ワイドパンツが似合わない?ワイドパンツを着こなす4つのポイント

今季も引き続き大人気のワイドパンツ。とってもかわいく、お洒落さんが上手に着こなしているイメージの強いアイテムですよね。 ですが、丈も長く、ボリュームもあるデザインなので「ワイドパンツが似合わない・・・」「どうやったらお洒落に着こなせるの?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、ワイドパンツを上手に着こなすために、ワイドパンツが似合う人と似合わない人の違いや、お手本コーディネートをご紹介していきます! 「私にはワイドパンツは似合わない」と諦めていた方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ワイドパンツって?ガウチョパンツ、スカンツ、スカーチョとの違いは?

https://cubki.jp/snaps/MTU1Mj0xNTkzMTczNTY1

「ワイドパンツ」とは、幅の広いズボンの総称で、本来は「ガウチョパンツ」「スカンツ」「スカーチョ」など丈の長さや男性用・女性用を問わず、ゆったりしたシルエットのズボンのことはすべて「ワイドパンツ」といえますが、特にくるぶし丈の女性用のものを指して「ワイドパンツ」と呼ぶことが多いです。

そのため、ワイドパンツは幅の広いズボンの総称といえます。

ちなみに、「スカンツ」とは、スカートに見えるシルエットの「ワイドパンツ」のこと、「スカーチョ」とは、スカートに見えるシルエットの「ガウチョパンツ」のことで、「スカート」と「ガウチョ」を合わせた造語です。

ワイドパンツが似合う人と、似合わない人の違いとは?

https://cubki.jp/snaps/MTA4PTE1ODg0MDM2NjA

ワイドパンツが似合わない原因は、大きく分けて3つあります。それは、「身長」、「骨格・体型」、「コーディネートを組むアイテムの選び方」です。

「身長が低い私は、やっぱりワイドパンツは似合わないの・・・?」と思われた方、大丈夫です!自分の体型にあったワイドパンツを選んで、ワイドパンツと相性の良いアイテムでコーディネートすれば、誰にでもオシャレに着こなせてしまいます♪

次から、ワイドパンツをオシャレに着こなすポイントごとに、オススメのコーディネートと合わせて解決方法をご紹介していきます。

ワイドパンツを着こなすコツ①自分の身長に合うワイドパンツを選ぶ

https://cubki.jp/snaps/MTU1Mj0xNTk0MDY0Nzcz

脚のラインが隠れるワイドパンツは、一般的にスラッと身長が高い方の方が着こなしやすいアイテムです。

そのため、身長が低い女性が着ると、なんだかやぼったく見えてしまったり、もっさりと見えてしまったりして、似合わない印象を与えてしまうことも多いですよね。

ですが、身長が低い女性の方でも、かわいく着こなせちゃうコツがあるんです!それは、「太すぎないタイプのワイドパンツを選ぶ」こと。

ワイドパンツのデザインが太くなればなるほど、縦のラインより横のラインが強調されてしまい、身長の低さが悪目立ちしてしまいます。

すっきりとシャープな印象にしてくれる細身のワイドパンツを選んで、縦のラインを強調できるようなコーディネートにしましょう。

①高身長さんにオススメのワイドパンツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU0MD0xNTY4NjE2NTQ4

ボリューム感のある、ウエストリボンのついたワイドパンツを使ったコーディネート。

身長が高い方は、重心を下に持ってくることで、そのスタイルの良さが引き立ちます。トップスはボトムスにインして、ボリューム感のあるワイドパンツを合わせましょう。

足元はパンプスなどちょっと肌見せをすると、ヌケ感や華奢な感じを演出できてさらにGOOD♪

すべてAMERICAN HOLICのアイテムを使ったコーディネートです。

ワイドパンツを着こなすコツ②骨格診断から、自分に似合うワイドパンツの素材感やシルエットを知る

https://cubki.jp/snaps/MjA2ND0xNjIyMzYyOTA1

「体型がガッシリとしているから、大きめのワイドパンツを選んだのに、なんだか逆にガタイの良さが強調されちゃった・・・」なんて経験はありませんか?

実は、似合うファッションアイテム選びの基準は、体のサイズだけではありません。自分の骨格タイプを知ることで、自分に似合うワイドパンツのシルエットや素材感まで知ることができるんです!

自分の骨格タイプを知ることができるメソッドとして、「骨格診断」というものがあります。ファッション誌で見かけた方も多いのではないでしょうか。骨格タイプには「ストレートタイプ」「ウェーブタイプ」「ナチュラルタイプ」の3タイプがあります。簡単に、各タイプの特徴をまとめてみました。

【ストレートタイプ】

・凹凸のあるメリハリ体型

・上重心

・短めの首

・厚い胸板(そのため実際のバストサイズより大きく見られる)

・肩周りに筋肉の厚み

【ウェーブタイプ】

・下半身にボリュームがあり、上半身は華奢な体型

・下重心

・長めの首

・胸板が薄い(そのため実際のバストサイズより小さく見られる)

【ナチュラルタイプ】

・骨が太く、肉感を感じさせない体型

・鎖骨の骨が太い

・肩が四角い

※ナチュラルタイプは、重心の偏りは無い方が多い

あなたはどのタイプでしたか?

セルフ診断は、こちらの骨格診断ファッションアナリスト認定協会HPからもできますのでぜひやってみてくださいね。もちろん、プロに診断を受けるのも楽しくて理解が深まるのでオススメです!

さて、自分の骨格タイプがわかったところで、タイプ別に似合うワイドパンツの特徴を解説していきます。

①ストレートタイプに似合うワイドパンツの特徴&おすすめコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjEwMT0xNjE4NDkyODE5

ストレートタイプにオススメのワイドパンツコーデはこちら。シンプルでベーシックなアイテムが大得意なストレートタイプさんにぜひトライしていただきたい、Vネックのニットと合わせたコーディネートです!

ストレートタイプに似合うワイドパンツの素材の特徴は、

・透けない

・裾がヒラヒラしていない

・凹凸のないフラットな素材

です。

腰回りからヒップにかけて厚みのあるストレートタイプさんは、余計な凹凸やギャザ-、タッグ等が加わると厚みが増してしまい、太って見えてしまいます・・・!

腰回りにギャザ-・タック・ポケットなどの無い、すっきりしたデザインのワイドパンツを選びましょう♪

 

②ウェーブタイプに似合うワイドパンツの特徴&おすすめコーデ

https://cubki.jp/snaps/MjEyND0xNTkyOTk5MjAx

ウェーブタイプにオススメのワイドパンツコーデはこちら。最大のポイントは、ワイドパンツがウエストリボンになっていることです。

ウェーブタイプに似合うワイドパンツの素材の特徴は、

・薄い

・透ける

・裾がヒラヒラゆれる

です。

ウェーブタイプはウエストラインが長く、間延びするのでストレートタイプとは反対に、高い位置からギャザ-を寄せて寂しさや間延び感を緩和してくれるデザインがオススメです。

③ナチュラルタイプに似合うワイドパンツの特徴&おすすめコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTU4Nz0xNTY4NTQxNjY3

ナチュラルタイプにオススメのワイドパンツコーデはこちら。ナチュラルタイプは、ラフ・カジュアルを意識した大人カジュアルなコーディネートがとっても得意です♪

ナチュラルタイプタイプに似合うワイドパンツの素材の特徴は、

・透けない

・落ち感がある

・凹凸のある素材感

です。

ナチュラルタイプは、思いっきりビッグサイズでも、横広がりでもOK!いろんなワイドパンツに挑戦できますね♪丈は、長い方がオススメです。

https://cubki.jp/snaps/MjIxMz0xNTkzOTQyMzA3

写真のコーディネートはjouetie(ジュエティ)のワイドパンツですが、こんな風に横幅もあって、長さもあるワイドパンツでもナチュラルタイプさんならかっこよく着こなせてしまいます!

ワイドパンツを着こなすコツ③ワイドパンツと相性の良いアウターを知る

自分に似合うワイドパンツを選ぶコツがわかったら、次に大切なのはどんなアイテムとコーディネートするか。ということで、次はワイドパンツと相性の良いアイテムを見つけていきましょう!

まずはアウターから。

①ショート丈アウターを使ったオススメのワイドパンツコーデ

https://cubki.jp/snaps/MTUzOD0xNTcyNjE1NjU2

ワイドパンツと相性の良いアウター1つ目は、ショート丈のアウター。ワイドパンツはボリュームがあるアイテムなので、ショート丈のアウターと合わせることでバランスが良く見えます。

こちらのコーディネートは身長が高くない小柄な方でもオシャレに着こなせるおすすめコーデなんです!

ショート丈のアウターはボアじゃけとのほかにもライダースジャケットや、ミリタリージャケットや定番のデニムジャケット(Gジャン)、マウンテンパーカー、なんかもオススメですよ♪

https://cubki.jp/snaps/MjA2ND0xNjExMDU3NzA4

こちらは、今季大流行中のボアブルゾンやボアジャケットとワイドパンツを合わせたコーディネートです。もこもことした素材感が女性らしくて、とっても可愛いですね。

②ロング丈アウターを使ったオススメのワイドパンツコーデ

https://cubki.jp/snaps/NzkyPTE1Nzk3NzU2MDA

ワイドパンツと相性の良いアウター2つ目は、ロング丈のアウターです。

「えっ、ショートでもロングでも相性がいいって、結局どんな丈のアウターでも合うんじゃん!」と思ったそこのあなた!中途半端な丈ではなく、ショートかロングに振り切ることがポイントですよ♪

こちらのコーディネートは、今季大流行中のチェック柄のロングコートをワイドパンツに合わせています。とってもかわいいですね!トップスは、ボトムスにインすることでバランスが取れるのでぜひやってみてくださいね。

https://cubki.jp/snaps/MTU1OD0xNjExNzQ5Njgw

こちらは、オフホワイトののロングチェスターコートライクなアウターととワイドパンツを合わせたコーディネート。インナーのおしゃれアイテムが印象的でとても素敵ですね♪お仕事にも着ていけそうなキレイめなコーディネートですね!

ワイドパンツを着こなすコツ④ワイドパンツと相性の良い靴を知る

それでは最後に、ワイドパンツと相性の良い靴をご紹介していきます!

①ワイドパンツ×スニーカー

https://cubki.jp/snaps/MTU0MD0xNTg3MDM0OTM3

定番の、ワイドパンツにスニーカーをあわせるスタイル。比較的どんなワイドパンツにも合うので、カジュアルなコーディネートにする時はとってもオススメです!

ワイドパンツがボリューム感のあるアイテムなので、写真のコーディネートのように、コンバースなどコンパクトなローカットスニーカーだと、バランス良く合わせることができますよ。

https://cubki.jp/snaps/MTUyOT0xNjAwMDcxMDE1

スニーカーの色は、合わせやすい白やベージュと黒が人気のようです。差し色として赤のコンバースを履いてもかわいいですね♪

②ワイドパンツ×パンプス

https://cubki.jp/snaps/MjA0OD0xNTg2NTIzNTc0

大人っぽいコーディネートにしたいときは、パンプスと合わせるのがオススメ。写真のコーディネートのように、つま先が尖ったタイプのパンプスなら、より大人っぽい印象に仕上げることができますよ♪

通勤コーデの場合は、9分丈のワイドパンツと合わせて足首を見せることで、よりキレイめな印象にすることができます。

同じワイドパンツでも、素材感と合わせる靴を変えるだけで雰囲気がガラッと変わりますね!

https://cubki.jp/snaps/MjEwMT0xNjE4NDkyNzE4

ワイドパンツはボリューム感があるアイテムなので、ヌーディなパンプスと合わせると、ヌケ感がプラスされてよりオシャレな印象に。

③ワイドパンツ×パンプス×ソックス

https://cubki.jp/snaps/MTAxND0xNTg4MTYwNDQx

パンプス(バレエシューズなど)にソックスをあわせる靴下パンプスが流行っていますね。こちらに挑戦したい方は、フルレングスのワイドパンツと合わせるのがオススメです。足の甲だけちらっとさり気なく見せるのがポイント♪

https://cubki.jp/snaps/MTg1NT0xNTg2Njc2ODk5

シューズはこんな感じのメンズライクのシューズでもばっちり!白のソックスと合わせてこなれ感をプラスしたおしゃれコーデに落とし込んで◎

ワイドパンツが似合わない人はいない。着こなし方を知れば、誰でも楽しめる♪

ワイドパンツが似合う人と似合わない人の特徴から、ワイドパンツを着こなすためのポイントと、それぞれのポイントを踏まえたオススメのレディースコーデをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ポイントは、

①自分の身長に合うワイドパンツを選ぶ

②骨格タイプから、自分に似合うワイドパンツの素材感やシルエットを知る

③ワイドパンツと相性の良いアウターを知る

④ワイドパンツと相性の良い靴を知る

の4つです!

ワイドパンツはボリューム感のあるボトムスであることから着こなしが難しいですが、似合わない人というのは実はいません。ポイントさえ押さえてしまえば、誰にでも着こなせてしまいます!

今季はワイドパンツの種類も多く、かわいいアイテムが豊作です。ぜひ、今年はこちらの記事を参考にチャレンジされてみてはいかがでしょうか?