイルにはブラックデニムジャケットがよく合います。抜けた感じで着こなせば、海外セレブも顔負けのおしゃれコーデに。さらにこちらのコーデのポイントは首元に巻かれたスカーフ。ネイビーのバンダナを首元に巻いてワンポイントオシャレを楽しむ上級者コーデです。足元はもちろんコンバーススニーカーでラフに。ピンクカラーをチョイスすればよりラフな優しいイメージにつながります。