オーシバルのトート/パーカー/コート//バスクシャツコーデ、着こなしまとめ

フランス・パリ発のマリンブランド、オーシバル!1939年、フランス中部にある小さな村の名前にちなんで名づけられ、海軍の制服にマリンウエアを提供していたこともある由緒正しいブランドです!愛用者も初心者も、マリンコーデでおしゃれの幅を広げよう!

 

オーシバルは1939年にフランス・パリで生まれ、1950~60年代にはフランス海軍にマリンシャツを制服として卸していたというお墨付きブランドなんです。

 

セーラー服の起源でもあるセーラーTシャツ、ボートネックになった首元がおしゃれなバスクシャツなど世の中のトレンドとなるデザインを送り出してきました。

 

海軍の制服にもなったオーシバルのアイテムは毎日着て洗ってを繰り返しても長持ちする丈夫さも世界で愛され続ける理由です。

 

 

オーシバルって?愛用者も初心者も知っておきたいオーシバルの魅力の秘密!

 

オーシバルといえば代名詞といっても過言ではないのが“ボーダー”!意外と難しい?ボーダーコーデをマスターしてオーシバルを着こなそう!

 

https://wear.jp/chocoroo/12896366/

オーシバル「ボーダーTシャツ」は着心地の良いコットン素材!流行を気にせず長く使って愛着が生まれる、定番の青ボーダーです。青ボーダー×黒の組み合わせは鉄板コーデですね!他に白、赤、イエローなどどんな色でも組み合わせられそうで毎日コーデにぴったりです。

 

縞々がたくさん!オーシバルのボーダーグッズ一挙ご紹介!

 

オーシバルといえばボーダー柄、なんて思っていませんか?フランスの伝統あるモノづくりの力が生み出すアイテムはボーダー以外にまだまだたくさんあるんです!

 

https://wear.jp/123iz/11116888/

こちらは「コットンロード フレンチバスクシャツ」!コットンロードシリーズは肌触りのよさを最大限に生かした、オーシバルの伝統的ラインナップ。定番のホワイトとブラックに加え、季節ごとに発表されるシーズナルカラーもファンの楽しみの一つ☆

 

https://wear.jp/lb_matsu/11615296/

ちなみにユニセックスなので、男女問わずこんなふうに幅広いコーデに活用することができます。ワードローブに一着はほしいアイテムですね!

 

ボーダー以外ももちろんたくさんあります!無シンプル可愛いユニセックスな無地アイテムたち!オーシバルの

 

フランスの船乗りたちに長年親しまれてきたバスクシャツ。“ボートネック”とよばれる、首元が横にあいた形がポイント。オープンエンドという軽くて丈夫な糸からできたカットソーで、色落ちなどの経年変化を楽しみながら長く着られるのが特徴。定番デニムとの組み合わせがおすすめです。

 

https://wear.jp/fujitacoma/12925339/

メンズの「コットンロード フレンチバスクシャツ」は2018年秋冬カラー!10パターンのカラーの組み合わせから選べます。ユニセックスなので友達や家族とおそろコーデにもおすすめ。

オーシバルといえば!バスクシャツで1枚で完成するシンプル可愛い&カッコいいコーデ!

 

知る人ぞ知るおすすめアイテムをご紹介。まずはパーカー!

 

https://wear.jp/hatanoyusuke21/12202280/

「フレンチテリージップパーカ」はオーシバルの定番パーカー。1900年代の吊り編み機でふんわりと編む製法がとられ、肌馴染みが良く昔から愛されている古き良きアイテムです。薄いグレーのパーカーにゴールドのジッパーがアクセントの役割を果たしてくれます。

 

オーシバルをもっと知りたい!おすすめアイテム・パーカーをPICK UP!

 

オーシバルのコートは生地の厚みと発色がとっても優秀で毎日使いできるアイテム。無地のものが多く、秋から春先まで使えるハイセンスなカラーがそろっています!今年のコートはオーシバルでいかがでしょうか?

 

https://wear.jp/tanaka0520/9041428/

メンズ「2WAY丸襟コート」は、オーシバルの冬の定番ラインであるメルトンコートのひとつです。高密度のコットンから作られる贅沢な一着。イエロー系カーキグリーン系カーキ、ブルーの三色展開で、フードを取り外してビジネスシーンにも。

 

https://wear.jp/kado/10950128/

つづいてレディース!「ウール ステンカラーコート」は、長め丈がかわいいチェック柄!秋に欲しい一着。ウールをふんだんに使用したAラインのシルエットで、ひざ上まで丈があるので軽さとあたたかさを兼ね備えた、知的な雰囲気を出してくれるクラシックなコート。

 

オーシバルをもっと知りたい!おすすめアイテム・コートをPICK UP!

 

オーシバルはマリン柄だけ、洋服だけじゃないんです。毎日使えるワンポイントアイテムをたくさんご紹介!

 

https://wear.jp/chocoroo/12838489/

「リネンキャップ」は上品なリネン素材の無地キャップで、毎日使いしたくなるベーシックな可愛さ!ユニセックスなので男女どちらでも使えます。ブラックとベージュの二色展開。

 

https://wear.jp/yokoyoko09/12660207/

「トートバッグ」も!生地は丈夫な帆布を使っており、型崩れしにくい、安心のマリンブランド・オーシバル製。カラバリもたくさんあり、ブラック、ブラウンやイエローの単色や、白ベースに紐部分がブラック、レッドのものも。小ぶりでマチやアウトポケットもついているのでメインバッグ、サブバッグなどいろんな用途で楽しめる!

 

服だけじゃない!まだまだたくさん、オーシバルのグッズ、アクセサリーなどなど大公開!

 

生地にこだわるオーシバルを大人っぽく着こなしたい!ボーダー、無地どっちも欲しい、そんなメンズのためのコーデ例がこちら!

 

https://wear.jp/shijimi0711/12713123/

いかにも夏っぽいオーシバルの青ボーダーカットソーを使ったコーデです。パタゴニアの黒ショートパンツを合わせるとアクティブで夏っぽい雰囲気が出ますね!カラーの組み合わせにあまり悩まなくていいのがボーダー柄のいいところ!

 

https://wear.jp/saraage75/12749525/

黒Tの上からオーシバルの無地バスクTシャツを重ねた着こなしで、コーデ全体が締まった雰囲気に。オフホワイト、黒、ブラウンの無地3色というシンプルなコーデですが、重ね着に個性が光ります。バスクシャツのこんな使い方も楽しいですね。

 

〈メンズ編〉ボーダー派?無地派?オーシバルを使った全身コーデはこれで決まり!

 

マリンファッションの王道、オーシバルのアイテムを使ってコーデがしたい!ボーダーアイテムや上質なアイテムを活かす全身コーデをご紹介。

 

https://wear.jp/wear527/10418830/

オーシバルのトップス「ロングスリーブカットソー」を使ったコーデ。やっぱり赤ボーダー×ブルーデニムはいつまでも色あせない定番のマリンコーデですよね!ボーダーの切り替えが肩より下の位置にあってゆるめに着こなせるので、シャツインでウエスト位置をはっきりさせることでバランスが◎

 

https://wear.jp/xxxyuixxx/12910091/

オーシバル=細ボーダー、なステレオタイプを払拭するこの一着。「STRIPE」はコットン100パーセントの太ボーダーTシャツです。薄色でふんわりと着られるTシャツとの組み合わせには、やっぱり濃い色のボトムスが一番!

 

〈レディース編〉ボーダー派?無地派?オーシバルを使った全身コーデはこれで決まり!