一気にこなれ感アップなライダースジャケット、メンズ、レディースコーデの法則を教えて。

アウターとして今や人気ナンバーワンのライダースジャケット。いつものコーデがグッと今っぽく、大人っぽく仕上がるし、オンもオフも活躍してくれるから、秋冬にマストなアイテムなんです!メンズもレディースにもファンが多く、おしゃれに着こなしてる人が急増中! 今日はコーデに迷わないライダースジャケットの見本帳として、いろんなコーデをご紹介!ぜひ参考にしてみて。

アウターとして手放せない!おしゃれな人のライダースジャケットのレディースコーデを教えて。

秋も冬も今や手放せなくなっているライダースジャケット。いつものコーデがグッと今っぽくおしゃれに仕上がるから絶対マストなアイテムなんです。今年のトレンドや流行カラーも知りたいし、実際みんなが着こなしているお手本が知りたい!

早速おしゃれな人のライダースジャケットレディースコーデを見ていきましょう。

【1】ライダースジャケットは肩がけで抜け感を出して。

https://wear.jp/cloud9nail/13156177/

https://wear.jp/cloud9nail/13156177/

ライダースジャケットでちょっとエッジの効いたコーデになっちゃうイメージがあるけど、最近はこんな着こなしがトレンド。足元はスニーカーでシンプルなスニーカーと合わせればカジュアルダウンしたスタイルの完成。ピアスやスカートのカラーで女っぷりを上げてコーデのバランスを取っていこう。

【2】こちらも肩がけで抜け感をプラス。

https://wear.jp/mayline/13173708/

https://wear.jp/mayline/13173708/

シンプルなタンクトップにワイドプリーツパンツを合わせた夏スタイルも、ライダースジャケットの肩がけで秋コーデにアップデート。袖を通すとまだ少し暑いな〜なんて気温の時はこの肩がけが超便利なんです!しっかり季節感も出せるのにコーデが重くならないから、おしゃれ女子がみんな真似してるんだって。

【3】ライダースジャケットの王道スタイルは、シンプルコーデで仕上げて。

https://wear.jp/mi0808/13174084/

https://wear.jp/mi0808/13174084/

小物使いが大人なこちらのコーデは肩がけしたライダースジャケットがアクセントに。これを羽織るだけで季節感もグッとアップして、しっかりした大人コーデに仕上がります。タンクトップにデニムというヘルシーさも出しつつ、ライダースジャケットで大人感を演出すれば脱マンネリが叶いそう。

ライダースジャケットで秋仕様に。これ1枚でいい女感を出せちゃう見本コーデとは。

暑い夏が終わってなんだかコーデもマンネリ。秋っぽいコーデにそろそろシフトチェンジしなきゃだけど、まだまだ気温も高め。そんな時はライダースジャケットでマンネリコーデをアップデートしよう。簡単に真似できちゃう秋のライダースジャケットコーデをご紹介します。

【1】夏に着倒したワイドデニムはライダースジャケットで秋仕様に。

https://wear.jp/m91118/13153762/

https://wear.jp/m91118/13153762/

ワイドデニムに合わせたい秋アスターはやっぱりライダースジャケット!Tシャツをウエストインしてスタイルアップをかなえたら着丈が少しだけショートなライダースジャケットを方が決して。目線を上にできれば身長の低めの方でもこんな上級コーデに仕上がっちゃうんです。

【2】ブラックコーデで辛口コーデの完成。

https://wear.jp/mue/10997241/

https://wear.jp/mue/10997241/

ディデールにこだわったブラックのライダースジャケットにブラックスキニーという辛口コーデは気温の下がり始めた秋にぴったりのコーディネート。インナーをホワイトにすれば顔周りも明るく、女子力アップにも♪まだまだ気温差の激しい秋にはこんなコーデで女っぷりを上げてみては。

【3】いつものリブワンピにライダースジャケットを合わせたトレンドスタイル。

https://wear.jp/cloud9nail/8126954/

https://wear.jp/cloud9nail/8126954/

秋に真っ先に着たいリブワンピース。少し肌寒い秋口にはあえてライダースジャケットを合わせていい女感をプラスして。甘めのワンピースにガーリーなアウターを合わせるのはちょっと古い。こんな甘辛MIXこそがこの秋のトレンド!足元もブーツではなくスニーカーで抜け感を出せば簡単におしゃれ上級者の仲間入りできそう!

冬にしたいのはこんなコーデ。ライダースジャケットで冬のコーデはドラマテッィクに仕上げて。

寒い冬、ダウンもいいけどモコモコ着膨れしてしまうのはNG。本物のおしゃれ女子は寒い冬も軽快に小物やインナーで防寒対策を。アウターもたまにはライダースジャケットなど軽めのアウターでこなれ感を出したら、休日もおしゃれな大人女子の完成です。

みんなの冬のライダースジャケットの着こなしをチェックしていこう。

【1】ロング丈のプリーツスカートでドラマテッィクなコーディネートに。

https://wear.jp/saya117232/9153331/

https://wear.jp/saya117232/9153331/

156cmとは思えないバランスのとれたコーディネートは、思わずみんなの視線を集めちゃうおしゃれ上級者。歩くたびに揺れ動くプリーツスカートもライダースジャケットで締めればぶりっ子になりすぎない甘辛MIXスタイルに。冬だからこそマフラーやタイツの色選びでしっかりトレンドを出せば、防寒だけに見えない冬のモテコーデに格上げできそう。

【2】冬に巻きたい真っ赤なマフラーとの最強コーデ

https://wear.jp/keiko9615/5942383/

https://wear.jp/keiko9615/5942383/

カジュアルなスウェットパンツにも合わせれちゃう、黒のライダースジャケット。かっこいいスタイルだけでなくこんなスポーツMIXにもはまるから本当に万能なんです!冬は全体のコーデがモノトーンでちょっと寂しいなと思う時は、こんな真っ赤なマフラーで顔周り華やかに演出すればデートコーデにだって着れちゃう。シンプルですっきりとまとめた大人のおしゃれコーデです。

【3】デートコーデにぴったりなこんなコーデはいかが?

https://wear.jp/komasan1106/8700154/

https://wear.jp/komasan1106/8700154/

ざっくりとしたサイズ感のホワイトニットワンピース。ヒールやブーツにダッフルコートの女子っぽこーでもいいけど、レギンスにスニーカーにライダースジャケットを羽織れば一気におしゃれ度がアップ!大きめに巻いたマフラーで小顔効果もあるし、ぎゅっと抱きしめたくなるこんなコーデで寒い冬のデートも楽しんで♪

春にしたいのはこのコーデ。そろそろ暖かい日は冬アウターから卒業しないと!

寒い冬の後はだんだん暖かくなってくる春。もこもこの冬アウターを卒業して辛口なライダースジャケットに挑戦してみませんか?

甘口なファッションに合わせると甘辛MIXコーデになり、甘辛のバランスの上手くとれているコーデはすごくおしゃれですよね。30代くらいの大人女子にもぴったり。すこし甘めなコーデをしてもライダースジャケットを羽織れば大人っぽく着こなせます。

ハードなイメージが強いライダースジャケットですが、時にはスポーティーに時にはフェミニンに着こなせるので今まで挑戦したことがなかった人にもこの春是非挑戦してみてほしいアイテムです。

【1】ブラックのライダースにホワイトコーデが大人カジュアルなコーデ

https://wear.jp/rumiwatari/11991810/

https://wear.jp/rumiwatari/11991810/

大人カジュアルのお手本のようなコーデ。ホワイトとブラックのバランスが神!マキシスカートもワッシャー素材なら重たくなりません。

【2】春色セーターを合わせて気分を上げていこう!

https://wear.jp/zipumi/11968557/

https://wear.jp/zipumi/11968557/

桜をイメージするようなきれいなピンク色のセーターにグレーチェックのボトムスを合わせたコーデ。スニーカーとキャップを合わせたカジュアルなコーデにはブラックのライダースを合わせるときりっとしますね。ドルマンライダースは襟を抜いて着るとこなれてみえますね。

メンズはクールにカッコよく!ライダースジャケットでこなれ感を出すメンズコーデのポイントは。

かっこいい大人な男性が着こなしてるライダースジャケット。自分もいつか!と思っていた方、今年の秋冬こそチャレンジしてほしい。ライダースジャケットのメンズのコーディネートはちょっとハードルが高そうに見えて、実はシンプルに着こなせるワードローブの定番になってるんです。

早速おしゃれなメンズのコーデをチェックしていきましょう。

【1】デニムにTシャツのシンプルコーデはライダースと合わせて。

https://wear.jp/junior1025/11627439/

https://wear.jp/junior1025/11627439/

デニムに白Tシャツの定番シンプルコーデは、こんなシングルライダースと合わせて大人っぽさを演出しよう。難しいと思っていたライダーススタイルもこんないつものコーデに羽織るだけで即こなれ感を出せちゃう。ハードルを下げてどんどん着まわしていこう。

【2】ブラックコーデはくすんだピンクで差し色を♪

https://wear.jp/goldmountain/11814790/

https://wear.jp/goldmountain/11814790/

上下ブラックなこんな辛口コーデも、インナーに着たサーモンピンクのパーカーで差し色を足せば軽やかな秋のコーデの出来上がり♪アウターがライダースでもパーカーとの相性が良いから重くならずにさらっと着こなせちゃいます。

【3】キャメルのライダースジャケットなら自分らしいおしゃれができちゃう。

https://wear.jp/0yutayuta0/11739775/

https://wear.jp/0yutayuta0/11739775/

ライダースといばブラックの印象が強いけど、たまにはこんなカラーで攻めてみるのもあり。みんなと被らず自分らしいおしゃれができちゃうから実は隠れた人気カラーなんです。白シャツにデニムってシンプルなスタイルもキャメルのライダースジャケットなら重たくならずにおしゃれ感が出せちゃう。