【骨格タイプ】本当に似合うネックラインがわかると自分のスタイルが決まる!【襟】

今回は、骨格別、顔型別、雰囲気別に自分に合う最適なネックラインについて解説します。クルーネック、タートルネック、Vネック、ポートネック‥等、NGな骨格は?骨格ストレート、ナチュラル、ウェーブって?などの基本からポイントを押さえて解説します。 どんな服が似合うのかがわからなくなってきた、体型カバーのつもりで選んだ服なのに、これってカバーされているの?本当に似合う服・コーデはネックライン選びから♪服やコーデは着る人に似合ってこそ、その服やその人のスタイルが活きるもの。特に顔に一番近くなるトップスは、ネックラインが重要です。

自分に似合うネックライン選びが重要な理由とは?

ネックライン(襟元の形)は、その服のデザイン性のひとつであることはもちろんですが、着る人によって見え方(似合い方)が変わってきます。

例えば『タートルネック』など、いかにも着る人を選びそうなネックラインについては、比較的誰でも自分が似合うのか、似合わないのかを把握しているかと思います。しかし、どんなネックラインにも似合うタイプ人・似合わないタイプの人というものがあるのです。それは身体全体の形から判断した骨格診断による分類や、顔の形や大きさが特に関係しています。

最近では骨格診断やパーソナルカラー診断など、服やメイクについて自分にどんなものが似合うのかを判断する方法が主流になってきています。パーソナルカラーがわかれば似合う色がわかり、骨格がわかれば似合う形(デザイン)がわかります。

https://wear.jp/item/26262382/

服は、カラーと形(デザイン)のどちらもぴったりと似合う必要はありません。どちらか1つが似合えばそれなりに着こなすことができるのです。(もちろん、どちらも似合っているものを着る方が良さが際立つのは言うまでもありませんね)

同じカラーのトップスでも、デザインによって似合う・似合わないが分かれるのは特にネックラインが左右しているのです。服の中では顔に一番近く、人の目は顔まわりに一番目がいくからですね。

いまいちどんな服が似合うのかわからなかったり、何を着てもしっくり来ないという場合にはネックライン選びが間違えている可能性も。自分に似合うネックラインがわかれば、服選びがもっとスムーズに♪

今回は、『骨格や顔型から見た似合うネックライン』と、『そのネックラインを着こなす為の工夫』について解説していきます。

ネックラインの主な種類はこちら!

まずは、ネックラインの種類についてのご紹介。厳密に分類すると数え切れないほど多くの種類がある為、ここでは主によくある種類のものに絞ってご紹介していきます。似ているものはひとまとめにしております。それぞれの似合うタイプなどは次項以降にて解説!

【1】ラウンドネック(丸首)、クルーネック

多くの服のデザインに採用されている丸首。首元の開き具合によって名称が異なります。

https://wear.jp/item/32188955/

【2】Uネック(U首)

U字に大きく開いたデザインです。女性らしさが出る反面、開き具合によってはだらしがない・下着のような印象になる為注意が必要です。

https://wear.jp/item/17272996/

【3】Vネック

V字に開いたデザイン。男女ともに人気の襟元ですね。

https://wear.jp/item/16474566/

【4】ハイネック、タートルネック

襟を折り返さずに立てているものがハイネック。折り返すものをタートルネックと呼びます。

https://wear.jp/item/35160890/

【5】オフショルダー

肩先までがオープンになっている襟元。女性らしい華奢さを演出することができますが、体型やTPOを選びます。

https://wear.jp/item/32878167/

【6】ボートネック

肩に向かって緩やかに(船の底の形のように)開いているデザイン。比較的体型を選ばず、デザイン性もあるため人気です。

https://wear.jp/andme_official/13945053/

ラウンドネックのルーズフィットトップスはパフスリーブデザインがかわいらしい一枚。ラフなエレガントスタイルにおススメです。

胸元が大きくあいたVネックシャツは存在感バツグンな一枚。インナーにキャミソールなどを合わせてコーデしても◎

アシンメトリースリーブはエレガントなコーデにおススメ。肌の露出が増えるので首周りがすっきりとした印象になります。

スクエアネックのパフスリーブは女性らしい鎖骨を強調してくれる便利なアイテム。セクシーな印象もプラスできます。

骨格診断で自分のタイプを知る!〜ストレート、ウェーブ、ナチュラル〜

まず骨格診断とは、大きく3種類に分けられ体型を系統的に分類するものであり、これは太ったり痩せたりしても変わることはありません。そう、体型が変わっても骨格は変わることがないのです。自分の骨格がどのタイプなのかを知ると、どんなものが似合うのかがわかる為、洋服選びがぐんっとラクになります。

まずは下記に簡単に各タイプの特徴を記載したので、自分がどれに多く当てはまるのかを見つけてみてください。

※3種類の分類の為、項目全てが当てはまるとは限りません。

【1】ストレートタイプ

・上重心で上半身がしっかりとしていて、膝下は細め

・首が短い

・筋肉を感じさせ、全体的にメリハリのあるグラマラスな体型

https://wear.jp/yoahiru35/13972671/

【2】ウェーブタイプ

・上半身が華奢で、下半身にボリュームがある

・首が長く、鎖骨が目立つ

・筋肉よりも脂肪による柔らかさが印象的

https://wear.jp/yunpi/13967439/

【3】ナチュラルタイプ

・身長の割に手足が長め

・関節が太く、肉感を感じさせにくい

・太ると大きくガタイのいい印象になる

https://wear.jp/morinokumasan00/13960563/

【ストレートタイプ】〜グラマラスボディはシンプルデザインが最適〜

ストレートタイプは上重心にあり首が短いので、首回りのすっきりとしたネックラインを得意とします。具体的には、VネックやUネック、ボートネックやオフショルダーもOKです。シャツのボタンをひとつ開けて着るのも良いですね。

反対に、首の短さを強調することになったり重心が上に来やすいタートルネックやハイネックなどは苦手になります。

ストレートタイプはメリハリのあるボディが特徴な為、シンプル・ベーシックな服を着こなすことができます。

https://wear.jp/sizu0618/12160012/

https://wear.jp/erikodayo28/11971947/

やや広がりのあるラウンドネックはショルダー部分を華奢に見せてくれる効果があるので、肩回りが気になる方にお勧めなんです。

ネック部分がややスタンドしておりさらにフリルデザインになっているこちらのカットソーは小顔効果抜群。

【ウェーブタイプ】〜柔らかくエレガントな華奢さを活かして〜

ウェーブタイプは、長い首と『水が溜まるような鎖骨』が特徴。首回りの詰まったネックラインを難なく着こなせます。ラウンドネックやクルーネック、Vネックなら開きの小さめのものが似合います。また、雰囲気の柔らかさから、小さい襟のついたものや丸襟も合います。

反対に、首や鎖骨の出る大きめの開きのVネックやUネック、オフショルダーを着るとさみしく貧相に見えがちになります。

https://wear.jp/chihirok1215/12497240/

https://wear.jp/chicchimo5/11916560/

オフショルダーデザインのこちらのトップスは小顔効果抜群な一枚。思い切って今年の夏はオフショルダーにチャレンジしてみては?

助感たっぷりなショート丈幅広シャツは首元までしっかりボタンを留めれば首元すっきりとした印象に。ショート丈なのであしなが効果も◎

【ナチュラルタイプ】〜中性的でラフにかっこよくカジュアルに〜

ナチュラルタイプは、重心の偏りはあまりないことが多いですが、骨感が目立ちにくいネックラインを選ぶと良いでしょう。Vネックやボートネック、タートルネック、オフタートルなどがそれに当たります。

反対に、大きく露出するようなオフショルダーや深めに開いたVネックは避けた方が良いでしょう。全体的に凹凸の少ない中性的とも言える骨格の為、襟元が甘めのデザインもあまり合うとは言えません。

https://wear.jp/ari0818m/12382749/

https://wear.jp/2007330/13456302/

やや高めのハイネックボーダーカットソー。顔下まで来る長さがかわいらしい一枚。シンプルにデニムパンツなどとあわせるのが正解。

程よく胸元の空いたUネックシャツはとってもすっきりとした印象。冬でも暖かく過ごせるアイテムです。

【顔型】顔の形でも決まる?迷ったら顔と逆の形を!

骨格診断による分類では、あくまでも3つのタイプに分類するため、『こっちの要素もあるけど、こっちも当てはまるかな?』ということも出てくるかと思います。骨格タイプを参考にしつつ、もうひとつ注目しておきたいのは顔の形です。

例えば、丸顔の人が丸メガネをすると『まんまる!』となってしまう為、丸顔に合うメガネはスクエア型のメガネ…などように、自身の顔の形と合わせるアイテムは対極するものの方が合うとされています。特徴をカバーする効果によるものですね。

ネックラインも同じことが言えます。

【1】丸顔

OK→深めのVネック、スクエアネック

NG→ラウンドネック

https://wear.jp/yoahiru35/12527333/

【2】面長顔

OK→ボートネック

NG→Uネック

https://wear.jp/figarotsujiyukimi/13798971/

【3】ベース顔、四角顔

OK→Uネック、オフショルダー

NG→ボートネック、スクエアネック

https://wear.jp/erikodayo28/12969673/

【4】卵型顔

どんなタイプのネックラインもハマります。

https://wear.jp/k21850912/13977357/

似合う服は必ずあります

あの人はどんな服も着こなせていいな〜、スタイルの良い人はどんな服も似合うのよね…そんなこと、思ったりしますよね。

もちろんスタイルの良い人、卵型で小顔の人は似合う服が多くあるのは事実です。しかし、どんな体型の人、どんなコンプレックスのある人でも必ず似合う服があります。

骨格や顔型を判断して、自分に最適な服を着ると『あれっ?なんかいい感じ!?』と、見え方が違ってくるのです。もちろん、好きなテイストのものや着心地の良い服を選ぶことも大事ですが、自分をよりステキに見せる為に、ぜひネックラインにもこだわってみてはいかがでしょうか。