SAINT JAMES(セントジェームス)でメンズ着こなしコーデ(無地、ボーダー、半袖、長袖)

ボーダーと言えば定番アイテムのSAINT JAMES(セントジェームス)のTシャツ。フランスブランドの代表格です。メンズ・レディース・キッズと家族で着られるユニセックスなデザインも人気の理由の1つかもしれません。無地もボーダーの種類もカラーも豊富に揃い、必ず似合う商品が見つかるはず。そんな定番中の定番のセントジェームスのTシャツを使った半袖、長袖のコーディネートをご紹介します。オシャレのポイントをぜひ、真似してみてくださいね。

オシャレさんを参考に!SAINT JAMES(セントジェームス)を使ったメンズコーデをチェック

SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ × ボアベストコーデ

大人気のセントジェームスのTシャツ。定番だからこそ、同じコーディネートを繰り返してしまう人も多いのでは?みんなのコーデを参考にして新しいコーデを考えてみるといつもと違う雰囲気になれるかも⁉︎セントジェームスのボーダーと実は相性が良いのが、アウトドアブランド。今回はパタゴニアの人気のボアベストと合わせたコーディネート!ベストを加える事でカラーの入ったスニーカーとのバランスが良い。

SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ × ブラックパンツコーデ

赤のボーダーがポイントになったコーディネート。黒のパンツにビルケンのサンダルにTシャツ。一見、お家スタイルになりがちですが、黒のロングコートにキャップ、サンダルにホワイトソックを合わせた事でカジュアルなお家コーデがオシャレなデート服にランクアップ。

SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ × ワイシャツインコーデ

SAINT JAMES(セントジェームス)のTシャツは、そのまま着てもかっこいいですがこんな風にシャツをインナーに合わせるコーデも素敵。シャツを下に着る場合はサイズをワンサイズ上げると良い。コーデの参考にして見てください。

SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ × ニットキャップコーデ

SAINT JAMES(セントジェームス)のTシャツは、レイヤードスタイルもおしゃれ。先ほどのように襟付きのシャツをインしても首回りがおしゃれに見えますが、こちらのコーデのように襟のないtシャツをインして裾からチラッとみせるのもおしゃれ。やはりシンプルながらシルエットがきれいなので、ニットキャップやカーキのボトムスなどおしゃれなアイテムとよく似合いますね!

https://wear.jp/kurumaya0912/15356088/

ボーダーだけじゃない!SAINT JAMES(セントジェームス)無地Tシャツコーデ

SAINT JAMES(セントジェームス)無地Tシャツ × レザージャケットコーデ

知ってますか?SAINT JAMES(セントジェームス)はボーダーだけじゃない。同じ型で、無地バージョンも販売されています。丈夫で形、サイズ、カラーも豊富に揃うのも人気の理由。定番のボーダーの次はぜひ、無地も挑戦してみてくださいね。グレーのベレー帽とレザージャケットにコーディネートしたグレーの無地Tシャツ。首元のバンダナもポイント!少し太めのパンツもフレンチシックなスタイルにぴったりなコーディネートです。

SAINT JAMES(セントジェームス)無地Tシャツ × ワイドパンツコーデ

ネイビーのTシャツに合わせたカーキのワークパンツ。Tシャツはジャストサイズを選ぶ事で、ワイドパンツとの相性もよくスタイルアップになります。足元はSAINT JAMES(セントジェームス)と相性がいいコンバースがしっくりくる。

SAINT JAMES(セントジェームス)無地Tシャツ × グレーパンツコーデ

グレー!グレー!グレー!全身グレーのワンカラーコーデ。白のTを重ね着した事でグレーにコントラストができて良いスパイスに。ニューパランスのパンツやニット帽にトートバック。程よく素材を変える事でワンカラーコーデを格上げしてくれます。無地のTシャツの格上げをしてくれる腕のワンポイントも自慢ポイント。

SAINT JAMES(セントジェームス)無地Tシャツ × グレーパンツコーデ

車柄で遊び心のあるシャツにSAINT JAMES(セントジェームス)の無地のグレーtシャツを合わせたコーデです。車柄は一見とっつきにくいアイテムですが、こちらのアイテムのように白シャツをベースにしているアイテムなら大人っぽく着こなせますね!パンツはカーキのアイテムを合わせていますが、グレーとカーキの組み合わせがおしゃれですよね!

https://wear.jp/smile3016/14551963/

メンズは半袖だって大人気!SAINT JAMES(セントジェームス)のコーデ

SAINT JAMES(セントジェームス)半袖Tシャツ × ショートパンツコーデ

実は長袖だけじゃない。SAINT JAMES(セントジェームス)のTシャツは半袖も人気です。半袖ってどう着こなすのが正解?半袖Tシャツを使ったオシャレコーデを参考にしてみましょう。夏に定番のショートパンツに合わせた黒の半袖Tシャツコーデ。セントジェームスの首元はボートネックになっているためスッキリとした印象になります。パンツとキャップをグリーンで揃え、その他のスニーカーや時計も黒でまとめています。ショートパンツに合わせるなら、ワンサイズアップを選ぶといいかもしれません。

SAINT JAMES(セントジェームス)半袖Tシャツ × ダッドシューズコーデ

赤ボーダーTシャツにコーディネートしたのはパタゴニアのブルーのショートパンツ。足元は今年、話題のニューバランスのダッドシューズを選ぶのが正解。シューズに合わせたグレーのキャップをリンクさせて色味を抑えるのも忘れないで。アクセサリーとして大きめのしっかりした時計を合わせる事でより大人のカジュアルコーデになります。

SAINT JAMES(セントジェームス)半袖Tシャツ × ブラックパンツコーデ

ブラック×ブラックの今年らしいコーディネート。セントジェームスのTシャツはサイズが豊富に揃います。少し大きめを選んだり、ジャストサイズに着たりと自分のスタイルに合わせて選べるのは嬉しいポイント。こんな風にシンプルなコーディネートであれば、ジャストサイズを選ぶのが良いかも。ブラック×ブラックのポイントは、イエローのコンバース!

SAINT JAMES(セントジェームス)半袖Tシャツ × デニムパンツコーデ

SAINT JAMES(セントジェームス)のボーダーTシャツは、半袖もあるので夏にも着こなしたいですね!シルエットがおしゃれで1枚着るだけでもおしゃれに決まりますよ。ボーダーはマリンっぽい雰囲気をプラスできるので季節感も演出できますね。こちらのコーデのように濃い色のデニムパンツを合わせれば、マリンっぽさは残しつつ、革靴のシックな印象もプラスされ大人っぽいコーデにまとまりますね。

https://wear.jp/perokyan3/10667306/

メンズはどう着こなす?SAINT JAMES(セントジェームス)のコーディネート

SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ × ボアベストコーデ

定番のボーダーTシャツだからこそ、みんなと少し差を付けてコーディネートを楽しみたい。まず、白をベースにしたSAINT JAMES(セントジェームス)のボーダーに合わせたコーデのポイントをチェックしてみましょう。少しウォッシュの入ったストレートのデニムに合わせたボーダーTシャツ。ボーダーの色をコーデに入れる事でまとまった印象になります。ボーダーカラーの黒のパタゴニアのボアベストがアクセントになっています。足元は、こちらも定番のビルケンのサンダルを合わせて。定番同士だからこそ、ケンカせずにしっくりと馴染むコーデができるのかもしれません。

SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ × ホワイトパンツコーデ

ピッチの幅が広いSAINT JAMES(セントジェームス)のボーダーTシャツ。白×黒に徹底したコーディネートは、目立つ事間違いないコーディーネート!白のストレートパンツに黒のローファー。トートバックも黒。小物は黒で統一する事で、引き締まりオシャレな印象になります。

SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ × 迷彩パンツコーデ

ちょっとハードルが高いこんな上級コーデはいかが?ボーダーTシャツ×迷彩パンツ。柄on柄のコーディネートは難しいイメージですが実は、ボーダーは他の柄と合わせやすいと言われています。カラーは抑えるのがメンズのコーディネートを成功させるキーポイントになりそう。柄on柄でコーディネートする場合は、色は3色までにするのがオススメです。

人と差を付けたい!SAINT JAMES(セントジェームス)気になるメンズコーデ

SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ × ブラックパンツコーデ

オシャレなメンズのSAINT JAMES(セントジェームス)コーディネートをチェックしてどんどん参考にしていきましょう。彼女とペアコーデも、大人ならこんなスタイルで楽しみたい。彼女はボーダーTシャツに黒のオーバーオール。ファーのバックがポイント。そんな彼女のコーデにリンクしたコーデは、Tシャツは同じボーダーを選んで、パンツは黒のストレート。男性は足元も黒のスニーカーでカジュアルダウン。サイズが多く揃うSAINT JAMES(セントジェームス)だからこそできる大人のペアコーデです。

SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ × ベレー帽コーデ

ボーダーTシャツとベレー帽の相性は、やっぱり良い。フレンチスタイルだけど、ジャケットやパンツと全体のシルエットをたっぷりとしたデザインを選ぶ事で、トレンド感たっぷり。

SAINT JAMES(セントジェームス)黄色ボーダーTシャツ × カーキワイドパンツコーデ

人と差を付けるなら、人と違うカラーを選ぶのが良いかもしれない。日本人の肌と相性の良い黄色は特におすすめ。黄色のボーダーと合わせたカーキのワイドパンツ。黒のGショックと黒のコンバースに黒のニット帽。カラーリンクさせる事でコーディーネートに締まりが出て、かっこよくまとまります。ワイルドな男性だからこそ、こんな甘いカラーのボーダーも着こなせます。ぜひ、次、挑戦したいカラーです。

SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ × パーカーコーデ

特に寒い季節にはインナーとして着用するのもオススメです。無地のパーカーのインナーとして使えば首元からちらりとのぞくボーダー柄がおしゃれにみえますよね。こちらのコーデではアウターにチェック柄のアイテムを採用していますが、このくらいのチラ見せなら柄同士が喧嘩せず、おしゃれに着こなせますよ!ボトムスは落ち着いた色味で合わせるのも◎

https://wear.jp/paypay12/16080976/