unisizeα版

GAPギャップ

ブランドコンセプト

【特徴】

コンセプトは「クリーン、オールアメリカン、シンプル、グッドデザイン」。トレンドに左右されないベーシックなデザイン。ファッションを超えライフスタイルの提案をしているGAPは、サラジェシカパージャー、スパイクジョーンズ、ライアンアダムスなどで広告を展開。GAPはバナナ・リパブリック、オールド・ネイビー、パイパーライム、アスリータ、インターミックスといった5つのブランドの母体でもある。



【ライン】

・バナナ・リパブリック

ブランドコンセプトは「上質な素材使いを特長とした上品で汎用性のあるワードローブ」。元々はサファリ系ファッションを押し出していたバナナ・リパブリックですが、80年代後半あたりからカジュアルウェアやジュエリー等のアイテムの取扱を開始。サファリ系ファッションの衰退もあり、デザインもややラグジュアリーな方向へシフト。

・オールド・ネイビー

ティーンエイジャー向けたカジュアルブランド。GAPの1部門としてスタート。

ヒストリー

1969年ジーンズ専門店として創立。アメリカのファッション小売店及びメーカー。ドナルド・フィッシャー とドリス・フィッシャー夫婦が創業。
GAPというブランド名は、世代の価値観や考え方のずれを意味する「ジェネレーション・ギャップ」が由来。1970年代のヒッピー運動の中心であった12歳〜25歳をターゲットにした洋服を手掛け急成長。1990年までリーバイスも店頭に置いていたが、以降プライベートブランドに注力。このプライベートブランドの展開は自ら製品を企画し、自社製品として委託生産させ、自らのチェーン店で販売する製造小売業(SPA:specialty store retailer of private label apparel)という形態であり1986年にGAPが初めて提唱した概念。2012年の売上は1,570億ドル(1ドル111円換算で約17兆円)。特徴として低価格で高品質。安価で販売できる理由は前述のSPAによる。デザインの特徴はシンプルな製品、多くのカラーバリエーション、GAPと書かれたロゴ入り製品。

サイズに関して

GAPのサイズは公式サイトに基本センチメートル表記がされています。留意すべき点として「ヌード寸」表記であるという事です。「ヌード寸」とは、洋服の実寸ではなく着る人の体系寸方です。

GAPのおすすめ記事