デニムの定番Levi’s(リーバイス)をサイズ展開と共に紹介します!

Levi’s(リーバイス)の起源は、1850年代にさかのぼる。1853年にリーバイスの生みの親、リーバイ・ストラウス(Levi Strauss)が自身の名を冠した会社「リーバイ・ストラウス」社をサンフランシスコに設立。当初、雑貨店を経営、彼はモノ売りでその一つとして他人が作った衣服を販売していた。彼はその後、20年間で事業を拡大し、生地、衣料、靴などを扱う、今で言う商社のような事業へと発展させた。

ストリートファッションの参考になりやすいアメリカのファッション。その歴史について、学んでみましょう。1900年代初頭は地味なファッションが流行しています。肌の露出も抑えられています。ところが1945年から大きく変化。肌の露出も増え始め、ゴージャスなスタイルが流行し始めます。1965年からはビビットな色使いが登場し、1975年はヒッピスタイルになります。1985年はバブリーなスタイルとなり、1995年からは落ち着いたカジュアルなスタイルが流行。2015年には、非常にラフでカジュアルな動きやすさを重視したスタイルになります。このカジュアルなファッションがわたしたちの参考になっているんですね。

① アメリカ女性のファッションがしりたい!

CONVERSE (コンバース) もともとバスケットシューズとして1917年に誕生した”オールスター”は、現在では誰もが知っているスニーカーとして定番化しています。今から100年前に誕生したスニーカーが人気を維持しているところにも驚きです。

② アメリカ生まれたブランド

トップスは、グローバルサイズの為、通常の日本サイズとサイズ感が異なります。アイテム等によりそれぞれサイズが異なりますのでご注意ください。やはり、日本のサイズとは違うので分かりづらいですね…。そんなときはunisize におまかせください!デニムに関しては最近はテーパード仕様の物は全体的に細身に作られているようです。タイトに着たい方はunisizeで着た感を確認してください!

③ Levi’sのサイズ展開

どんなスタイルにも合わせやすい着心地の良いニット。肌寒い冬にはもちろん春先までも重ね着に欠かせないマストアイテムです!

Levi's

SLIM CREW SWEATER OATMEAL

¥9,720

詳細をチェック

出典: ZOZOTOWN

④ Levi’sのアイテム紹介-ニット-

ライトウエイトデニムを使用したウェスタンシャツ。ヨークの形状がモダナイズされていて1枚羽織るだけでワンランク上のおしゃれ女子!

Levi's

SHIRT DRESS BRIGHT WHITE

¥19,440

詳細をチェック

出典: ZOZOTOWN

⑤ Levi’sのアイテム紹介-シャツ-

セクシーに見える細身のスリムストレートです。切りっぱなしのヘムとわずかにきかせたテーパードで最高の1本です

Levi's

WEDGIE(ウェジー)

¥14,040

詳細をチェック

出典: Stylife

⑥ Levi’sのアイテム紹介-デニム-